> 中国語の翻訳会社に未経験で働くための必要なスキル
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

中国語の翻訳会社に未経験で働くための必要なスキル

これから中国語の翻訳会社で働きたいと考えている方にとって、未経験では職が見つからないのではないかという不安や、仮に見つかったとしても収入面が心配といった悩みがある方も多いのではないでしょうか。確かにここ数年で翻訳会社は増え、それに伴い翻訳業をアルバイトやフリーランスなど様々な形態で受け持つ人も多くなったため、飽和状態とも言われてきました。

しかしインバウンドの勢いはまだまだあり、これからも需要がある分野であるため、必要なスキルを身につけ自身の強みを加えることで働いていくことは不可能ではありません。このページでは、中国語の翻訳会社で未経験者が働くために必要なスキルをまとめました。

日常会話からネイティブレベルまで

中国語の翻訳会社で働くために求められるスキルは、その会社が受け持つ取引先などの業務内容によっても様々で、日常会話で良いところもあれば、ネイティブレベルだと優遇されるところもあります。ここで大切なのは、語学のスキルももちろん重要なポイントではありますが、それだけではないコミュニケーションスキルも同様に重要ということです。契約が決まった後は相手の求める翻訳内容を正しく理解し、円滑なやり取りを行いながら進めていくことが大切であるため、語学力を高めるだけでなく、基本的なビジネスマナーやコミュニケーション力を付ける努力も必要です。

翻訳会社の応募条件の中にも、翻訳の経験は問わないものの、日本や中国でのビジネス経験がある人や、営業・マネジメントのスキルを必要とする会社もあります。翻訳の分野に応じて担当の翻訳者をつけている会社もあるため、興味がある分野や得意な分野がある場合は、それに関する知識を高めるのも将来的に進みたい方向に近づけるチャンスです。

PCスキル

翻訳を仕事としていくためには、言語のスキルだけでなくPCスキルも重要になってきます。頭の中で翻訳した内容を文章として打ち込んでいくにはある程度タイピングの速さも大切ですし、エクセル・ワード・パワーポイントといったビジネスで多用されるソフトは使えるようにしておきたいところです。そして、意外と重要になってくるのがインターネットを活用したリサーチ力です。

依頼を受ける翻訳内容は必ずしも一般的なものだけではなく、専門性が高い内容で、理解を深めた上で翻訳を進める必要があるものもあります。そのためより分かりやすい表現にするためにも、その業界や分野においての適切な言葉選びが大切です。その他PCに関わる部分では、翻訳を行うにあたり企業から機密資料などを預かる場合もあるので、ウイルス対策ソフトの導入や安全なデータの扱い方を検討する必要があります。

グローバルな仕事とやる気

翻訳業と言えば、何と言ってもグローバルな活躍が期待される業種です。中国語の翻訳会社で働くには、日本人と中国語を話すエリアの人たちの架け橋となり、それぞれの文化なども理解した上でコミュニケーションを取れる人が期待されます。また、アジア圏以外へのビジネス展開を視野に入れた場合には中国語だけでなく英語のスキルもあるとより活躍の場が広がることと思います。

これから海外に向けてビジネスを広げて行きたいと考える企業のパートナーとして活躍していくためには、知識や経験だけでなく、一緒に成長していこうというやる気も大切です。翻訳スキルにおいては数をこなしていくことでそれに伴い知識や技術はついてくるものですが、やる気は自分次第です。未経験だからとネガティブになることなく、積極的に取り組んでいくことで企業からの期待や評価も高まることでしょう。

まとめ

中国語の翻訳の仕事を未経験から始める場合、今回ご紹介したようなスキルの基本的な部分を高めておくことで、スムーズに職探しができることと思います。1からでも学べる環境を用意している企業などもあるので、まずはやる気と興味があれば第一ステップはクリアとも言えます。自分の持つスキルを活かして仕事ができる魅力的な翻訳業、スキルをコツコツと着実に蓄えていき、夢を実現させましょう。

この記事をシェアする