> 簡単な中国語の翻訳は翻訳サイトを上手に使って効率アップ
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

簡単な中国語の翻訳は翻訳サイトを上手に使って効率アップ

きちんと中国語の勉強をしないでも、私たち日本人は、簡単な中国語の単語なら何となく理解できるような気がしますよね。しかし、中国語の文章となるとそれはまた別の話。プロの翻訳者や翻訳会社に頼むのはどうかなと考えてしまうようなちょっとした文章や簡単なフレーズなどの翻訳には、自動翻訳サイトが力強い味方となってくれます。プライベートに仕事にと役立つ、中国語の翻訳サイトの使い方のコツをお伝えしていきます。

文字数と専門性がポイント

中国語から日本語の翻訳をしたい時や日本語から中国語の翻訳をしたい時には、効率よく文章の翻訳ができる翻訳サイトを使うのがとても便利です。

とくに、数年前までは、あまり精度の高い訳が期待できなかった日本語と中国語の自動翻訳ですが、ここ数年で、AIによる自動翻訳の質が劇的にアップしてきています。例えば、プライベートの調べものをしている際などに、どうしてもこの中国語の単語の意味やキャプションなどの意味を知りたいなどといった場合、自動翻訳サイトが十分に役目を果たしてくれるはずです。また、中国語を勉強しているけれど自分の語学力がおぼつかない部分があり文章が理解できないなどといった場合にも、サイトが大きな助けとなってくれることでしょう。

このように、使い方や使う背景によっては、とても大きなメリットとなる自動翻訳サイトですが、やはり各言語におけるニュアンスや細かい部分の正確性などにおいては、まだまだ完璧とは言えない点があることも事実ですので、自動翻訳サイトで補えない部分は、プロの翻訳者に中国語の翻訳依頼をするなどと、賢く使い方を分けるのが大切になります。以下に翻訳サイトの使い方の基本を記載します。

文字数は少なめにする

翻訳元となる原文のフレーズや文章の文字数です。最大でも500文字程度におさえるようにすると、質の高い文章への翻訳が期待できます。

専門性の高いものはなるべく避ける

さらに、できるだけ専門性の低い内容にとどめておくことも大切です。医療など専門的な知識や技術力を必要とする業界などの関連する分野は、各言語で常套句や表現方法などが存在しますし、ちょっとしたニュアンスの違いがまったく別の事象や物事を指してしまうことも少なくありません。そして、文法的な「イレギュラー」ができるだけない、わかりやすい文章である原文から翻訳することを心がけておくとより安心でしょう。

主語なしや倒置法の翻訳は避ける

一番見過ごしがちでもあるとも言えるのが、私たち日本人がなかなか気が付きにくい部分でもある日本語の文章の持つ特徴への配慮です。実は、日本語は「隠れた主語」や「ニュアンスに頼る部分」がとても多い言語。
主語がない状態の話し言葉のような文章、曖昧な言い回し、倒置法などが多く使われた文章をそのまま他の言語に翻訳しようとすると、どうしても翻訳時にエラーが多くなってしまいがちになることを覚えておくとよいでしょう。

気を付けたいのは翻訳物のターゲット層

日本語から中国語の翻訳をする際には、マーケティングの視点に立って、翻訳物となるものがターゲットとする地理的なエリアを見極めることが大切です。日本でも各地域に根付く方言や言い回しなどがありますが、一般的な書き物や広告などは、標準語を基本に書かれていますよね。

しかし、中国をはじめとする世界の国々は、言語が地域によって大きく異なりますので、翻訳物のターゲット層がすんなりと理解できるような中国語の表現の使い方や表記の仕方が重要になってきます。

中国語の場合は、日本語とは異なり、ところ変われば同じ漢字の表記も異なってきてしまいますので、はっきりとターゲット層が決まっている場合は、翻訳サイトに依頼する際にも、事前に対象となる地域を指定しておくことで、より質の高い翻訳物が約束されることとなります。

また、ターゲットとなる中国語圏の人々の心理をおさえることも大切です。例えば、日本でよく使われる広告や宣伝などに使われるキャッチコピーやキャッチフレーズについて考えてみましょう。日本語の原文を中国語でも同じような意味になるように翻訳すれば問題ないだろうと考えがちではないでしょうか?

しかし、キャッチコピーなどの翻訳は私たちが考えるよりももっと複雑なんです。日本人が日本語のキャッチコピーから与えられるようなポジティブな印象を、違う文化圏の人々にその人々の言語を使って着実に伝えるためには、まず、その言語が根付く文化を知る必要があります。その文化と密接した人々の心理的な思考を読み、いかに巧妙に購買意欲を掻き立てるかがポイントとなるのです。当然ながら、

AIが翻訳をする自動翻訳サイトなどでは、こういった配慮へのハードルがかなり高くなってしまいます。きちんと結果を出すことが求められるビジネス関連の中国語の翻訳などには、やはり、経験豊富で信頼のおける翻訳会社に依頼をして、質の高い中国語の翻訳をお願いすると安心です。

自分がわかりやすいと思える翻訳サイトを選ぶポイント

翻訳サイトにもさまざまなものがありますが、中国語の翻訳の流れをくわしく説明していたり、曖昧な点のないクリアな料金体系などを提示していたりと、自分が「わかりやすい」「安心」だと思えるサイトを選ぶのがおすすめです。とくに、より自然な中国語への翻訳が必要とされる場合は、中国語ネイティブまたはよりネイティブに近い確かな語学力を持つ翻訳者を抱える翻訳サイトを選ぶと安心でしょう。

また、仕事の効率アップを目的に翻訳サイトに中国語の翻訳を依頼する場合は、手続きなどに時間がかかっては元も子もありません。できるだけシンプルなステップで翻訳の依頼から納品までが完了するところを選ぶなど、必要に応じて、翻訳の質以外のチェックをすることをおすすめします。

翻訳サイトを活用して中国語のレベルアップ!

もし、自分自身の中国語の能力をブラッシュアップしたいと思うなら、翻訳サイトを活用するのもおすすめです。とくに、自動翻訳サイトの使い方次第では、単語集よりもより効率のよい勉勉強をすることも可能になります。

自分の興味のあるインターネット上の記事などを中国語に翻訳して読解力を鍛える、映画やテレビ番組に中国語の字幕をつけ、わからない箇所の文章を翻訳してリスニング力を高めるなど、さまざまな使い方があります。

自分の今持っている語学力のレベルに合わせた勉強ができるため、忙しくて中国語を勉強するための語学教室に通えないといった場合や日常会話を中心に中国語のレベルアップを図りたいなどといった場合は、ぜひ翻訳サイトを活用してみてはいかがでしょうか?

まとめ

最近は、数秒で中国語の翻訳が完了する自動翻訳サイトも増えていますし、中国語の特徴をしっかりと考慮した、気軽に依頼することのできる翻訳サイトも増えています。いずれにしても、翻訳サイトを上手に使うためには、今回ご紹介させていただいた、いくつかの「使い方のコツ」を覚えておくことがポイントとなりますので、ぜひいくつかのサイトを比較して、自分に合っているなと思えるサイトを選んでみてはいかがでしょうか?