> 中国語の翻訳会社を経営するための起業成功プラン
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

中国語の翻訳会社を経営するための起業成功プラン

中国語の翻訳を仕事としていきたい人にとって、その選択肢は多岐に渡ります。組織に属して働く方法としては、社内翻訳者として会社に在籍、外部からの外注を受けている会社に所属、アルバイトとして働くなどがありますが、これらの職種の場合は一度所属が決まると仕事の幅はある程度決まるため専門性が高まり、比較的安定的に収入を得ることができます。

しかし多くの場合は会社に出社するスタイルとなるため、在宅ワークをしたい方や好きな時間に働きたいと考える人にとってはデメリットとなります。思い切って自分で事業を始めることで、スケジュールや仕事内容を比較的自分の希望に即して行うことが可能ですし、クライアントと直接的なやり取りとなるため余計な経費がかからず、収入アップが見込める場合もあります。ここでは中国語の翻訳会社を経営するための起業成功プランをご紹介します。

フリーランスとして起業

翻訳会社を一から立ち上げるのもありですが、まずはフリーランスとしての起業は比較的簡単に始めることができます。厳密にいうとフリーランスと起業では若干意味合いが異なってきますが、自分で仕事を選択していくことができるといった面が雇用者との大きな違いです。翻訳業のような在庫を持たないビジネスの場合は商品の仕入れなどはもちろんないですし、自宅などを作業スペースとして使用すれば事務所などを借りる必要もありません。事前の投資として必要な物としては、パソコンや使用ソフト、ちょっとした事務用品などだけです。

クラウドソーシングサイトに登録をして仕事を見つけるのが最も手っ取り早い方法と言えますが、この場合は比較的低単価の案件になる場合も多いので、数をこなすか、軌道に乗ってきたら自身のサイトで集客をしてみるのも良いですし、事業として始めることで比較的収入が安定するといった面でもメリットがあります。

専門分野に特化

翻訳業界は、数年前から飽和状態と言われている側面もあります。というのも、バイリンガルの増加や中国人留学生のアルバイトなど、ハイレベルな新規参入者が増えており、翻訳の質が良いだけでなく低単価で仕事を受ける傾向にあるためです。

一方で、翻訳業を始めたばかりの人や、サイドビジネスとして行なっている人の場合は、翻訳する文書が専門性の高い分野であったり、難易度の高い文章であったりするとクオリティの維持が難しくなる場合もあります。そこで、自分が得意とする専門分野に特化した翻訳を行うことで差別化を測ることができます。もちろん、専門分野を軸に他の分野や一般的な翻訳行を兼任することでビジネスの幅も広がるので、同時にスキルを高めていくのが良いでしょう。

人脈を生かす

翻訳の仕事というのは翻訳者のスキルやキャラクターが大きく影響する内容でもあるため、翻訳内容が希望に見合ったものであれば引き続き同じ会社、同じ翻訳者に依頼する方が多いようです。依頼者の希望もあらかじめ分かっているので話が早いですし、新しく依頼する翻訳者が必ずしも希望に見合った人とも言い切れないため、その手間も省けます。

翻訳者のスキルや特徴は資格の有無だけでは測れない場合がほとんどで、そんな時に大切になってくるのが人脈です。口コミなどで評判が広がることで新しいクライアント獲得にも繋がる可能性がありますし、知っている人同士の情報交換はやはり安心感があります。翻訳業は業界を超えて活躍ができる広いマーケットとも言えるので、依頼者、翻訳者の両者にとってプラスに働く人脈を大いに生かすことがビジネスを成功させるためのヒントです。

まとめ

起業と聞くと「敷居が高い」、「リスクは負いたくない」と思う人も少ないと思います。しかし、フリーランスとして仕事を行うなど、自身に合った方法であれば想像しているよりも簡単に始めることができます。特に今回ご紹介した翻訳業は、在庫を持たないスキルを提供する職業でかつ場所も選ばないので、多額のお金をかける必要もありません。自分のスキルアップ次第で収入を上げていける可能性のあるビジネス、将来の選択肢の一つとして検討されてみてはいかがでしょうか。