> マーケティングの翻訳は依頼先の中国語翻訳会社が重要!依頼方法は?
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

マーケティングの翻訳は依頼先の中国語翻訳会社が重要!依頼方法は?

マーケティングは国内の企業が国内に対して行う時でも欠かせないものです。それは国内の企業が中国に進出する時でもマーケティングは必要不可欠です。

マーケティング翻訳といっても扱う翻訳の種類は多岐にわたります。どこからマーケティングしていくか、翻訳が必要かを考えなくてはいけません。自社で行うこともあるようですが、翻訳のプロである翻訳会社に依頼する方が確実な成果を見込めるでしょう。今回は翻訳会社に依頼する時の注意点や依頼方法についてまとめました。

翻訳はマーケティングにとても大事

マーケティングに関する翻訳の分野には顧客向けと企業向けとがあります。顧客向けで言うとホームページや宣伝用パンフレットの翻訳、企業向けでは企画書や広告の提案書の翻訳などがあります。前者は分かりやすさ、伝わりやすさが重要となる一方で、後者は専門用語が含まれ、きちんとしたビジネス文章での翻訳が求められます。後者はこれから進出していく!という場面では相手企業とのコミュニケーションにも関わりますし、情報を正確に把握するためにも、正確な翻訳でないと今後の方針にも影響してしまいます。

もっと具体的にマーケティング分野の翻訳例を挙げますと、商品企画資料翻訳、市場調査報告書の翻訳、製品説明書の翻訳、ウェブページの翻訳などがあります。マーケティングに関する専門知識ももちろん必要ですが、クライアントの業種に関する知識も正確な翻訳に必要になってきます。

ただし、顧客向けのパンフレットやホームページの翻訳となると、中国語や日本語の文化的背景による受け取り方の違いについても理解しないと、日本では問題なかったコンテンツでも、中国では購買意欲を落とすような内容になる可能性もあります。そういった意味では思い切った意訳も必要になってくるかもしれません。

こういったことから、マーケティング分野の翻訳は専門性、難易度が高い仕事で、専門知識、経験、そして柔軟な対応ができることが必要といえるでしょう。

マニュアルや書類の翻訳では定形の表現があり、よくある言い回しもあるのに対して、マーケティングの場合は常に状況が変わります。同じ業界のマーケティングの翻訳でも流行るものが変われば表現や単語に違いが出てきます。また、消費者の購買意欲を掻き立てる表現も時代ごとに変わってきます。最近ではAI翻訳も使われるようになりましたが、このようなマーケティング翻訳の特徴からまだまだ対応しきれていないのが実情で、人による翻訳が必要です。国内外問わず、また日本語から中国語、中国語から日本語への翻訳で、商品やサービスのイメージを損なわず表現することがプロのマーケティング翻訳の仕事となります。

マーケティングを成功させるためには、翻訳が消費者や会社の今後の方向性に与える影響力についてしっかりと理解し、マーケティング翻訳を行わないといけません。

翻訳会社に依頼する時の注意点

翻訳を翻訳会社に依頼するのであれば、希望するクオリティの翻訳をしてもらいたいです。マーケティングに失敗しないためには翻訳会社選びが重要となってきますので、そうするためのポイントをまとめました。

1つはネイティブチェックの料金が含まれているかを見積もりの時に確認する事です。ネイティブチェックとは出来上がった翻訳をネイティブによって校正するサービスです。翻訳された文章が文法的には間違っていなくても、ネイティブにとっては不自然な訳になっていることがあります。そういった不自然な言い回しや文法、単語をチェックしてもらう事でより精度の高い翻訳にすることができます。このサービス料金が含まれての見積もり料金なら問題ないですが、別にかかる場合は料金について詳細を聞いてみましょう。

内容に関して、専門知識を持った人が対応してくれる翻訳会社を選ぶことをお勧めします。いくら中国語の翻訳に優れていても、マーケティングに疎い人とそうでない人では翻訳された文章にも差がでてきます。専門用語の訳でも、日本語に訳した方がいいのか、英語のカタカナ表記の方が分かりやすいのか、そういった判断ができないと訳が不自然になってしまうこともあります。専門的な内容ほど料金は上がる傾向にありますが、それは翻訳の内容にも現れるので見積もりの際は安さだけでなく、他のことにも目を向けるようにしましょう。

フリーランスの翻訳家に依頼することもできます。その際は翻訳家のプロフィールを確認しましょう。過去にどのような分野の翻訳をしていたか、どれぐらいの量の翻訳をしたことがあるのか、この2点は特に確認すべき点として重要です。また、その人が1人で仕事をしているのか、もしくはチームで仕事をしているのかで、納期、コスト、クオリティが変わってくるので、見積もりを依頼する際はそういったことも確認してみましょう。

そして、もう1つ重要なのが、クライアント側が的確な資料や情報を集め、翻訳会社に提供することです。適格な翻訳を作成するのは翻訳会社の仕事にはなりますが、元となる原文を提供するのはクライアントです。作業を翻訳会社に一任するのではなく、うまく提携できるようにしましょう。

中国語翻訳の依頼方法は?

大きく2つあり、翻訳会社に依頼する方法と、クラウドソーシングを使ってフリーランスの翻訳家に依頼する方法です

翻訳会社に依頼する場合、ネットで検索するとたくさんの翻訳会社の情報を見ることができます。過去の実績や得意な分野など、情報を確認することも可能なので、見積もり依頼の前にできる限り見ておくと安心です。料金に関しても、文字単価いくらからできるか載せている所も多いですし、事前に翻訳文章をアップロードして大まかな見積もりをしてくれる会社もあります。注意点でお伝えの通り、料金だけでなく、実績やネイティブチェックといったサービスについても確認しておきましょう。

フリーランスに依頼すると、翻訳会社に依頼するよりも比較的安価に、しかも柔軟な対応をしてくれることが多いのがメリットです。その一方で、個人とのやり取りになるので報酬の決め方や翻訳のクオリティに関して、その方次第な所があるのがデメリットになります。依頼する際は過去の実績や主に扱う翻訳の分野に関して確認する点は翻訳会社に依頼する時と同様、しっかりと見るようにしましょう。

まとめ

マーケティングは海外との仕事がある企業には欠かせないものです。そして、そのマーケティングを成功させるにはいかにいい翻訳ができるかが重要になってきます。翻訳は読み手である、相手先の企業や消費者の心に響く文章が作れるかにかかっています。AI翻訳にはできない自然な文章や読みやすい文章にできるかが、マーケティング翻訳の役割となってきます。

良い翻訳のためには翻訳会社選びが重要となりますが、そのポイントを押さえ、料金やクオリティにも納得のいく会社を選ぶようにしましょう。依頼の方法としては、翻訳会社に依頼する方法と、フリーランスに依頼する方法がありますが、どちらに依頼するにしても、過去の実績、見積もりに含まれるサービスを確認することが大切です。