> 中国語の翻訳を外注する際の翻訳会社の選び方
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

中国語の翻訳を外注する際の翻訳会社の選び方

ここ数年で翻訳会社の数は一気に増えました。フリーランスの翻訳者からありとあらゆる言語に対応した大手まで、その選択肢は様々です。たくさんの選択肢の中から選べるのはありがたいことではありますが、多すぎて選ぶのに苦労してしまうこともあるのではないでしょうか。このページでは、中国語の翻訳を外注する際の翻訳会社の選び方についてまとめました。項目ごとに目的や希望をチェックし、理想の翻訳会社選びの参考にお役立てください。

翻訳者はどんな人なのかをチェック

翻訳会社を選ぶ際に、その会社の評判などをチェックすることはもちろん重要なポイントですが、実際に翻訳に当たる人はどんな人なのかをチェックしておくと、相互にズレがなく納得のいく仕上がりが期待できます。どんな人、というのは具体的にはその人のこれまでの経歴や、母国語とする言語は日本語なのか中国語なのか、専門分野はあるか、といったことです。翻訳者のバックグラウンドがこれから依頼しようと考えている翻訳内容に近ければ近いほど仕上がりにも期待できます。

また、翻訳会社に所属する翻訳者は必ずしも有資格者でない場合もあるため事前にチェックしておくと良いでしょう。資格があるからといってクオリティが保証されるというものではありませんが、少なくとも中国語翻訳能力検定で1級を取得されている方であれば、2級、3級の翻訳者や無資格の方よりも安心感があるのではないでしょうか。その翻訳会社や翻訳者が過去に手掛けた翻訳サンプルを公開している場合もあるので、そちらも参考にするのもありです。

予算の確認と適正価格の見極め

翻訳にかかる価格は、分量や内容によっても大幅に異なるため、様々な視点から妥当な価格かどうかを見極めることが重要です。基本的には文字単価と呼ばれる一文字あたりの価格で計算されてトータルの費用が決められます。単価に関しては翻訳会社が設定した値段が適用されますが、安さや早さを重視し、クオリティにはそこまで重点を置いていないものから、正確性や専門的な内容でクオリティが高いものなど、同じ会社内でもプランによって変動します。

様々なプランがあるため相場を捉えるのは難しい部分もありますが、納期・クオリティ・翻訳者の資格の有無・納品後の修正の可否など様々な側面から、納得のいく価格になっているかを検討しましょう。あらかじめ予算が決まっている場合には、問い合わせの段階でそれを伝えた上で内容を確認し、何社か比較検討をするのも、より良い翻訳会社を見つけられる可能性が高い方法です。

納期までのスケジュール確認

中国語の翻訳を依頼する場合の目的や用途は、その企業の状況によって様々だと思います。ビジネス上のやり取りにおいて、できる限り早い対応をしたい場合もあれば、外国人ユーザーを対象とした説明書や保証書を作成し、長期的に利用したいという場合などもあり、それぞれに求められる翻訳内容や質は変わってくることでしょう。急ぎの依頼の場合はクオリティも勿論大切ではありますが、いかに早い納期が設定されているか、翻訳された文章が必要な時までに間に合うスケジュールなのかを事前にしっかり確認しておくことが大前提です。

また、この時の注意点としては、納期後に万一修正の必要が出てきた場合、修正後までの納期も確認しておくことです。確認漏れによって想像していた納期に間に合わず、結局対応が早い別の会社に依頼することになってしまったというようなうっかりミスは避けたいところです。

まとめ

中国語の翻訳を外注する際の業者選びにおいて、押さえておくべきポイントをご紹介してきました。基本的な確認事項を事前にチェックしておくことでその後の進行がスムーズになりますし、いざ納品された後に見てみたら思っていた仕上がりと違って困った、ということも防ぐことができます。

基本的なポイントに加え、こだわりの表現にしてほしいなどプラスαの希望がある場合も、事前に詳細を確認しておくことでより相性の良い会社に出会える可能性が高まります。お気に入りの翻訳会社を見つけて、納得のいく翻訳を依頼していきましょう。