> 中国語の契約書を翻訳がしたい!翻訳会社の求人に応募する前に
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

中国語の契約書を翻訳がしたい!翻訳会社の求人に応募する前に

翻訳家の多くは会社の社員としてではなく、フリーランスで仕事をしている人が多いです。翻訳家になるためには資格や専門学校に通う必要があるでしょうか?どうすれば仕事ができるようになるのでしょうか?

今回は中国語の契約書分野の翻訳家の仕事にスポットを当てて、翻訳家になるための道筋をお伝えいたします。

翻訳家の仕事

中国語を扱う翻訳家の仕事は日本語の原文を中国語に、中国語の原文を日本語に訳する仕事です。どう訳するか、精度をどこまで高めるか、ビジネスの中国語の要素が含まれるかは、原文がどの分野のものかで変わってきます。

翻訳のジャンルは大きく3つあります。文芸翻訳、実務翻訳、映像翻訳です。文芸翻訳は海外の書籍や雑誌、歌詞の翻訳で、正確さだけでなく、その小説や音楽の雰囲気に合わせて翻訳できるスキルが必要なので、日本語の語彙力や表現力も重要になります。

映像翻訳は海外のドラマや映画、ドキュメンタリーの字幕を作る仕事です。その国の文化と風習だけでなく、スラングにも理解がないと正確な翻訳ができません。また字幕の場合、人が限られた時間で読まないといけないので、字数にも注意して翻訳しなくてはいけません。

契約書分野が含まれる実務翻訳は、契約書の他にビジネス用の文書や学術書、マニュアルの翻訳も含まれています。ビジネスで使われるものを作成するので、ビジネス用の言い回しについても知っておかないとできませんし、翻訳するものによっては医学、金融、ITといった専門知識も必要です。専門知識が必要なことと、契約書関係ですと外部へ発注すると情報漏洩のリスクが伴うため、自社で雇用する会社もあります。そうなった場合、一般的な会社員のような決まった時間での労働となります。もちろん翻訳会社の登録翻訳家としてフリーランスで活躍する翻訳家もたくさんいます。

働き方についてはあなたのライフスタイルに合わせて決めると良いでしょう。翻訳家は年齢関係なくでき、実力があれば長く続けやすい仕事です。とはいえ、一日パソコンと向き合う仕事なので、座りっぱなしの仕事が身体に堪えるということもあるようです。そうならないためには、翻訳家になったあとも語学力や専門知識を磨き、報酬の単価をあげられるように努力をしましょう。

翻訳家になるためには

翻訳家になるのに必要な学歴はありません。それでも翻訳家の中には大学の英文学科や外国語大学出身の方が多いのも事実です。履歴書を提出する際に、有名大学で語学を学んだという経歴があればマイナスになることはないでしょう。また、翻訳家になるための専門学校も存在します。専門的で学んでいて損はないので、時間や金銭的余裕があるのであれば通うのもいいかもしれません。

専門学校は翻訳会社が経営や出資していることもあります。なので、出資する翻訳会社への就職や登録翻訳家のツテ、出版社など直接的に仕事に繋がるようなツテを作るにはいい機会になります。同じく翻訳家を目指して学ぶ人にも出会えるので、タテとヨコの繋がり作りには専門学校はもってこいでしょう。実際に卒業後、翻訳会社や出版業界との繋がりを利用することで、翻訳者としてのデビューを目指す人もいるようです。ただ、翻訳専門学校によってできる繋がりは違ってきますので、どこが経営または出資しているかを予め調べておきましょう。

どこにも所属せずに翻訳家として生計を立てるには何かしらの繋がりがないと厳しいです。なので、始めはどこかの翻訳会社のトライアルを受け、登録翻訳家として活躍することを目指しましょう。トライアルに関しては各翻訳会社のホームページに求人情報として記載されています。トライアルを受験するには、受けたいトライアルを行う翻訳会社に連絡をしましょう。その際、求人情報に指定されている通りの職歴や翻訳経験についての情報を送ります。

これは受付だけでなく、書類審査の要素も兼ねているので、手を抜かず書類を作成するようにしましょう。書類審査に合格すると、トライアルの課題が添付されたメールが届きます。メールには課題の提出方法や提出期限など、重要なことが載っていますので、最初から最後までしっかりと読むようにしてください。会社によっては、課題の提出の際、添付ファイルを圧縮するなど、指定条件を記載していることもあるようで、それが守られていないと、課題の出来栄えが良くても不合格になることもあるようです。

なぜかと言うと、実際に仕事を任せた時に、クライアントの指定した条件を確認不足で守れないというリスクを翻訳会社が考えるからです。翻訳会社にとってクライアントからの信頼を得ることは、正確な仕事をするのと同じぐらい重要なことになるので、課題の出来栄え以外も評価の対象となっています。

必要な資格はある?

必要な資格も特にありません。しかし、トライアルの受験の際や自身のプロフィールを公開する際にはアピールポイントにはなるので、時間があるのであれば中国語検定を受験したり、社団法人日本翻訳協会が主催するJTA公認翻訳専門職資格試験を受けたりするのもよいでしょう。

この他にも中国語でしたら、翻訳実務検定TQEもあります。JTA翻訳検定は実務レベルの翻訳能力を検定するもので、中国語以外に英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語など幅広い言語に対応しています。年に4回実施しており、インターネット受験で受けることができます。

翻訳家にはどういう人が向いているのでしょうか。それはまずは忍耐力がある人です。翻訳をしていると時にどう訳するべきか、難しい文章にあたって何時間も同じ文章の訳を考えることもあります。そういう時に忍耐力がないと乗り切れないことも出てくるので、難しい課題にあたっても向き合えるような忍耐力を持つようにしましょう。

次に、ポジティブに新しいものを吸収できることです。翻訳のスキルにはゴールはなく、新しい表現方法や単語を吸収できるようにしなくては翻訳能力の向上は望めません。専門用語でも日々技術が進歩していくのであれば、新しい技術、単語も出てきます。新しいものに目を向けられ、それを吸収できることは必要です。

細かい事にまで目を向けられる細やかさがある人も向いているといえます。翻訳では原文をそのまま翻訳するだけでは本来伝えたい内容まで翻訳できないこともあります。それに気づき、自身の知識を絞って翻訳ができる能力も大事です。そうなるためには「これでいいや」というのではなく、細かな所までに注意を向けられるようにならないといけません。

まとめ

中国語の翻訳家になるためには、特に必要な学歴や資格は必要ありません。しかし、アピールポイントはあった方が翻訳会社のトライアルを受ける時や個人で仕事をする時にもアピールポイントになるので、中国語検定や翻訳協会が主催する資格試験を受ける分にはマイナスにはなりません。

契約書分野の翻訳は語学力以外に専門知識を必要とします。ビジネス用語や特有の言い回しについても知っておかなければいけません。自身の翻訳スキルを磨くためにも日々努力を怠らないようにしましょう。