> マーケティングを中国語翻訳会社に依頼すると料金はいくらぐらい?
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

マーケティングを中国語翻訳会社に依頼すると料金はいくらぐらい?

翻訳会社は様々なものを翻訳します。1つの会社で複数の分野の翻訳を引き受けていることもありますが、得意な分野や実績の多い分野があることもあります。専門分野の1つにマーケティングがあり、高い翻訳技術を必要とします。

翻訳が難しくなればなるほど、コストは高くなりやすいです。マーケティングの翻訳の場合はどうなのでしょうか。翻訳会社の選び方と合わせて見てみましょう。

翻訳はマーケティングに欠かせないもの

国内のみで事業を展開する企業でも、海外にも事業を展開する企業でも、戦略を考える上でマーケティングは重要なものです。しかし、そのマーケティングを翻訳することも同じぐらい重要なものとなります。

例えば、日本企業が中国に販路を広げたいという時に、中国のマーケティング調査をすることでしょう。その結果を中国企業にプレゼンするとなると、調査結果を中国語に翻訳し、中国企業に対してアピールする必要があります。調査内容が有利なものでも翻訳が芳しくない物でしたら中国企業へのアプローチはうまくいきにくいでしょう。

こういったことから、海外企業を相手にするのであれば、翻訳は欠かせない物です。翻訳というと「訳すればいいのだから、中国語が出来る人が社内にいるのであればその人にやってもらえばいいのでは?」と思うかもしれません。もしも翻訳するものがマニュアルや契約書など、ある程度定形があり、表現方法が一定のものであればそれでも問題ないのかもしれません。しかし、マーケティング翻訳はそうはいかないこともあります。それは、マーケティングは時と場合によって状況が変わるからです。流行るものや経済が変われば、表現や使用すべき単語が変わりますし、変えていかないと読み手の受け取り方に大きな違いが生まれることもあります。

マーケティング翻訳の場合、読み手には2種類あります。1つは商品を購入する消費者、もう1つが企業です。消費者の場合、購買意欲を掻き立て、分かりやすい表現の翻訳が必要になります。一方、企業相手の場合、専門用語も入るので、専門用語を理解した上で、ビジネス文章に翻訳しなくてはいけません。なので、読み手が誰なのかを意識して、翻訳をしなければ読み手の心に響く翻訳ができなくなってしまいます。

依頼する中国語翻訳会社をどう選ぶ?

翻訳会社を選ぶ際に注意したいことがいくつかあります。ネットで探せば翻訳会社は数えきれないぐらいでてきます。選ぶ際には決めるポイントも重要になります。例えば、納期を優先し、一番早く納品できる会社にするのか、コストに重点を置き、一番費用が安く済む会社にするのか。まずはそこをはっきりさせましょう。

とはいえ、マーケティング翻訳は専門性の高い翻訳になるので、これに関しては専門性の有無についても確認が不可欠です。早くて安くても、翻訳の内容がイマイチではビジネスに使えません。マーケティング翻訳に対応できるのかは、その翻訳会社のホームページ等に載っている対応可能な分野を参考にするか、もしくは過去の実績として載せているページを参考にするといいでしょう。実績を確認する際は「マーケティング翻訳をしたことがある」以外に、どの程度の分量の翻訳をしたことがあるか、もしも可能であればマーケティング翻訳の中でももっと細かな内容を聞けるとより確かですね。

以上を踏まえた上で、以下ポイントも確認しましょう。

まずは、ネイティブスピーカーによるチェックをしてもらえるかです。翻訳作業の後工程で、ネイティブによる校正が含まれているのか正式に依頼する前に確認しましょう。翻訳された文章の意味はわかるけれどネイティブにとっては不自然な表現であることもあります。そういった箇所を修正するサービスがネイティブチェックです。文法やスペルミス、特に日本語への翻訳の場合、漢字間違いや送り仮名のミスの修正をしてもらい、より読みやすい文章にすることができます。中国の企業に読んでもらうものや公的文書であれば、この校正は必ずしてもらうようにして、信頼獲得に繋げるようにしましょう。

翻訳会社に依頼する以外に、フリーランスに依頼する方法もありますが、その際に注意すべきは、その人が1人で仕事をしているのか、チームで仕事をしているのかも判断する上で大きな判断材料になります。何故かと言うと、料金やクオリティに差が出てくるからです。

料金は少し高め

翻訳の料金は、文字数、翻訳対象の分野、翻訳のレベルによって決まります。
翻訳の料金は一般的に1単語あたり、1文字当たりで計算されますので、分量が多いとそれだけ料金も高くなります。翻訳会社によっては用紙1枚あたりいくらで計算されることもあります。

翻訳は専門性が上がれば上がるほど、費用は高くなりがちです。マーケティングは扱う翻訳の種類が多く、読み手の違いで翻訳の仕方も変わってくる分野です。マーケティング自体の知識も必要ですが、クライアントの扱う事業や商品、技術の知識がないと翻訳が困難になることもあります。そういったことから、マーケティング翻訳は専門性が高い分野になります。

また、翻訳語のネイティブチェッカーの利用や、チェック工程を多くすると、料金は高めになりがちです。書かれている内容を把握したいぐらいでしたらそれほど精度が高くなくても問題はないかもしれませんが、消費者向けのホームページやポスター、企業向けのプレゼン資料でしたらそういうわけにもいきません。そのため、見積もり前にこちらの翻訳の精度に関する要望の打ち合わせをしっかりと行い、そのことを翻訳会社に伝えて、見積書を作成してもらうようにすべきです。もちろん見積もりは複数の会社に依頼しましょう。精度も重要ですが、予算もありますので、双方をすり合わせてどこの会社に依頼するかを決めましょう。

正確な見積もりを出してもらうために準備しておきたいのが、翻訳対象の文章と参考資料の準備、スケジュール決め、読み手の明確化、翻訳以外の作業の有無です。文章が決まっていれば分量がわかるので見積もりもしやすくなります。納期に関しても、急ぎの翻訳となると特別料金が発生することがあるので、予め決めておく必要があります。

読み手の明確化は、読み手によって翻訳の精度が変わってくるのでこれも料金に左右してきます。翻訳以外の作業ですが、例えば寄稿先のフォーマットに合わせたい、DTP作業を任せたい、となると別料金になることもあります。対応できるかは翻訳会社によって違うので必要なら伝えましょう。

まとめ

マーケティングは国内外問わず必要なものとなり、それと共にマーケティングに関わる翻訳の需要も伸びています。マーケティング翻訳は専門性が高分野で、翻訳スキルも高いレベルが必要となることが多いです。

そのため、翻訳会社選びは重要です。マーケティングに関するこれまでの翻訳の実績や、校正など対応しているサービスを確認しつつ、納期や必要な翻訳の精度を伝えて、一番ニーズと合った翻訳会社を選ぶようにしましょう。

料金は比較的高めになりやすいですが、必要な精度やサービスを考えて、折り合いをつけるようにし、マーケティングを成功させましょう。