> 中国語の翻訳を翻訳会社に外注で依頼するメリット・デメリット
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

中国語の翻訳を翻訳会社に外注で依頼するメリット・デメリット

インバウンド効果や外国人労働者の受け入れなど、時代の流れに伴って中国との交流の機会はより一層多くなってきており、その重要度も増しています。近い国とはいえ言語の壁は避けて通れず、お互いを理解するため、またユーザーに正しく情報を伝えるためなどに翻訳が必要となる機会も多いのではないでしょうか。

そのような場合に便利なのが翻訳会社への外注依頼です。外部の会社に依頼することは様々なメリットがありますが、注意しておきたいデメリットもあります。事前知識を蓄えて、グローバルなビジネスを成功させましょう。

メリット1:クオリティの高さで会社の信用度もアップ

翻訳の外注にはお金がかかるのは否めず、社内で対応しているところも多くあります。ネイティブレベルのスタッフが在籍している場合には、相手先の方とも直接的なやり取りができるため問題ないですが、そのような環境が整っている企業はあまり多くないと思います。今や翻訳サイトや翻訳アプリなども使いやすくなってきてはいますが、まだまだ完璧な翻訳ができるかというとそうでもないのが現状です。翻訳業をプロとしている翻訳会社であれば、間違った翻訳で誤解を招いてしまう心配もありません。

相手側の母国語により近い言い回しを使うことは、こちら側の伝えたいことが正しく伝わるだけでなく、相手への敬意も伝わるため、会社への信用度アップに繋がります。伝わりさえすれば問題ないという場面も中にはあるかもしれませんが、伝え方はビジネスにおいて欠かせないポイントとも言えるため、翻訳のレベルに懸念がある場合には外注することも有意義な投資と言えます。

メリット2:本業に専念できる

メリット1でもお伝えしたように、今は翻訳サイトやアプリなどを使うことで自社内でも簡単な翻訳であれば何とか可能な時代になってきており、これからもその精度は上がっていくことでしょう。とは言っても翻訳をして意味を理解するにはある程度の時間を要するため、そこに費やされる時間を考えてみると、早くて正確な翻訳会社に頼んだ方が業務効率は良い場合もあります。

ビジネスを円滑に成功させるためには早くて正確な対応が求められるため、外部の力を借りることは大きな助けとなるはずです。社内において担当している業務がありながらも、第二言語として中国語が分かると言う理由などで翻訳業務が加わり、その結果業務量オーバーになってしまうケースもあるため、状況に応じてどちらの方法が適切かを見極めることも重要です。

デメリット

翻訳会社に外注で依頼することはメリットも多くありますが、依頼する状況によってはデメリットと感じられることもあります。まず、当然のことながら外注することで経費がかかるということです。対価を支払うことでそれ以上の利益をもたらす場合も多いですが、もし社内で同じレベルのクオリティで翻訳ができる場合はそれに越したことはないですよね。

また、費用の面だけでなく、社内で翻訳業務を行うことで事前の問い合わせ、契約、書類送付などといった一連の手間をカットできるので、翻訳までの時間を短縮できる可能性があります。そして、初めて依頼する場合は特にお互いの理解が浅くなってしまう場合もあり、認識のズレが生じやすくもなります。継続的に依頼をすることでそのような誤解も減るため、信頼のおける翻訳会社に長期的にお願いをするのも対策の一つです。それぞれの良し悪しを見極めて最適な方法で翻訳に対応していきましょう。

まとめ

異文化を持つ国同士のビジネスにおいて、誤解のないスムーズなコミュニケーションはなくてはならないものです。言語が伝わらないストレスを軽減させることは相互の理解を深め、その結果ビジネスを成功させることにもつながります。プロである翻訳会社をパートナーとして、企業活動の効果を今以上に高めていきましょう。