> 中国語翻訳会社トライアルを受けるには?応募手順と合格のための秘訣
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

中国語翻訳会社トライアルを受けるには?応募手順と合格のための秘訣

翻訳家には言語に精通していればなれるというわけではありません。仕事がなければ翻訳家とは言えませんし、仕事を得るためには翻訳会社との繋がりも大事です。

そのため、トライアルは中国語の翻訳家として活躍していくためには必要になってくるので、トライアルへの応募と合格のためのポイントを知っておきましょう。トライアルとはそもそもどういったものなのか、応募手順や試験に向けての準備。合格のために知っておきたいポイントについてお伝えします。

トライアルは何故必要?

中国語翻訳者の仕事は様々な依頼物を日本語に翻訳する仕事です。在宅で仕事をしている人も多く、自身のスケジュールに合わせて仕事ができるという点が魅力的に感じる人もいます。通勤時間の煩わしさがないなんてなんて優雅!という意見もあるようです。

しかし、在宅ワークといっても、実際には大変なことも多いのが翻訳家です。まず、翻訳の仕事がなければ仕事になりませんし、そうなると生活資金を得ることもできません。特に翻訳家になって日が浅く、実績がまだない頃は待っていても仕事は来ないので、自分から仕事を得るために動かないといけません。

ここで重要になるのが、翻訳会社です。翻訳会社にはクライアントから翻訳してほしい案件が集まってきますが、その案件に対応するのは社員の翻訳家ではなく、社外の翻訳家であることが多いです。というのも、社内に翻訳家は最低限しかおらず、クライアントからの案件の増減に合わせて対応できるように、フリーランスの翻訳家に依頼しています。そうすることで、人件費や固定費を削減することにも結びついています。

なので、実績がまだない翻訳家ほど、翻訳会社との関係は重要になってきます。翻訳会社の登録翻訳家になり、案件を案内してもらえるようにしましょう。登録翻訳家になるためには、会社ごとに行われているトライアルをうける必要があり、これに合格することで、登録翻訳家としての1歩を踏み出せます。

トライアルは「この翻訳家に仕事を任せて問題ないか」を判断するためのもので、様々な視点より受験者の能力を計るためのものです。登録翻訳家になれば、ビジネス書や法律関係の文章など、言語以外での知識の有無についても見られます。また、こういった知識がないと文章の作者が意図するものまで翻訳することが困難になるので、文章をそのまま翻訳できているかという以外の点もしっかりとみられることになります。

中国語翻訳家になるために!応募の手順と準備

中国語の翻訳家になるためにはまずは中国語を扱う翻訳会社を探し、その会社で行っているトライアルに応募することから始めましょう。

トライアルに応募してから、合否通知までの手順をみてみましょう。トライアルは各会社のホームページで求人が出ているかどうかを確認してもいいですし、通訳翻訳ジャーナルのような雑誌にも求人が掲載されています。応募したい求人が決まれば、求人欄に従い、職歴や翻訳経験についての情報を送りましょう。

翻訳会社は受け取った情報を元に書類選考をし、トライアルを受ける資格があるかどうかを判断します。なので、提出する書類は手抜きをせず、きっちりと書くようにしないと、トライアルを受ける前に落とされる可能性があります。一次審査の書類審査に合格すればトライアルを受けることができます。

トライアルは多くの場合、メールの添付ファイルで課題の文章が送られてきます。課題には一般的な文章の翻訳と、専門分野の翻訳の両方が含まれています。分量自体はそれほど多くはないので、慣れている人なら短時間で提出できるでしょう。また、翻訳会社によって、文法問題も出すこともあるようです。課題の提出期間ですが1~2週間くらいを指定することが多いです。課題ができたらメールに添付ファイルにして提出しましょう。

課題の審査ですが、会社によって審査基準が変わってきます。例えば、流ちょうな日本語かどうかを基準にする会社もあれば、原文にどれぐらい忠実かを見る会社もあります。このため、経験豊富な翻訳家でもトライアルに落ちることがあります。なので、合格するには翻訳能力以外にも会社との相性もあります。

提出後、数日から数週間でトライアルの合否がメールで届きます。合格していれば契約書類が届きます。これで晴れて翻訳会社の登録翻訳者になれます。不合格の場合もメールで連絡がきますが、不合格の理由については聞くことができません。

また、トライアルに合格したとしても、先に登録されている翻訳家へ仕事がまわることもありますし、合格したといっても実力はまだ全て見きれていないので、少しずつ任されていきます。なので、1つの会社だけでなく、複数の会社のトライアルを受け、複数の会社から仕事がもらえるような状況を作っておくことをお勧めします。

トライアル合格のために知っておきたいポイント

トライアルの合格のためのポイントをご紹介します。

1つ目が書類審査の書類です。ここで引っ掛かるとトライアル自体受けることができなくなるので、気を抜かずに書きましょう。

2つ目がどこまでが1語なのかという、単語の分析です。トライアルの目的は「きちんと翻訳ができるのか」つまり、文章を細かい所まできちんと見ることができているか見極めるということです。そのためひっかけ問題も含まれています。修飾語など、どこまでが目的語の単語を説明したものなのか、どこまでが主語にあたるのかといったことが分かりにくい文章を問題になることがあります。そういう時にあまり考えずに翻訳すると、一発アウトで不合格になることもあります。学生の時のような1時間や2時間の制限のあるテストではないので「わかりずらい」と思ったのなら、じっくりと文章と向き合いましょう。

3つ目が油断せず、本当にこれでいいのか、翻訳した文章を何回も確認しましょう。翻訳には完璧な解答は存在しませんが、意味が通らないと翻訳の意味がありません。また、意味が通っていても原文の内容からそれてしまっては、それはそれで意味がなくなってしまいます。一度「これで大丈夫」と思っても、本当にこれで提出しても大丈夫か、訳語がおかしくないか、話の流れはスムーズなのか、しっかりと確認することが必要です。こうやって疑いの目で自身の翻訳を確認する事で、思い込みで翻訳するのを防げますし、何回も読むことで間違いに気づくことができます。あくまでの翻訳で大事なのは原文に忠実であることです。原文の意図をわかりやすくすることも大事ですが、自身の勝手な解釈を入れないようにしましょう。

4つ目が日本語でも意味が分かりにくい単語の翻訳です。専門分野の単語ですと日本語でも意味が分かりにくいことがあります。そのような時は、中中辞典や国語辞典を活用し、理解を深めることで、意味が通る翻訳をすることに繋げられます。

まとめ

中国語の翻訳家になるにはまず、翻訳会社のトライアルを受けましょう。トライアルに合格することで、必要な技術があると認めてもらえ、翻訳の仕事ができるようになります。

試験の応募手順としては会社のホームページや翻訳雑誌の求人を探し、必要書類を準備しましょう。書類審査に通れば、トライアルを受けることができます。トライアル合格にもいくつかポイントがあるので、そこをしっかりと抑えましょう。

複数の会社のトライアルを受けて合格する事で、できる仕事数も増やすことができますし、経験を積むことができます。