> 中国語の翻訳会社で働きたい!就職に必要なスキルを徹底解説!
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

中国語の翻訳会社で働きたい!就職に必要なスキルを徹底解説!

中国語の翻訳会社に就職したい場合にどのようなスキルが求められるのか、語学力以外に何を身につけておく必要があるのかまとめていきます。就職活動を始める前にチェックしておいてくださいね。よくある応募条件なども参考にしてみましょう。また、翻訳会社で就職する場合とフリーランスとして働く場合との相違点についても解説していきます。自分がどちらの働き方が向いているのか、改めて確認しておきましょう。

翻訳者に求められるスキル

翻訳者に求められるスキルとしては語学力ですが、実は言語自体に関して言えば、中国語よりも日本語のスキルが重要だと言えます。中国語原文の意味を忠実に訳しながらも、スムーズな日本語に訳す必要があり、日本語の語彙力や表現力が求められます。もちろん中国語の習得も欠かせませんが、翻訳者として活躍するには、中国の歴史や文化、社会背景についても知っておく必要があります。そういった知識をふまえたうえで、書き手の意図をくみ取ることが大切だからです。

また翻訳会社に就職を希望するならば、一般的なビジネススキルやPCスキルも欠かせません。さらにリサーチ力なども求められます。前述したように、翻訳する物の背景をきちんと捉えておく必要があるので、惜しみない努力を持って、中国に関する情報や知識を学び続けなければなりません。

一般的な応募条件とは

中国語の翻訳会社の応募条件として記載されているのは、実務経験を問うものが非常に多いのが実状です。そのため、未経験では翻訳会社への就職がなかなか難しいという面があります。近年では中国語翻訳者の需要も高まってきてはいますが、それでもやはり英語翻訳に比べると仕事があふれているとは言い難いのが実際のところです。

ですので、中国語の翻訳会社へ就職をするのは容易ではありません。企業内で中国語の翻訳業務を担うケースなどはあります。ただし、それが専門業務となると、派遣などの非正規雇用となるのが一般的だと思われます。また、中国語の翻訳会社へ就職することは可能かもしれませんが、翻訳の仕事だけをするといった働き方は実際のところ難しいかもしれません。

フリーランスとして働くのはあり?

中国語の翻訳者として翻訳会社に就職するには、翻訳経験や実力、そしてタイミングも重要になってきます。他の業務も担うという形であれば就職も可能かと思いますが、中国語翻訳一本で働くのは難しいかもしれません。翻訳以外の社会経験も積める点、安定性に関しては就職することのメリットです。では、フリーランスとして働くのはどうでしょうか。

フリーランスとして働く場合にも、やはり実務経験が仕事を得られるかどうかに直結してきます。ただし経験さえ積んでいけば、中国語翻訳者として働き続けることは可能です。翻訳という仕事だけをしていきたいのであれば、フリーランスとして働く方が適しているかもしれません。

まとめ

中国語の翻訳会社へ就職したいのであれば、中国語・日本語の言語力、一般的なビジネススキル、リサーチ力といったスキルを磨くことです。中国語に限らずですが、翻訳対象言語の社会的背景や母語の表現力など、常に勉強すべきことがあるのが、翻訳者としての仕事です。ただ、中国語の社内翻訳者として活躍する道のりは険しいものです。ある程度経験を積んだ後、フリーランスとして翻訳専門で働く方も少なくありません。自分のスキルを活かしてどう働き続けたいのか、目標を明確にしてみましょう。