> 翻訳会社に国際関係の翻訳を依頼すると必要になる料金を徹底調査!
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社に国際関係の翻訳を依頼すると必要になる料金を徹底調査!

国際関係分野の論文は、日本のみならず海外にも呼んでもらえるようにしておかなければなりません。もちろんその逆で、海外の論文を日本語に直して読んでおくことも大切です。

しかし、翻訳するには特別な訓練と技術が必要です。研究者の皆さんは翻訳にかける時間が惜しいですよね。そこで、専門的な翻訳会社に翻訳を依頼することで、とても素早く論文を翻訳してもらうことができるんです。

ここでは、そんな便利な翻訳会社について料金を中心に、たっぷり解説していきますので、チェックしてくださいね。

翻訳してもらうにはいくらかかる?気になる料金を調査

実際に論文を翻訳してもらうと、いくらくらいかかると思いますか?また、皆さんが依頼するときは、いくらくらいが一番良いでしょうか。もちろん、安い方は助かりますよね。では、ここでは国際関係関連の論文についての翻訳会社の料金について見ていきましょう。

まず、翻訳会社ごとに料金設定は異なります。たいていの翻訳会社は一字ごとに価格を設定しており、一字に全体の文字数をかけ算することで料金が決定されます。一字は十円から二十円程度という設定が多いですが、日本語から英語にするのか、英語から日本語にするのかによっても料金が異なってきますので、各会社ごとに確認しなければなりません。

英語にするのか、中国語にするのか、他の外国語に翻訳するのかによっても値段は異なってきます。マイナーな言語だと、英語よりも高く設定されていたりすることもあるので、こちらも確認して置く必要があります。

また、どれくらいの日数で翻訳をしてもらうのかによっても値段が異なってきます通常の翻訳会社であれば、一週間程度で翻訳をしてくれます。しかし、場合によってはもっと早く納品をしてくれないと困るという状況に陥ることもありますよね。

そこで、利用できるサービスとして通常よりも早く納品してもらえる「スピードコース」などが会社によっては設置されています。会社によってどれくらい急いでやってくれるのかは異なりますが、多くは一週間かかる翻訳が半分くらいの日数で終えてくれるようです。

中には、夕方に原稿を受け取って、翌朝に納品してくれる会社もあるようです。スピードコースは基本的に、通常の価格に上乗せして料金が算出されるので、少し割高になります。どうしても、という方は利用を考えてみてはいかがでしょうか。

また、翻訳してもらう文章が雑誌やジャーナルに投稿する論文である場合、翻訳方法を投稿先に合わせる必要があります。会社によっては、投稿規定に照らし合わせながら翻訳してくれるというサービスもありますが、こちらも上乗せ料金になってきますので、割高になってしまいます。

逆に、割引してもらえるケースもあります。依頼した翻訳会社が初回での利用であったり、文字数が会社の規定した以上になると、ちょっとお安くなることもあるようです。

他にも、料金については様々な設定やオプションサービスが用意されていることがあります。ですので、依頼をする際は何件か候補を作っておくことをおすすめします。見積もりが出たら、会社ごとに価格を確認し、自分の満足するように選択していきましょう!

業者ごとに見積もりは異なる!

業者ごとに見積もりや価格設定は異なります。ですので、皆さんがもし翻訳会社に翻訳を依頼するときになったら、一社のみに見積もりを依頼するのでは無く、国際関係を専門とうたっている会社の全てに見積もりを依頼するという気持ちで依頼すべきです。

見積もりを見てみると、大きな差額はないように見えるかもしれませんが、割増や割引がきいているケースがあります。自分が調べたときには確認しそびれてしまっていたサービスのおかげで、安く済ませることが可能になるかもしれないので、見積もりは重要ですよ。

また、価格設定には疑問がつきものです。あの言語で依頼したいけれど、会社のホームページには記載されていない、という場合は、メールなどで問い合わせてみると、対応してもらえる場合があるので、一度聞いてみてくださいね。

料金と質は関連するの?

料金がどのように算出されるのかについて、先ほどまで説明をしてきました。割増料金や割引が適用される例などをご紹介してきましたが、ここでは「料金は会社ごとによる」という異に注目して説明をしていきたいと思います。

先ほども説明したように、料金は会社ごとの設定によります。とある会社での見積もりはいくらで、別の会社の見積もりはいくらで、と違ってきます。

そこで、一番チェックしなければならないのは価格だけではありません。なぜ、その値段になったのかということを確認しておく必要があります。

なぜやらなければいけないのかというと、会社によっては値段によってクオリティがいまいちなケースがあるからなんです。外国語の論文を読みたいから翻訳をしてもらう場合であれば、ある程度のクオリティの低さには目をつぶることができるかもしれません。

しかし、皆さんが丹精込めて書き上げた論文を海外の研究者にも見てもらうために翻訳を依頼したのに、自分の意図したことが読み取られないような翻訳になってしまったら本末転倒です。

ですので、クオリティを確認するという上で、金額をチェックする点も重要です。もちろん、お金がかかる前にクオリティを見抜くコツもあります。それは、「トライアル翻訳」というサービスを利用するというコツです。

「トライアル翻訳」とは、正式に翻訳を依頼する前に、論文の一部分を無料で翻訳会社が翻訳するというサービスです。一部分だけですので、完全に実力を測ることができるわけではありませんが、ある程度の能力をチェックできます。

多くの会社が取り入れているので、何社か会社の候補をしぼったら、全てにトライアル翻訳を依頼するようにしてみましょう。依頼するのも簡単で、メールやサイトに設置されているフォームに添付すれば、数日後に送ってきてくれますよ。

価格によって質が左右されるとは言いがたい点も多いのですが、あまりにも安価な場合ではクオリティが下がっていることも多いことが現状です。そこで、見抜くためのもう一つのコツは、「実績確認」です。依頼しようと考えている翻訳会社が以前にどんな研究所から翻訳を委託されたのかを確認しましょう。

大手の研究所や、政府などが利用しているのであれば、ほぼクオリティについては心配がありません。実績については、会社のホームページに記載されていることが多いですし、もし記載が無い場合は口コミなどを活用して、以前利用したことがある方を探してみるのもおすすめします。

まとめ

ここまで、国際関係を専門とする翻訳会社の料金体系について説明をしてきました。様々なサービスが用意されており、選択によって割増になったり割引がきいたりしますので、一番ベストな選択をしてくださいね。

しかし、価格とクオリティが比例することもあります。あまりにも安い場合は、何かあると疑ってください。このような会社に引っかからないために、複数の会社に見積もりやトライアル翻訳を依頼することで、未然に防ぎましょう!

たくさんの会社の中から希望に沿う会社を選ぶお手伝いに、このページを参考にしてくださいね。