> 翻訳会社への外注にかかる費用を安く抑えるヒント
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社への外注にかかる費用を安く抑えるヒント

翻訳というのはもちろん自分の会社で行ったり、ソフトを使用して行ったりすることも出来るものです。ですが、それを敢えて翻訳会社に依頼するのは、より質の高いものを求めるからです。そして質の高いものを求めるからには、それなりの費用がかかってきてしまいます。

しかし、工夫次第ではかかるはずのお金を少し抑えることも出来るのです。では、どのようにすれば金額を抑えることが出来るのでしょうか?3つのポイントをご紹介していますので、外注をしたいがお金のことが気になって悩んでいるという方はぜひ参考にしてみてください。

翻訳の必要性をチェック

まず始めに見ておきたいポイントとしては、依頼しようとしているものは本当に全て翻訳を依頼することが必要なものなのかということです。原稿の中には不要な部分や、取ってしまっても意味が変わらない部分、重複している部分などが実は沢山含まれています。そういったものをそのままにして依頼をするのはとてももったいないことです。

多くの翻訳会社では、かかる費用を元々の原稿の文字数や完成した翻訳の文字数などから算出しています。そのために本来は必要のない部分であっても文字数としてカウントされてしまえば、その分金額が上がってしまうのです。

原稿を出す前には、必ず不要な部分や無くしてしまっても問題のない部分はないかということを確認してみましょう。そしてそれは、無駄を省いたよりわかりやすい文書を作成することにも繋がってくるのです。

納期を長く設定する

そして2つ目のポイントは、納期についてです。翻訳を依頼するものを使用する期限が迫っている時などは、出来るだけ早く納品してもらいたいと思われることでしょう。ですが急いで納品をして欲しいという依頼をした場合には、追加で料金が発生する場合が多いです。そうならないためにも、いつまでに必要なものなのかということをきちんと考えたうえで余裕をもって納期を決めるようにしましょう。

また、もしかなりスケジュール的に余裕があって納期を本来の期限よりも長く設定することが出来るような場合には、依頼する翻訳会社によってではありますが費用を少し下げてくれるところもありますので交渉してみるのも良いでしょう。

相場と比較して選ぶ

そして3つ目のポイントは、翻訳会社を選ぶ際には価格相場と比較して選ぶということです。価格というのはとても気になる部分ではありますが、もちろん安ければ安いだけ良いということではありません。あまりに安すぎる場合には翻訳自体の質やサービスに何か問題がある場合もあります。ですが翻訳会社にはある程度の価格相場というものがありますので、相場と比較して選ぶようにすると良いです。

相場を知っていれば、自分の依頼したい会社があまりにも高い金額を提示してきた場合には価格交渉をすることも可能です。しかし翻訳会社の料金相場というのは決して一律ではなく、求める質やサービス、専門性などによって変わってくるものです。自分の求めるものに見合った価格相場はどれくらいであるのかということを知った上で判断することが結果的には一番良い選択となります。

まとめ

翻訳を翻訳会社に外注する際の費用というのは、少しのポイントを抑えるだけで安く抑えることが出来ることがあります。もちろん安いということだけが良いことではありませんし、質の高いものや良いサービスを求めればそれなりの費用というのはかかってきます。大切なことは自分の求めているものに見合った価格であるのかということ、そしてそれは一般的な価格相場と乖離していないかということです。

相場を知っていれば、翻訳会社に費用を安くしてくれるように交渉することも出来ます。事前に下調べをしっかりとしてから依頼をすることをおすすめします。