> 中国語の翻訳を会社に頼む前に知っておくべきこと
中国語の翻訳会社に関するトピックス

中国語の翻訳を会社に頼む前に知っておくべきこと

中国語の翻訳を会社に頼む前

会社の資料を中国語に訳す必要が生じたとき、周りに中国語を話す方がいない場合は、翻訳会社に依頼することになります。しかし、安易に頼んでしまうと、後々後悔することになりかねません。

というのも、中国語には2種類の漢字があり、中国国内でも複数の言語が使われているからです。他にも、依頼する前にきちんと確認しておきたいポイントがいくつか存在します。チェック項目をきちんと確認して、適切な会社を選ぶようにしましょう。

中国語の漢字は2種類ある

中国語の漢字には、簡体字と繁体字の2種類があります。簡体字というのは、現代の中国やシンガポール、マレーシア、アジアを中心とする華僑の方の間で使われている漢字です。公文書にも簡体字が用いられています。簡体字は画数の多い繁体字を簡略化して作られた文字で、1950年代に制定されました。一方繁体字は簡体字が制定される前から使われている伝統的な漢字です。現代でも台湾や香港、北米を中心とする華僑の方の間では繁体字が使われています。

簡体字と繁体字の例で最もわかりやすいのが「まん」という感じです。簡体字では「万」、繁体字では「萬」となります。確かに萬の方が画数は多いですね。画数が少なくて「簡単」な文字だから簡体字、「繁雑」だから繁体字ということでしょうか。漢字からそれぞれの意味が想像できるのが面白いところですね。

中国語翻訳を依頼する前のチェック項目

日本語を中国語に翻訳してもらう場合は、簡体字なのか繁体字なのかを指定する必要があります。どちらを選ぶかは、どのエリア、どの国を対象とするかで決まってきます。さらに、同じ中国国内であっても多数の言語が存在するため注意が必要です。

例えば北京語は中国語の標準語と言われています。他にも広東語、上海語、福建語、客家語といった言語があります。それぞれの言語の文法や文字が異なるため、全く別の言語と考えておいた方が良いでしょう。中国国内だからといって一律に考えてしまうと、せっかく翻訳してもらった原稿が役に立たない恐れもあります。まずは対象のエリアの言語を把握しておきましょう。

そして、希望する言語に対応している会社かどうかをチェックすることが大切です。また、簡体字と繁体字の両方に訳してほしいという場合は、双方に対応してくれるのかも確認してください。

中国語翻訳の失敗例

失敗例としては、中国に広告を打つ際に、広東語の地域であるにもかかわらず北京語で発注してしまい全く役に立たない広告になってしまったという事例があります。発注した方は、北京語と広東語の違いは認識していましたが、大した違いはないだろうと思っていたそうです。しかし、先ほど述べたように中国国内のそれぞれの言語は文法が異なるため、大げさに言えば日本語と英語ぐらいの違いがあるのです。対象エリアで使われている言語に合わせて依頼するようにしましょう。

もう一つの失敗例としては、繁体字で翻訳した原稿を同じ意味をあてはめて簡体字に直してしまったという例です。簡体字と繁体字は、意味が同じであっても表現が異なる場合があるので、こちらも注意が必要です。また、パソコンやスマホを使えば無料で翻訳することは出来ますが、おかしな中国語になってしまう恐れもあります。

まとめ

中国語と一口に言っても、使うエリアによって表記も言語も大きな違いがあります。どのエリアを対象としているのかを把握し、翻訳会社がそのエリアの言語に対応しているかどうかを、事前に調べておくことが大切です。

また、各翻訳会社の実績なども参考にしてみてください。翻訳の品質が分からなくて不安という方に向けて、一定の文字数の無料翻訳をしてくれる会社もありますので、初めて依頼する方は利用されると良いかもしれません。

この記事をシェアする