> 翻訳会社におけるフィードバックの重要性
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社におけるフィードバックの重要性

仕事でも勉強でもそうですが、一度完了させたら終わりというやりっぱなしの状態では自分のスキルを上げていくことは出来ません。復習をしたり、振り返りをしたり、提供する相手がいれば意見をもらったりすることでもう一度内容を見つめ直すことで修正をしたりその後の参考にすることがとても重要です。翻訳会社にとってはそういったフィードバックはどのような重要性を持つものなのでしょうか?3つの内容に分けてご紹介していきます。

翻訳のレベルを上げることが出来る

翻訳会社におけるフィードバックでは、クライアントである第3者のものがとても大切になってきます。提供した翻訳をクラアントがどのように感じたかというのは翻訳者の翻訳スキルを向上させるヒントになります。特にここはよくわからない、ここは直したほうが良い、ここは求めていたものと違ったといったようなネガティブフィードバックは今後どのような翻訳をしていけば良いのかを考える際に助けになりますのでとても重要です。

自分が良いと思って提供したものであっても、第3者からみると問題点が見えてくることもあります。それはなかなか自分では気づきにくいものでありますし、受け入れにくいものではありますが意見をきちんと聞いて自分の中に取り込んでいくことで自分の翻訳レベルを向上させることが出来るようになります。

次回以降の依頼の際に役に立つ

翻訳会社がクライアントからフィードバックをもらうことは、その時の依頼だけではなく次回以降の依頼の際に非常に訳に立ちます。ビジネスで利用している場合、気に入ってもらうことが出来れば一度きりではなく継続的に依頼をしてもらうことが出来ます。その際にそのクライアントの好みや求めるレベル、趣向などをきちんと理解して翻訳を行うことによってよりクライアントの要望に沿った内容のものを提供することが出来るようになります。

同じような内容の依頼であったとしても、クライアントによっても求める内容や仕上がりは全く違っています。そのクライアントがどのようなものを求めているのかということは、フィードバックをもらうことによって具体的に知ることが出来るのです。

クライアントとの関係性を深める

クライアントから提供した翻訳に対してのフィードバックをもらうことは、クライアントの関係性を深めていくためにもとても重要です。ただ依頼を受けて翻訳をしてそれを提供するということでももちろん仕事としては問題がありません。ですがフィードバックを求めることによってより良いものを提供しようとしているという姿勢を見せることが出来ます。またそのクライアントの要望に沿った仕事をすることにも繋がりますので、コミュニケーションをきちんと取ることも出来て信頼関係も深めることが出来ます。

継続的に仕事を依頼してもらうためには、信頼関係を築くということはとても重要になります。自分の会社の意向に沿ったものを提供してくれようとしたり、より良いものを提供してくれようとしている会社とは継続して仕事をしたいと思うはずです。クライアントとの関係性を深めていくためにも、フィードバックをもらうことをおすすめします。

まとめ

翻訳会社にとってクライアントからフィードバックをもらうということはとても有益で重要性の高いものです。ただ翻訳を提供して終わりということになってしまうと、ブラッシュアップも出来ませんしクライアントがどのように感じたのかということも知ることは出来ません。

翻訳者の翻訳スキルを向上させるためにも、クライアントの関係性を深めてその後の依頼に繋げていくためにも意見をもらって改善をしていくということはとても重要なことです。すぐに変化のあることではありませんが積み重ねていくことが重要になりますので、ぜひフィードバックをもらうことをおすすめします。