> 翻訳会社のトライアルを受けられる条件とは
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社のトライアルを受けられる条件とは

翻訳会社で働きたいと思うのであれば、まずはどの会社であっても面接とは別に用意されているトライアルに合格をする必要があります。これに合格することが出来なければ、いくら面接で好印象を残したとしても働くことは出来ません。

こちらのページではまずトライアルとはどのようなもので、なぜ行われるのか。そして受けられる条件としてはどのようなものがあるのかということについてまとめています。これから翻訳会社で働きたいと考えている人には必ず必要な情報となりますので、ぜひチェックしてみてください。

トライアルって何?

ではまずトライアルとはどのようなものなのかについて見ていきます。翻訳会社で働くためにはまずプロの翻訳者として登録をする必要があります。会社側からすると、きちんと仕事として翻訳を任せることが出来る人であるのか技術は会社が求めるレベルに達しているのかということを判断するための非常に重要な試験です。会社に所属すれば法律関係の重要な書類や、会社関係の書面なども取り扱うことになりますので知識が技術、仕事に対する姿勢や正確さ、スピードといった様々な面で基準を満たしている必要があります。

フリーランスなどで個人的に翻訳の仕事を請け負うだけではあればこういったものは必要ありませんが、会社に所属することで自分で仕事を探す必要がなく、継続的に仕事を請けることが出来るので安定して仕事をしていきたいのであれば会社に所属した方が良いです。
そのためにも欠かすことのない重要なものが、トライアルなのです。

トライアルの難しさ

トライアルは翻訳会社で働くためには必ずクリアしなければいけない重要なものですが、実際のところなかなか合格することが出来ずに悩んでしまう人も多いものです。それだけ難しいものであるということを知っておく必要があります。

難しさとなっているのがまず基本的に一回しか受けることが出来ないということです。落ちてしまったからといって受かるまで何度もやり直すということは出来ません。中には再受験をすることが出来るようになっている会社もありますが、それでも1年間を空けなければいけないなどの条件がありますし、当然ですが問題も変わってしまっています。

そして会社ごとに内容が全く違いますので、一辺倒な対策は出来ないということです。会社によって取り扱っているものやターゲットとしているクライアントが違います。そのため所属する翻訳者に求めるものも変わってくるのです。ただやみくもに対策をするのではなく自分の働きたい会社の特徴をきちんとチェックした上でそれに合わせた対策をしてトライアルに臨む必要があります。

さらにひっかけが多いということも難しさをより高めている要因です。経験を積めばそういったものにも対処出来るようになりますが、初心者でひっかけに気づいて対処するというのはなかなか出来ることではありません。

翻訳会社で働く上では大切なクライアントからの依頼を任せてもらうので、責任をもってきちんと質の高い能力を持った翻訳者である必要がありますのでそれに伴ってトライアルも難しいものとなっているのです。

受けるためには条件がある!?

トライアルを受けなければ翻訳者として会社で働くことは出来ませんが、そもそもそのトライアルを受けるためにも条件があります。設けている条件は会社ごとに違っていますので自分の受けたい会社に合わせて情報収集する必要があります。

設けられている条件の例としては一定以上のTOEICスコアを所有していること、会社が取り扱っている分野の専門的な知識、翻訳者としての経験や実績などがあります。もちろんそれらを必須条件としていない会社もありますのでどれも自信がないという方はそういった会社を選びましょう。

またそもそもその会社で働くための試験ですので、希望する勤務条件や賃金が会社の求めるものと一致しない場合にも当然ながら受けることは出来ません。

まとめ

翻訳者として会社で働くためには、必ず会社が用意しているトライアルに合格する必要があります。プロとして働くために能力や勤務姿勢などを客観的に評価してもらうためにとても大切なものです。ですが重要なものであるからこそ合格するということは簡単なことではありません。落ちてしまったからと言って何度も受けなおすことが出来るものではありませんし、簡単に合格することが出来るようなものにはなっていません。

そういったことを理解した上で、受ける会社に合わせた対策をしっかりと行う必要があります。
受けられる条件というものもありますので、きちんとリサーチをしてから応募するようにしましょう。