> 翻訳会社に中国語の契約書の翻訳を依頼したら料金は高くなる?
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社に中国語の契約書の翻訳を依頼したら料金は高くなる?

翻訳会社では様々なものを翻訳してくれます。その中で契約書分野では海外企業との取引に関わるものや、自社の技術に関わるものなど、専門的でかつビジネスの要素が入った内容となります。

そのため翻訳会社選びではどこに依頼すべきか、そして料金はどれぐらいになるのか心配に思う方も多いです。今回は契約書分野の翻訳に関する情報をお伝えいたします。

翻訳会社と契約書の種類

グローバル社会になるにつれ、ビジネスでも翻訳は欠かせないものとなっています。特に、海外企業との技術提携など、契約を結ぶ機会がある会社にとって、契約書はお互いの利益や権利を守る上で重要です。

契約書分野の翻訳で扱うものは幅広いです。例えば秘密保持契約、ライセンス契約、サービス契約、M&A契約、販売代理店契約などがあります。どれもそのまま訳するだけでは不十分になりやすいものばかりなので、翻訳を依頼する際には十分な打ち合わせが必要です。打ち合わせの際には、翻訳を一字一句欠かさずした方がいいのか、訳しなくていい箇所があるのか、納期に遅れた場合の見返りはあるのか、無償修正期間はあるのか、見積もりした価格が依頼後変更される可能性があるのか、これらの事柄は急ぎの案件でも確認するようにしましょう。

契約翻訳の質に関するポイント

契約書の翻訳は一般的な文章の翻訳よりも注意が必要です。なぜなら契約書は当事者らの権利や義務に関する事が明記されており、双方で行き来する金銭に関する事も含まれるので、誤訳や違った解釈の内容になると、当事者らの利益や権利が損なわれる可能性が出てきます。

では受け取った原文をそのまま翻訳をすればいいのかと言うと、それでも別の問題がでてきます。それは世界的にみて日本の契約書は比較的曖昧な書き方で、全体的にボリュームが少ないことが多いからです。それは何故かと言うと、日本企業同士で契約書を結ぶ際は、双方の信頼関係を土台にしているので、細かいことまで文章化しないことが多いからです。万が一何かしらの問題が発生した時には調停の場をその都度設ければいいというスタイルなので、詳細に明記する必要性が少ないと考えられています。

しかし、国際的には日本の契約書スタイルはあまりなく、何か問題が起これば契約書に従うことが多いです。そのため、考えられるリスクを検討し、それを文章化していきます。そのため契約書は複雑化し、項目が多いものになりやすいです。

契約書は日本語と中国語の2つ作成する場合と、英語のみを作成し当事者が所有する場合がよくあります。どちらの場合でも、先ほどお伝えの違いを踏まえた上で、原文に当事者らの考えをしっかりと反映させた翻訳にしなくてはいけません。この点が出来上がった翻訳の質に差を作ります。

中国語の語学力でも翻訳の質に差がでてきます。それは訳された文章の意味が通るか、ビジネスに適した表現がされているか、というのはもちろん満たされなくてはいけませんが、ネイティブの中国人が読んでも契約書の文章が読みやすいかどうか、自然な中国語になっているかということがとても重要です。1文1文の内容が理解できる文章になっていても「中国人ならこういった表現はあまり使用しない」ということも実際にありますし、それが多い翻訳では結果的に読みづらい、理解しにくい翻訳になってしまいます。もしかしたら、原文が意図しない内容になってしまう可能性もでてきてしまいます。そうなっては質のいい翻訳とはいえません。

これらのことから、契約書の翻訳を質のいいものにするには、日本と海外の契約書のスタイルの違いについて理解しつつ、契約書に適した中国語の理解が必要です。

料金に関わる?実務的ポイント

翻訳の料金は文字数、翻訳対象の分野、翻訳のレベルの3つのポイントで決められます。そのため、各翻訳会社のホームページには例えば20円~といった書き方がされています。文章が長く、専門性が高く、さらに翻訳に求める精度が高い物ほど料金は高くなります。

翻訳会社の料金表を見ると、1単語あたりいくらから、1文字当たりいくらからといった記載のされ方をしていることが多いです。翻訳会社によってはA4の用紙1枚あたりいくらという料金の決め方をしていることもあります。どちらにしても、最低料金を記載しているので、専門性の高さなど、他の要素が加わると単価が高くなる仕組みです。

専門性でいうと、契約書分野は高くなりやすい分野です。それは語学力の中でもビジネスの文書に精通している必要があること、国際標準の契約書の書き方も知っておかないと双方に分かりやすいものにならないからです。また、技術協定のように技術のことに関する内容も含まれるので、専門的な技術に関する知識や表現力も必要となってきます。

翻訳の精度も読む相手によって変わってきます。例えば、この契約書に書かれた内容が知りたいから翻訳してほしい、というレベルなら意味が分かる程度の翻訳で問題はないですが、契約を結ぶという時や、商標の登録用紙を中国の特許庁に出すと言った時は、決められた書式で、文章もビジネス仕様で翻訳しなければ実際に使う事が出来なくなってしまいます。

これらの3つのポイントで基本的な料金が組まれ、さらにネイティブチェックの有無など精度を高めるためのサービスや、クライアントが指定する書式や図式処理するコストが負荷されることで料金がプラスになることもあります。

見積もりの段階までにこの料金以外で確認したいのが、翻訳会社のセキュリティ体制とその翻訳会社が信用できるかという点です。契約書の翻訳を外部委託するのでしたらセキュリティ体制はかなり重要です。契約書の内容は本来なら当事者である会社同士しか知りえない内容であり、技術協定やM&A契約でしたらその内容が漏れると大きな損害になりかねません。

セキュリティが万全かは、情報セキュリティポリシーが策定されているか、技術的な対策をしてパソコン内のデータを守れているか、人の出入りや閲覧の制限などで物理的制限を行っているか、社員教育ができているかを確認すればわかりますので、積極的に質問しましょう。

翻訳会社が信用できるかは、ウェブ上に公開されている情報から判断できます。翻訳業界は人の入れ替わりが多い業界なので、安心して任せられる会社選びには注意が必要です。会社情報が載っているか、経営陣や翻訳者の写真や経歴がしっかりと載っていれば比較的安心できる翻訳会社といえるでしょう。

まとめ

契約書分野の翻訳は専門性が高く、契約を交わす当事者である企業が権利や義務を守るためには正確性も求められる翻訳分野です。

質の高い翻訳をするには、日本と国際標準の契約書の書き方の違いを知り、ビジネス中国語も知っておかないといけません。契約書分野の翻訳は分量や専門性、高い精度が必要ということから料金は高くなりやすいです。それでも、入れ替わりが激しい業界である翻訳業界の中で、信頼できる翻訳会社に依頼するためには、クライアント側が下調べをし、必要事項を翻訳会社に確認し、費用にばかり固執せずに、安心感のある会社に依頼しましょう。