> 中国語の翻訳会社でアルバイトするときの応募条件
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

中国語の翻訳会社でアルバイトするときの応募条件

得意な中国語を活かして働きたいと考える学生の方や、副業を検討している方の選択肢として多い職種の1つに翻訳会社でのアルバイトがあります。中国語の翻訳業には専門性が求められるため、働くためにはいくつかのスキルが必要です。このページでは、中国語の翻訳会社でアルバイトするときの応募条件をまとめました。

数ある会社に応じてその条件に細かな違いはありますが、このページで基本的な予備知識をつけ、実際の職場探しの参考にご活用ください。

読み書き、読解力

中国語の翻訳を仕事とする場合の前提として、中国語と日本語の読み書き、読解力はマストです。中国語検定や、中国語翻訳能力検定試験などの有資格者を応募条件としている会社もあれば、「両言語で日常会話がスムーズにできる」、「ネイティブレベル」など、抽象的な応募条件が提示されていて判断が難しい場合もあります。異なる言語を翻訳する場合の多くは、いわゆる直訳をすると不自然な印象の文章になってしまう場合もあります。そうならないためにも、書かれた文章の要点を正しく掴み、現地の言語でより伝わりやすい表現をするスキルも大切になってきます。

翻訳の中でも法人向けの書類や学術的な文書、商品の説明書きや小説などの文学作品など様々な種類があり、それぞれに求められる言葉の言い回しは変わってきます。ご自身の得意分野や興味に近い業務内容の職場を選ぶことで、より一層スキルを活かした仕事ができると言えます。

通訳業務の経験

翻訳会社の求人において、正社員や契約社員などの応募条件の多くは経験者となることが多いですが、アルバイトの場合は未経験者でも可能なところも多くあります。とは言え未経験で始めるよりも何かしら翻訳業務に関わる経験があったほうが、いざ働く場合にも安心ですし、即戦力になるため報酬アップにつながる可能性もあります。翻訳者や通訳者を目指す人のための養成学校もあり、そこではOJTとして実際の業務を経験をする機会を設けているところもあるので、全くの未経験から目指したいという場合にはこのような学校でしっかり学んでみるのも1つの方法です。

しかし、将来的に見ると通学は良い自己投資の一つではありますが、学校に通うとなると収入どころか一時的に支出が増えてしまいます。そのような場合には、一般の人でも簡単に登録ができるクラウドソーシングのサイトなどに登録し、負担の少ない案件からチャレンジしてみるのもコツコツ経験を積んでいくのにおすすめの方法です。

PCスキル

翻訳を仕事として行うためにはPCの操作スキルも重要になってきます。言語能力に長けていて翻訳がスムーズに行えても、肝心なタイピングが苦手では時間をロスしてしまうので致命的です。PCに関する資格の提示を応募条件としている企業はあまりないですが、基本的な文字入力やデータ入力に始まり、ワード・エクセル・パワーポイントなどのソフトの操作ができることが条件となっているところは多くあります。

会社の業務内容によって高度なPCスキルが求められる場合もあれば基本的な操作でも良い場合があるので、興味のある会社は事前にリサーチをし、応募までの間にそれに応じたスキルを磨きましょう。実際に翻訳作業を行う上でPCスキルが必要なのはもちろんですが、それ以外にも、会社や依頼者とのやりとりにおいてもメールやデータの送受信が必要になるため、基本的なビジネスメールの送り方や、データの管理方法などの知識があるとスムーズに業務をこなすことができるでしょう。

まとめ

中国語の翻訳に関する求人情報は多岐に渡り、それぞれに求められるスキルも様々です。今回ご紹介したのはその中から多くの企業が求めている比較的基本的なものになるため、このようなスキルを高めておくことでより広範囲の仕事を見つかられる可能性が高まります。

全てのスキルを網羅していることも強みですし、得意なスキルに特化することもアピールポイントの一つになりえます。基本のスキルに加え、ご自身が目指して行きたい企業に求められる知識をリサーチし、希望の職をゲットしましょう。