> 翻訳会社で働くための面接での答え方とは
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社で働くための面接での答え方とは

会社に就職するためにクリアしなければならない大きな関門となるのが面接です。その人が会社にふさわしい人間なのか、きちんと仕事をしてくれる人なのかを会社が判断するためにとても重要なものです。

翻訳会社の面接では、どのような答え方をすれば合格をすることが出来るのでしょうか?面接官に良い印象を与え、雇ってもらうために必要なことや気を付けたいポイントなどについて見ていきます。これから面接を控えているという方は必見です!

 

志望動機が重要

翻訳の仕事をするとなると語学の力が重視されると考えて、語学の試験であるトライアルのことばかりを気にしがちになってしまいますが実際にはそれだけが重要なわけではありません。会社に所属して働くことになりますので、ただ語学の能力が高いというだけではいけません。

他の多くの会社と同じように、その人が会社に対してどれだけ熱意があるのかどのような仕事をしたいと思っているのかということがとても大切で、それを汲み取るためにも面接が行われるのです。

翻訳会社の面接で重要なのは志望動機です。グローバル化が進んでいる現代社会ではは語学に関する能力の高い人や、外国語が好きな人というのは非常に多くいます。そのために得意だから、好きだから働きたいという理由では印象には全く残りません。自分が翻訳の仕事をすることでどのようなことをしたいのか、どのように会社や社会に貢献していきたいのかということを伝える必要があります。

嘘をついてまで自分をアピールする必要は全くありませんが、自分が持つ翻訳の仕事やその会社に対する熱意をしっかりと伝えることが出来るようにしましょう。

 

誠実に答える

翻訳会社の面接で重要なことの一つとして挙げることが出来るのが、誠実な答え方をするということです。どんな会社であっても、誠実さというのはとても重要なポイントではありますが、それは翻訳会社においても同じことです。

翻訳会社での仕事はクライアントがあって成り立っているものです。そのためきちんと誠実に仕事に向き合ってくれる人でなければ、クライアントからの信頼を損ねることになってしまいます。そうならないためにも、働く人にはいかに信頼して仕事を任せることが出来るかということがとても重要になります。

誠実さというのは一つ一つの質問への答え方、挨拶や目線、所作など様々な点から汲み取ることが出来るものです。質問には自分の言葉で丁寧に答えること、面接官の目をしっかりと見て話しを聞いたり話したりすることなど人として当たり前のことかもしれませんがそういった基本的なことがきちんと出来るということで誠実さを伝えることが出来ます。

さらに誠実さをアピールしたいということであれば、具体的なエピソードや客観的な意見などを交えながら話してみるのも良いでしょう。

 

秘密を保持出来ることをアピール

翻訳の仕事というのは前にも述べたようにクライアントあってのものです。依頼されるものの中にはとても機密性の高いものや重要な書類、プロジェクトなども多くあります。こういったものが万が一外に漏れてしまっては、クライアントからの信頼は一気に無くなってしまいますし会社に大きな損害を与えることになってしまうことにもなりかねません。

ですから、会社側を翻訳者には秘密をきちんと守ることが出来るということを求めます。SNSやインターネットの掲示板にすぐに書き込んでしまうような人を雇ってしまっては大変なことになってしまいます。面接の際には自分が秘密を守ることが出来る人間であるということを伝えるようにしましょう。

また転職の際に注意したいことは、前に勤めていた会社のことを話すということです。必要なことであれば問題はありませんが、そうではないことまで話してしまうと何でも話してしまう、秘密を守ることが出来ない人であると判断されてしまいかねません。

まとめ

翻訳会社で働くためには、語学のスキルが一定のレベルに達していることはもちろん重要ですがそれと合わせて人間性や仕事に対する熱意や姿勢もとても重要です。会社側がそれを判断するために行われるのが面接であり、面接の内容によってはいくら語学や翻訳のスキルが高かったとしても働くことは出来ません。

翻訳会社の面接では志望動機をしっかりと持つこと、誠実に受け答えをすること、そして秘密を守ることが出来る人間であることを面接官に伝えることが大切です。その上で仕事や会社に対して自分がどのような思いを持っているのか、どのような仕事をしていきたいのかということをきちんと伝えることが出来るようにしましょう。