> 翻訳会社で中国語翻訳マニュアルの分野に強い翻訳会社とは
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社で中国語翻訳マニュアルの分野に強い翻訳会社とは

中国語の専門用語がたくさん出てくるマニュアルや取扱説明書の翻訳が強い翻訳会社は、他の会社が取り扱っていない分野なので、選ぶ側の選択肢が少なく、他の数多ある専門外の翻訳会社よりも有利です。日常的な翻訳と比べ、需要はどのくらいあるのでしょうか。なぜそれ専門の翻訳だけで成り立つのでしょうか。またどのような人が依頼するのでしょうか。具体的な事例を踏まえて、マニュアル専門の翻訳会社について検証しました。

マニュアルや取扱説明書などの専門分野に強い翻訳会社って

マニュアルや取扱説明書は、組み立てや使用時において重宝されます。しかし一歩間違えると大事故を引き起こしかねませんので、翻訳は正確を期さねばなりません。国によって使用する尺度や重さの単位などが異なることがありますので注意が必要です。また普段目にしない、聞きなれない用語がたくさんあります。

なので、マニュアルや取扱説明書はそれ専門に扱う翻訳会社に翻訳を依頼した方がよいです。マニュアルの翻訳に強い翻訳会社には、ネイティブの人が在籍していることが多いです。

例え翻訳するのがネイティブの人ではなかったとしても、最終チェックは、その国の言語を話すネイティブの人がチェックします。それにより、翻訳間違いや訳し間違いを防ぐことが出来、より的確な翻訳をすることが出来ます。

また一度翻訳した物に関して、情報をデータベース化することによって、同じ分野でしたら次回からは、時間をかけずに作業することが出来ます。マニュアルに関しては、用語や用途が限られる為、このようなことが可能です。また、中国語から日本語だけでなく、中国語から英語、その他の言語に訳すことによって、多くの言語での翻訳が可能になります。

データベース化することによって、リーズナブルな価格での翻訳が可能になります。データベース化をしていないと、一から翻訳をすることになるので、時間も手間もかかります。その分、利用者に料金として跳ね返ってきます。しかし、データベース化することによって、作業が簡素化されると、料金も安く出来るので、クライアント側にしてもよいことだらけです。

また、同じようなマニュアルを一つの会社が取り扱うことによって、表現や用語を統一することが出来ます。統一することで、より理解し易い分かり易い翻訳文になることが出来ます。

なぜ専門分野に長けているのか

様々なジャンルのマニュアルがありますが、いずれも専門用語が含まれることが多いです。なので、一般的な翻訳会社に翻訳を依頼すると、専門用語の訳で時間をとられてしまうという事態になりかねません。

例えば中国語の家具の組み立てマニュアルを翻訳依頼されたとして、家具の組み立てであれば、日常的な用語が大半なので、一般的な翻訳会社でも対応しているかもしれませんが、ネジの名称、場所、長さ、色、どれか一つ間違ってしまったり、曖昧な訳をしたりしてしまったら、家具は完成できません。家具であればアレンジが出来ますので、多少わからなくても自分なりにアレンジすることが可能ですが、安全性に関わる部分で曖昧な訳をすると危険です。

これが家具ではなく、精密機械の組み立てマニュアルであればどうでしょうか。危険度は一気に高まります。また、少しでも曖昧なところがあれば、機械は動きません。何かの製造機械であれば、生産できなくなってしまいます。一歩間違えれば怪我をするかもしれません。なので、専門分野の翻訳家に依頼した方がよいのです。また翻訳者にその分野に関する知識が必要なことは言うまでもありません。

専門であれば、その分野の翻訳を中心に行っているので、実績があります。他のジャンルの翻訳はせずに、その分野のみやっているので、細部にわたって正確に翻訳できます。その分野に関する知識もあります。翻訳会社も狭い範囲を専門的に翻訳している翻訳家を在籍させることで、特定の分野に特化した人材を確保することができます。

そういう翻訳家を一人だけでなく多く在籍させるとその分、翻訳可能な範囲が広がります。最終チェックをネイティブな人が行うことで、より正確に的確に翻訳することが出来ます。

また、翻訳の作業にとりかかる前に、事前にクライアントとのヒアリングをきっちりすることで、クライアントが求めている仕上がりにより近いものが出来ます。

こんな事例取り扱って来ました

中国語のマニュアル翻訳を取り扱っている翻訳会社では、過去にこのような事例を取り扱ってきました。化粧品のカタログや、化学製品取扱マニュアル、電化製品の取扱説明書、技術レポート、入札書、製品技術資料などです。

これらのことを依頼するクライアントの業種は実にさまざまです。産業機械や工業機械、精密機器などのメーカーはもちろん、電力会社、総合商社、住宅設備会社などがあります。

一つのマニュアルは、膨大なデータ量と作業量が必要な為、一人で訳していては時間がかかってしまいます。そのために、一定の分量ごとに他の翻訳者と作業を分担します。

その際に、方向性がバラバラだと出来上がった翻訳がページによってバラバラで、読みづらくなってしまいます。その為、別々の人が作業する場合でも、仕上がりは統一されているように統率のとれた翻訳会社に依頼した方がよいです。

翻訳会社のほうでも、各翻訳家をまとめ、方向性が同じになる様に調整しています。また、最終的に、その言語を日常的に使用しているネイティブの人がチェックを行い、正確にわかりやすい言葉になっているかを厳しく見定めます。そこまでして初めて納品となります。

また、アフターサポートも万全な方が需要があります。いくら品質に自信があったとしても、翻訳をして、納品したあとは知らん顔では、依頼した側に不安が残ります。

マニュアルは、具体的にどのようなものがあるのかというと、コンピューター関連や、産業機械に関するもの、半導体や医療用機器のマニュアル、自動車部品などの製造マニュアルなど、製造に関する専門的な分野から、省エネや環境問題などの関連事項などの専門分野まで幅広く扱っています。

所属する人は、元々長年メーカー勤務していて、システム管理者としての職務経験もある方で、IT全般にも幅広く知識を持つ経験を生かし、マニュアルや仕様書、IT関係の翻訳などで主に活躍をしている人。技術系の企業で主に通訳などの経験があり、精密機器や半導体などの技術に関する翻訳を中心に活動している人や、元々機械設計者だった人が、企業の社内翻訳家となり現在はフリーランスで活動している人などがいます。

まとめ

中国語のマニュアル分野に強い翻訳会社には、各方面で活躍し、翻訳家に転向した人が多く所属しています。翻訳者とは別に、最終チェックをする人としてネイティブの人も関わっています。

また、マニュアルの翻訳は、多岐にわたる分野に携わる企業が依頼しています。マニュアルの分野も一つではありません。なので、専門職に過去就いていた人や、研究ををしていた人が関わることにより、より正確で的確な言葉で翻訳できるというメリットがあります。