> 手書きの翻訳サイトで中国語をマスターしよう
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

手書きの翻訳サイトで中国語をマスターしよう

日本語にはない中国語だけの漢字の意味を調べたり、入力したりするのは、難しいです。入力は、手書きツールを使えばよいですが、翻訳ともなると、いちいち入力して、漢字を手書きで入力してから調べるのは手間です。辞書で調べるにも読み方が分からなければ調べるのは困難です。直接サイトに手書きで書き込めたら、と思いますが、手書き入力できる翻訳サイトが実は存在するのです。どのようなものなのか、どう生かせるのかを検証します。

漢字が読めなくても中国語の翻訳をしてくれる方法

中国語を勉強している時、どうしても読めない漢字や意味のはっきりしない文字が出てくると思いますが、そんなとき、どのようにして調べていますか。辞書や翻訳サイトを利用している人がほとんどだと思いますが、漢字の読みが分からないと、漢字の画数から調べるしかないので、膨大な数の中から一つ一つ調べるのは困難ですし、時間もかかります。漢字の偏やつくりから調べるのも然りです。

パソコン上で読んでいるのであれば、その字をそのまま検索サイトにコピーアンドペーストすれば簡単です。そのまま日本語訳に対応しているサイトにとぶこともありますし、コピーアンドペーストして、さらに日本語と入力すれば、日本語訳が載っているページを誘導してくれます。

しかし、調べたい文字が、常用漢字でない場合や、日本語の文字入力に対応していない文字、専門用語、難しい文字、誰もそのことについて記載していないような文字の場合は、そうはいきません。また、本や雑誌、教科書など紙で読んでいる場合は、コピーアンドペーストが出来ません。そんな時、手書き入力ができる翻訳サイトがあれば簡単です。

直接書き込めるサイトは、いくつかあります。利用料金がかからないものもあります。ただし、その場合は、中日、日中の翻訳ではなく、中英や中韓といったように、中国語から英語もしくは、中国語から韓国語にしか翻訳できません。英語や韓国語が読める人はそれでよいのですが、そうでない場合は、英語や韓国語をさらに日本語に訳す必要があります。

他には、手書き入力をするとその文字をオンラインでウェブ全体から関連のページを誘導するという辞書アプリがあります。これは文字認識能力が高く、的確な意味を調べられるので利用者の人気が高いです。

翻訳機能以外に求められる機能は、発音が分かるというものです。発音の記号が記されているものはもちろん、音声が出るようになっていて、クリックすれば発音が分かるという機能は、利用者にとってありがたいです。

手書きの翻訳サイトはどこまで対応している?

翻訳のサイトにエンピツマークのようなマークがあれば、手書き入力に対応しています。文字を手書きで入力すると、候補文字が別ウィンドウで表示されます。その中から、調べたい文字を選択してクリックするとその文字を調べることが出来ます。

もちろん一文字だけでなく、単語や慣用句でも調べることが出来ます。が、一文字一文字入力しなければならないので、手間がかかります。一文字しか対応していないものもあります。

手書き入力をする時に注意しなければならにことは、まず書き順です。正しい書き順でなければ、正確に認識することが出来ません。ある程度は似た文字は候補として表示されますが、とめやはね、突き出すのか突き出さないのかは正確でなければ候補文字に正しく表示されないことがあります。

文字は正確に書く必要があります。簡単な文字ならばよいですが、画数の多い文字や複雑な漢字は正確でなければ認識されないこともあります。また、パソコンで入力する場合は、マウスを使って書くので、正確にならない場合があります。特に中国語は複雑で画数の多い漢字が多いので注意が必要です。指やタッチペンが使用可能な場合は、その問題はクリアになります。

文字を入力して、候補の文字が現れたら、調べたい文字をクリックします。音読み、訓読み、総画数、書き順、意味や熟語が表示されます。パソコンでの文字コードも表付されます。ここまでは、日本語ですが、この文字を中国語に翻訳したい場合は、リンクの中国語辞典をクリックします。

そうすると、中国語での読み方、発音、意味などが中国語で表示されます。例題文なども表示されるので、このサイトひとつあれば何でも調べることができます。それだけでなく、同音文字、同部首文字、同画数文字なども見ることが出来ます。例題文、漢字の由来なども知ることが出来るので便利です。

惜しむらくは、そのサイトがすべて日本語訳にならないということです。中国語のサイトは、中国語で書かれているので、そのページをすべて読むのに、一つずつ調べなければならないということです。

海外旅行中でも安心!手書きの翻訳サイトで怖いものなし

中国や中国語圏内に旅行中、中国語を読んだり書いたり喋ったりしなければならないとき、パソコンを持ち歩くのは大変です。ポータブルのパソコンでも重くて荷物になりますし、電源が常にあるとは限りません。

そんな時に大活躍するのが、携帯電話やスマートフォンで見ることが出来る翻訳アプリです。スマートフォンにも手書き入力対応のアプリがあります。機種によっては対応していないものもありますが、ほとんどの機種に対応しています。有料のアプリを使うと、無料版とは比べものにならないほど、多くのことが出来ます。

専門的な漢字はもちろん、日常会話にも対応しています。調べた文字や用語は発音を聞くことが出来ますので、旅行中、会話で何と言ったら通じるのか分からなくなった時は、調べて、そのお手本どおりの発音をすれば通じます。調べた履歴が残りますので、宿泊場所に戻ってから、昼間の会話のおさらいをすることも可能です。

調べた文字ごとにフォルダ分けすることが可能です。例えば、レストランや市場などでよく使用する言葉と、ショッピングで使用する言葉、仕事で使用する言葉をフォルダ分けしておくと、次回同じようなケースに遭遇したとき、発音だけもう一度調べたいとか、文字を記入する必要があるので、もう一度見たいなどというときも、すぐに調べることが出来て便利です。

携帯電話に入っているアプリなので、調べてそのまま相手に見せれば通じますが、国によってはその行為が危険なこともありますので、携帯電話を相手に渡してしまわない方がよいでしょう。

スマートフォンのアプリでも手書き文字入力が可能です。指やタッチペンで書けばそのまま翻訳してくれます。一度購入すれば月額料金などかからないので、一つはスマートフォンに入れておくとよいかもしれません。

まとめ

中国語を日本語に翻訳したい時、漢字の読み方が分からないときは、手書き入力サイトを使うと便利です。利用料金のかからないサイトでも、漢字の意味や読み方、書き順だけでなく、由来や使用例など多くにわたって調べることが出来ます。

またパソコンを持ち歩かなくても、スマートフォンの有料アプリを使えば、漢字の意味や発音など多くのことを調べることが出来ます。そのアプリさえ入っていれば、旅行中でも不安になることはありません。