> 需要が高まる中国語を日本語に!日中・中日対応のおすすめ翻訳会社とは
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

需要が高まる中国語を日本語に!日中・中日対応のおすすめ翻訳会社とは

今では、見ない場所がないくらい町中には中国の観光客があふれています。服などの製品も中国製、取引先が中国、など中国語の必要性が大きく増えています。そこで必要となってくるのが、日本語をどうやって中国語にするのか、また中国語を日本語にするのかが問題になってきます。

かなりの心得がある方であれば、自身の力で解決することもできますが多くの方はそうはいきませんよね。ここでは、中国に精通した翻訳会社を上手く選ぶコツをお話していきますのでぜひ参考にしてみてください。

忘れずに確認を!簡体字と繁体字が中国には存在!

まずは、中国の言葉について知っておく必要があります。もしあなたが音声を翻訳してもらう場合、北京語と広東語があることを知っておきましょう。北京語は中国の北京で多く話されているものです。広東語は中国南部や香港などで話されており、北京語とは全く発音が異なります。

次は、中国の言葉の表記についてお話します。中国には繁体字と簡体字があります。繁体字は台湾や香港で使われています。画数が多く複雑ですが、日本人が見てもだいたいの意味が分かることもあります。簡体字は中国大陸で主に用いられています。漢字が案略化されており、日本人が見ても分かりにくいことが多いです。

あなたが中国のどこの人を対象としているかで、翻訳してもらう言葉にも影響があります。翻訳会社の方に依頼する際にははっきりさせておくことをおすすめします。また、会社でも対応できるものとできないものがありますので、要チェックですよ。

日中翻訳と中日翻訳のクオリティを見よう

翻訳をしてもらう上で一番重要な点が、クオリティです。しっかりと意味が分かるように翻訳をしてくれないと困ってしまいますよね。しかし、依頼して完成するまで分からないのが難しいところです。

そこで利用してもらいたいサービスが、トライアルというものです。どの翻訳会社でも、ほとんどがトライアルを取り入れています。これは、依頼した文章の一部をお試しで翻訳してもらえるサービスです。

何社かを依頼しておけば、それぞれクオリティの違いを確認できます。ぜひ利用してみてくださいね。

翻訳会社でお願いできる依頼の範囲はどこまでかチェック

皆さんが依頼する際に、どんな用途で利用するつもりなのかをチェックしてください!例えば、かなり専門的な論文などを翻訳するのなら、専門的知識を持っている翻訳会社でなければいけません。

しかし、観光や会社のPRなどだったら、そちらで多くの経験がある会社を選ばなければなりません。あなたの使いたい意図を確認した上で、翻訳会社のサイトを確認しましょう。多くの会社では実績を記述しているので、そこに自分と同じような人がいれば安心して依頼できますね。

まとめ

中英、日中の翻訳会社の選び方を説明してきました。まずは、繁体字や簡体字、北京語や広東語など、様々な言葉が混在する中国のどこを対象をするのかを知っておく必要がありましたね。

次に、翻訳会社のクオリティを確認しなければなりませんでした。どの会社でもほぼトライアルサービスがあるので、翻訳の精度や担当者の態度などをチェックして、一番良い会社を選びましょう!

翻訳と言っても、観光に関する事なのか、専門的な内容なのかで翻訳会社が対応できる部分とそうではないところがあります。サイトなどに記載されていることが多いですがメールなどで問い合わせてみてくださいね。