> 翻訳会社でのローカライズの流れとは?
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社でのローカライズの流れとは?

新しい令和時代に突入した日本でも、着々とモノやヒトのグローバル化が進んできています。また、世界規模で見ても、大手企業が手がける製品やサービスだけではなく、中小企業やスタートアップなどが手がける製品やサービスでさえも、急速なグローバル化が見られるようになってきました。そして、そんな現代で、海外展開には欠かせないとされているのが翻訳とローカライズですよね。ローカライズを成功させる秘訣、翻訳会社での作業の流れなどをご紹介していきます。

ローカライゼーションに求められるものとは?

そもそも、翻訳会社に言語を翻訳してもらうことに加え、ローカライズしてもらう必要性が高まったのには、どのような背景があるのかをご存知でしょうか。もともとは、IT業界におけるソフトウェアの他言語化というシーンで使われるようになったローカライズという言葉。

日本においては、地域化や局在化などと訳されることもある言葉です。いわゆる言葉の壁と向かい合い、翻訳という一連の流れのある作業を通し、製品やサービスの内容を海外展開先に合わせた最適化を行っていくことを指します。そのため、ローカライゼーションに求められるものは、極めてシンプルとも言えます。

それは、製品やサービスをどれだけ効果的かつ戦略的に、消費者となるターゲットにアピールしていくことができる土台をつくっていくことができるかというもの。海外進出していく製品やサービスは、どんなに国際的に高い知名度を持っていても、あらかじめ成功が約束されたレールの上を進んでいくような展開になるとは限りません。

海外展開先での成功へのカギとなるのは、要点を逃すことのなく構築された「よい流れ」を持つローカライゼーションというわけなんです。そのためには、海外展開先で使われている言語への対応はもちろん、文化的・心理的な部分への深い理解度を軸に、海外進出における道の土台となるものをつくっていくことが求められます。

また、経験の豊かな翻訳会社に依頼をするような、質の高いローカライズと同時に求められるのが、翻訳そのものの質の高さ。これに関しては、すでに多くの方がどこかで目にした経験があるのではないでしょうか。例えば、誤字脱字あまりにも目立つ低クオリティな日本語への翻訳がされた海外製品の説明や、不自然な表現が多様された日本語訳のマニュアルなど、おそらく誰もが一度は目にした経験があることかと思います。

このように、一目でわかってしまうような低クオリティな翻訳では、製品やサービスそのものの質までを疑われてしまいますし、購買意欲もわきません。ローカライズに求められるのは、マイナスとなる違和感を生まないナチュラルさでもあるのです。

翻訳会社での実際の流れ

例えば、翻訳会社がマニュアルなどの資料をローカライズをする際の作業の流れとしては、クライアントからの依頼、オリジナルのマニュアルの内容のチェック、マニュアル内の写真や表などが流用できるものであるかのチェック、業界特有の用語や表現などの文章チェック、原文に忠実な文章の翻訳作業、海外展開先で誤解となるような単語や表現が使われていないかなどの文章チェック、翻訳校正と校閲、現地スタッフやネイティブによるチェック、クライアントへの確認、修正、クライアントへの納品というような流れがあげられます。マニュアルなどの資料の場合は、ローカライズが軽視されがちなことも少なくありません。しかし、翻訳における微妙なニュアンスの違いや写真や表の中に、思わぬ落とし穴が潜んでいることもあります。

もちろん、ローカライズする対象となる製品がマニュアルなどではなく、ゲームのソフトウェアやアプリケーションである場合など、電化製品の広告戦略に関するものである場合など、ローカライズを目的とするものの媒体や内容によっては、大きく異なってくることもあるかと思います。流れとしては、綿密な事前チェックとリサーチ、翻訳、翻訳校正と校閲という、大まかな流れの部分は共通しているはずです。

ローカライズするにあたって押さえておくべきポイント

翻訳会社にローカライズを依頼する際には、まずは、文化的な背景や宗教的な違いから来るタブーを回避すること、数字や表記単位などの使い方に注意すること、全体の文章の流れを意識すること、統一感を持たせたスタイルを心がけることなどを押さえておくと安心です。翻訳者の言語能力の高さも重要ですが、海外展開先における、文化・倫理観・ライフスタイルの特徴などへの理解も大切なものです。

そして、意外にも、ローカライズの落とし穴となりやすいのが、海外展開先での俗語(スラング)への知識でもあります。日本においては、他国ほど地域差がないことなども背景にあるかもしれませんが、例えば、大手企業が製品の販売促進を目的としてわかりやすく翻訳したはずのキャッチコピーが現地で思わぬ解釈をされてしまい、結果的に嘲笑を買うという展開となってしまったことなども、過去のローカライズの失敗例としてよくあげられます。一見問題なく思える文章でも、本当に穴がないかどうか現地スタッフや市場でのリサーチの時間を取ることが必要となる場合もあるでしょう。

また、ローカライズを得意とする翻訳会社の中には、大前提となる翻訳者の翻訳の正確性に加えて、どれだけ現地の人々に魅力を与える表現方法を取ることができるか、現地であまり魅力とならないポイントに重点を置いてしまっていないか、誤解されるような可能性のあるニュアンスを含む仕上がりになっていないかなど、ローカライズそのものの質だけではなく、市場に出た先までの全体の流れを意識した点までを、しっかりとチェックするということこだわっているところもあります。とくに、ローカライズを得意としている翻訳会社には、それだけの強みがあります。海外展開先でのビジネスを成功に導くためには、日本での感覚を一度忘れ、柔軟な対応を心がけることも大切になるかもしれません。

国際化が進む今だからこそ実のある翻訳が求められる

グローバル化へのスピードがますます加速してきているしていると言われている現代は、ただ言語を変換することを目的とした翻訳ではなく、なめらかな流れを持ちつつもきちんと結果を出すことのできるローカライズという付加価値がついた翻訳が求められています。

高い翻訳技術を活かすことができる翻訳会社のローカライズは、賢く利用することで、必ずビジネスの可能性を広げてくれるはずです。簡単な翻訳作業だからと言って、翻訳の質やローカライズ自体を軽視してしまうのはもったいありません。ローカライズの質が、ビジネスの土台となる大切な流れを決めるといっても過言ではないことを意識して、ぜひ、信頼のおける翻訳会社と一緒に、実のあるローカライズができるよう目指してみてはいかがでしょうか。

まとめ

日本でも、新しい令和の時代の幕が開きました。インターネットなどの普及により、かつては色濃く存在していた国境や言葉の壁もだんだんとボーダーレス化してきているのを、日々のちょっとしたことからひしひしと感じている方も多いのではないでしょうか。今の時代、翻訳とマーケティングやブランディングの知識などを上手に融合したローカライズは、多くの分野できちんと向き合っていかなければならないテーマともなってきています。ローカライズを成功させるために、ぜひ、今回ご紹介した流れや注意点などを参考にしていただければと思います。