> フリーランスの翻訳者として働くために必要なスキルは翻訳会社で磨く
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

フリーランスの翻訳者として働くために必要なスキルは翻訳会社で磨く

自分のペースで働くことができるフリーランスは、将来子育てをしながら在宅ワークをしたいと考える女性や、働く場所を選ばないスタイルを確立したい人にとって注目されている働き方です。中でも翻訳は自身のスキルを活かして活躍できる専門性の高い職業と言えます。しかし、翻訳を仕事としていくために必要なスキルは語学力だけにとどまらずあらゆる能力が必要となるため、未経験からスタートさせるよりも、初めは翻訳会社に所属し働きながらそのスキルを磨くのも長期的な視野ではおすすめの方法です。

ここでは、将来的にフリーの翻訳者として働くことを考えている方のため、翻訳会社で必要なスキルを磨く理由やポイント、流れをまとめました。

フリーの翻訳者として働くために必要なスキル

フリーの翻訳者として働くために必要なスキルは、もちろん語学力です。語学力と言っても単に読み書きができるだけでなく、相手が求めている言葉選びや表現で翻訳を行う翻訳力が重要です。直訳が完璧にできるスキルがあったとしても、その文章の意味自体は伝わるものの、本当に相手が伝えていニュアンスでなければ満足してもらえません。このような翻訳業ならではのスキルを磨くためには、実際の会社での業務を通して経験を積んでいくことが1番です。そしてフリーで働いていくためには翻訳力と共に重要になってくるのが基本的なビジネスマナーやコミュニケーションスキルです。

実際の翻訳スキルは問題なかったとしても、そもそもの依頼を受けることができなければ仕事として成り立ちません。クライアントと円滑なやり取りができ、そこに技術が伴うことでビジネスが成功します。その他、翻訳した文章をデータに起こすことや、クライアントとのやりとりにおいてPCスキルも必要です。

必要なスキルを学ぶのに翻訳会社がおすすめな理由

ビジネスマナーやPCスキルに関しては、別の企業やスクールで学び、経験を積むことも可能ではあります。しかし、将来的に中国語の翻訳をフリーで行なっていきたいという明確な目標がある場合には、初めからそこにつながる職を選ぶことが近道と言えます。翻訳会社は事業として大きな規模でその業務を行なっている場合が多いですが、独立して事業を進めていく際もその縮小版として流れは基本的に同じなので、実際に自分自身で運営していく場合のイメージもしやすくなります。

もし将来ご自身が行なっていきたい翻訳スタイルや専門分野がある場合には、それを得意とする会社を選ぶことで、求めているスキルアップに直結するため、その後の動きもスムーズです。逆に様々な案件を受注している会社であれば、それに応じて様々な経験値を上げられるため、独立後の業務の幅を広げられるメリットもあります。

翻訳会社に登録する手順

翻訳会社に登録するための基本的な手順は、その第一歩としてまず企業に履歴書や経歴書を提出します。その後、会社によってはその会社が用意するトライアル用の翻訳資料を用いた試験があり、その結果によって採用の有無が決まります。実際に試験用の資料が手元に届いてから翻訳の作業、会社によるチェックや選考の時間があるため、合格の場合でも登録までには数ヶ月の期間を要することもあります。

翻訳会社だけに限って登録する方法も一つですが、このように実際に働き始めるまでにある程度の時間を要するのはネックです。その場合には、クラウドソーシングサイトへの登録もおすすめです。その中でもランサーズやクラウドワークスは有名なクラウドソーシングサイトで登録も比較的簡単に行えます。こちらの方法ではいきなりフリーに近い形で仕事がスタートしてしまいますが、時期を待つよりはまずはできることから始めてしまうのも経験値を上げるためには効果的と言えます。

まとめ

翻訳のお仕事は、語学力だけにとどまらない様々なスキルが必要になってくる専門性の高い職業です。1から未経験でフリーランスを目指すことも不可能ではありませんが、翻訳会社でのリアルな経験を等してスキルアップを図ることは、長期的な視野で見るとその後の業務品質や効率を高められるメリットもあるためおすすめの方法です。着実なステップを踏み、希望する仕事を掴みましょう。

この記事をシェアする