> 未経験でも翻訳会社で働くことは可能か、調べてみた
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

未経験でも翻訳会社で働くことは可能か、調べてみた

すでに翻訳を仕事として行っている人であれば会社で働く際に何も心配に思うことはありませんが、それまで仕事としては行ったことがない未経験の人であれば自分は翻訳会社で働くことが出来るのかということを考えるでしょう。専門的な知識や技術が必要になる仕事ですので、そういった心配が出てくるのは当然ですよね。

では翻訳会社で働くためにはどのような要素が必要なのでしょうか?そして経験のない人であっても働くことは出来るのかについてまとめていきます。これから翻訳を仕事にして会社で働きたいと思っている人は目を通しておくことをおすすめします。

翻訳会社で働くための条件とは

翻訳会社で働くためには、どのような要素を持っていればよいのでしょうか?応募するためにはまず自分が募集要項に記載されている条件を満たしていなければなりません。募集要項に記載されていることとして一番多いのは言語に関する公的な資格を保有していることです。その会社の取り扱っている言語に関する能力をしっかりと持っているということを証明するためにとても重要視されます。

翻訳自体の資格というものはありませんので、英語であれば英検やTOEICです。これは何級以上、スコア何点以上と会社によって求めるレベルは違っていますが多くの会社では条件とされています。

また入社して直ぐに実践で働くことが出来る人を求めている会社では、翻訳の実務経験が一定期間以上あることということを条件にしているところもあります。

未経験だと困る事

では未経験の人が翻訳会社で働くことによって、何か困ることがあるのでしょうか?高い語学能力がある人であれば、いくら翻訳を仕事として経験したことのない人であっても、問題なく働いていけるような気もしますが実際にはそうではありません。翻訳を仕事とするためには、外国語のスキルがあったとしても、それを正確な日本語に訳すための日本語力を持ち合わせていなければなりません。

そして原文の内容をきちんと理解しなければなりませんので、理解力や読解力、その分野に関する知識も必要です。さらにそれをわかりやすく文章にする力や、クライアントの要望に応える対応力も求められます。

こういったものはある程度経験を積んでいけばどのように対処すれば良いのか、どのように訳せば正確でわかりやすい、クライアントの求めるものになるのかということが分かるようになっていきます。しかし未経験の場合にはそういった対処が出来ずにただそのまま訳しただけの内容になってしまい結果として質の低い翻訳となってしまうことが多いです。

働くためにやるべき事

経験のない人が翻訳会社で働くための方法としてまずは未経験であっても働くことが出来る会社を見つけて応募するという方法があります。経験が無くても、語学のスキルが高ければ働くことができて徐々に経験を積んでいけば良いという会社もあります。

そして経験が無ければ働くことが出来ない会社で働きたいのであればやるべき事は経験を積むということだけです。会社に所属してから経験を積むのではなく自主的に翻訳を行います。ボランティアで行ったり、インターネット上で個人的に仕事を請け負って行ったりと様々な方法がありますのでそういったものを利用して翻訳の仕事を経験していきます。個人的に行っているものではありますが、その中でノウハウは身についていきます。それは実際に翻訳会社に所属して働く際にはとても役にたちますし、面接の際のアピールにもなります。

インターネットが発達している時代ですので、自分で探せばいくらでも翻訳をすることは出来ます。上手く利用して経験を積んでおくと良いです。

まとめ

翻訳会社で未経験の人が働くことが可能かというと、会社によっては可能ということになります。経験だけを重視しない会社もありますので、そういったところに所属して働いていく中で経験をスキルを身につけていくことも出来ます。

しかし翻訳というのは語学の能力だけがあれば出来るという簡単なものではありませんので、多くの会社では翻訳の仕事の経験があることというのを働くための条件として設けています。経験が無ければ働けない会社で働きたいのであれば、個人的に経験を積んでいくしかありません。探せば翻訳の仕事の中には個人で請け負うことが出来るものもありますし、お金の発生しないボランティアのものもあります。

自分で出来る翻訳にどんどんチャレンジして経験を積んでいくことによって、翻訳会社でも問題なく働くことが出来るようになります。