> 中国語の翻訳会社で在宅ワークをするのに必要なスキル
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

中国語の翻訳会社で在宅ワークをするのに必要なスキル

在宅ワークは、自分の好きな時間、好きな場所で働くことができる方法として魅力ある働き方の一つです。その魅力はフレキシブルなワークスタイルだけでなく、中国語が好き、得意なのはもちろんのこと、文章の読み書きや、知らないことを学んだり調べたりすることが好きな人にとっても、ふさわしい職種と言えます。

このような働き方を実現させるために、このサイトでは中国語の翻訳会社で在宅ワークをするのに必要なスキルに関してまとめました。実際に職につく前の予備知識としてお役立てください。

読み書きのスキル

翻訳を仕事とするための前提事項として、中国語・日本語の読み書きのスキルは必須です。同じ言語を変換する仕事でも、通訳ではヒアリング力や会話力が重要視されますが、翻訳の場合は基本的に依頼された書類を翻訳して文字に起こすという作業になるため、原文の理解力や文章力が大切です。言葉遣いや単語そのものには正解不正解がありますが、言語の表現方法は100パーセント正解というものがなく、資格を持っていたとしてもそのレベルを図ることは難しいです。例えば、子供向けの文章を翻訳する場合には、難しい言葉遣いや堅苦しい表現を使うのはふさわしくないですよね。

相手から提示された文章のニュアンスを正しく読み取り、それを適切な言葉選びで表現をし、組み立てていく技術や言語感覚を高めていきましょう。

翻訳言語にとどまらないコミュニケーションスキル

在宅ワークを行う場合、相手とやりとりする場合はメールがメインとなります。チャットや電話などが使われたり、初めの契約時は実際に会ってミーティングを行ったりする場合もありますが、基本的に対面で話す機会が少ないので、相手に不快な思いをさせないコミュニケーションスキルが大切です。レスポンスの早さや言葉遣いなど、基本的なビジネスマナーは必須です。また、このコミュネーションスキルは相手とのやりとりにおいてだけでなく、実際の翻訳作業にも効果的です。

翻訳の中にも様々な種類があり、ビジネス文書の翻訳から小説や雑誌の記事などといった文芸に関する翻訳、映像の字幕を作成する翻訳などがあり、それぞれに求められるスキルも少しずつ異なります。ビジネス翻訳はある程度型にはまった表現が多い一方で、小説の場合は作家の表現したい世界観に寄り添った表現が求められます。映像翻訳の場合はさらに特殊で、移り変わる映像やセリフに合わせた字幕が必要になるため、場合によっては字数の増減を行う能力や、その国の言語独自のスラングを別の国のスラングや言葉に近いものに置き換えるアレンジなどのスキルが高いと、よりクオリティの高い翻訳を行えるようになります。

パソコンの操作スキル

翻訳の仕事を行うためには、パソコンの操作スキルがあるとより効率よく業務を進めることができます。在宅で自分のペースで仕事を進めることができる分、スキルがあればあるほど空いた時間を有効的に利用することができますし、仕事量に応じて収入も増えるため有利です。依頼する人にとっても、納期が早いことに越したことはなく、次の依頼に繋がったり、報酬アップになったりする可能性もあります。

基本的なパソコンのスキルとして、エクセル、ワード、パワーポイントは使えようにしておくと良いでしょう。また、翻訳内容によっては与えられた文章の背景や知識を深めるためにインターネットなどを利用したリサーチ力も重要になってきます。いかに欲しい情報を素早く調べられるかが、スムーズな翻訳業務に関わってきます。

まとめ

中国語の翻訳会社で在宅ワークを行う場合、今回ご紹介したスキルを高めることでより一層スムーズでハイクオリティな業務を進めていくことができます。業務効率が高まれば短時間で仕事をこなせるようになるため、収入のアップや、自由な時間の確保が可能になります。何よりも早くて高品質な仕上がりは相手にも喜ばれることは間違いありません。これらのポイントを意識して、キャリアアップを目指していきましょう。