> 中国語翻訳には手書きアプリが便利!
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

中国語翻訳には手書きアプリが便利!

中国語は日本語と同じように漢字を使用するため、簡単に翻訳することができると思っている方も多いようです。しかし、日本では使用しない漢字や日本と意味の異なる漢字も多く、翻訳は容易に行なえるものではありません。漢字も難解のものが多く、辞書や翻訳サイトでも探すのも困難な場合が多々あります。そんな中国語の翻訳に役立つのが手書き翻訳アプリです。手書き入力することで効率良く翻訳できるとあって利用する人も増加傾向となっているのが特徴です。今回は中国語を訳するのに便利な手書きアプリをご紹介していきます。

手書き入力ができる翻訳サイト

従来の辞書でも手書きで入力できる機能が備わっているものが標準となっていますが、スマートフォンの普及によって検索で言葉を訳する人も多くなりました。手書き入力できる機能がスマホでも使用できるようになり、普段辞書を持っていない場面でも言葉を訳することができるようになり、より便利になりました。

スマホのアプリ以外でもマウスで手入力できるシステムが構築されているサイトもあり、インストールしなくても使用できるものもあります。スマホを持っていない世代でもパソコンで手入力できるのが魅力の一つとも言えるでしょう。

中国語を手書き翻訳するメリット

インターネット上の辞書や翻訳サイトも有能なものが多いですが、キーボード変換機能の特性上、読み方を知っていなければ検索すらできないのが従来の翻訳の在り方でした。スマホであっても文字入力を行なうには読み方を知っておかなければならず、読みの分からない漢字は検索することも難しいものでした。

特に漢字でのみ構成している中国語では様々な漢字があり、日本では使用していないような難しい漢字も多くあります。そんな中便利なのが手書き入力であります。

読み方が分からない漢字でも手入力ができることで検索を行なうことができるので訳する際にとても役立ちます。近年のアプリやサイトは精度が高くなっているので、指やマウスの入力でも的確に検索を行なうことができる点がメリットです。中国語は画数の多い漢字も頻繁に使用されたり、単純でも難解な作りの漢字が多くあり、的確な手入力は翻訳にも大いに役立ちます。

スマホとパソコンどちらが最適?

中国語を訳せる手入力の機能では、スマホもパソコンもどちらも展開されています。どちらも優秀でメリットもあり、場面に応じて使い分けるのが望ましいでしょう。

手軽に言葉を訳すなら普段からスマホから行なうのが最適です。漢字一文字や単語のみであれば、すぐ起動して入力できるスマホのアプリがオススメです。長い文章やコピーやペーストで使用したい場合は、パソコンから行なうのが良いでしょう。長い文章は狭い画面で行なうよりもパソコンのように広い画面の方が認識の精度も上がります。

また、一文字でも難解な漢字はパソコンの大画面の翻訳サイトで行なうことが最適と言えます。スマホの狭い画面で指で書いていると、何度も入力していても正しい漢字を認識してもらえない可能性が高く、効率が悪くなります。

ただし、最近ではスマホのタッチペンも高性能のものがあり、正確に書くことができるようになっています。目的に合わせてデバイスの選択を行なうのが重要となるのです。

おすすめの手書きアプリ

おすすめの手書きアプリを紹介します

Handwritten_Chinese_input

パソコンで中国語の手書き入力を行なうなら「Handwritten_Chinese_input」がオススメです。オススメポイントとして挙げられるのが、入力文字の認識が高い点です。

「Handwritten_Chinese_input」では、手書きエリアに書いた文字をすぐに推測して表示されます。推測されたもので合致すればそのままweb検索をスムーズに行なうことができるのも利点です。webの検索なので意味が的確に知ることができるのも大きな特徴です。

Google翻訳

パソコンからの利用で多いサイトは「Google翻訳」も挙げられます。日本では英語訳で利用している人が多いですが、様々な言語に対応しているのがオススメポイントです。元の言葉と訳する言葉の言語設定を行なうことができるので、その時々によって変えられるので利便性が高いのが特徴です。

シンプルなので誰でも使いやすく、入力ツールを簡体字と繁体字に切り替えることもできます。文字認識が高いことと、長い文章にも対応可能なので勉学やビジネスでまとめて調べたい時に便利です。

LINE_Dict

多くの人が連絡ツールとしても使用しているLINEでもパソコンで手入力の翻訳ができます。「LINE_Dict」では他のサイトと同様に高性能な文字認識がメリットです。また、発音や漢字の書き順が分かることもこのサイトを利用する上でのメリットとなります。「LINE_Dict」は、ライティングだけでなくリスニングにも役立つので、とても便利です。

しかし、デメリットは英語にしか翻訳ができない点です。中国語から英語に訳された後は別のツールで日本語に訳す必要性があるので注意しましょう。

スマホで手軽に訳したい場合は、無料のアプリをダウンロードすると良いでしょう。持ち歩いているスマホであればダウンロードするだけでいつでもどこでも翻訳することができます。しかし、信頼の置ける企業が提供しているアプリでなければ、情報を盗まれることもあるので注意が必要です。

4千円という高い値段ですが、小学館が提供するスマホの辞書アプリは高性能で安全性も高くオススメです。小学館から販売されている辞書を電子化したものですが、スマホの中国語手書き入力を設定すれば手書きで辞書が引けるのが利点です。通常の辞書を使用するよりも遥かに便利で、ブックマーク機能や検索履歴の機能もあるので語学学習にも大いに役立ちます。

LINEで提供されているのもはパソコンだけでなく、アプリもあります。無料で提供されていますが、高い文字認識ができ、高性能な機能が魅力的です。

オフラインでも使用可能なので、必ずインターネットに繋ぐ必要がないのも特徴です。より詳しい意味を知りたい場合は途中からオンラインに繋げて調べることもできます。中国の文章に優れているので、中国語を学ぶのには最適です。

パソコン版と同じく書くだけでなく、書き順と発音を学べるのもメリットです。パソコン版よりもより手軽に発音を学べるので、読む力と聞く力を身に付けたい人はダウンロードしてみましょう。しかし、同様に翻訳で表示されるのは英語のみなので、その点が苦にならない人にはオススメのアプリと言えるでしょう。

まとめ

中国語を翻訳できる環境はパソコンもスマホも様々な企業がサービスを展開しています。パソコンではサイトに移動するだけで、スマホのアプリではOSが対応していればインストールして設定さえ行えば使用することができます。

手書き入力では文字の読み方が分からなくても検索や翻訳を行なうことができるので、中国語を学ぶには最適のツールと言えるでしょう。発音機能の備わっているものを選ぶことで聞く能力や喋る能力も向上させることができるようにもなります。

有料のものであればさらに様々な機能が利用できるので、効率的に学習することも可能です。的確な翻訳を行ないたい場合は、提供元の企業をチェックしてから利用しましょう。