> 翻訳会社でアルバイトしたい!必要なスキルって何?
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社でアルバイトしたい!必要なスキルって何?

大学の外国語学部の学生が翻訳のアルバイトをしていることは珍しくありません。現役学生でなくとも、留学経験や元々の語学スキルを活かしたいといった動機もあるでしょう。翻訳会社のアルバイトを希望する際に必要なスキルにはどういったものがあるのか、解説していきます。まずは語学力ですが、それはどの程度必要なのでしょう。また、アルバイトとして採用されやすくなるために必要なスキルにはどういったものがあるのかも見ていきたいと思います。

どの程度の語学力が必要?

アルバイト応募の前提として必要なスキルは、語学力ですよね。中国語の翻訳をしたい場合には、中国語だけでなく日本語の語学力についても磨かなくてはなりません。原文の意味をきちんと読み取り、それを別の言語に訳すので、双方の語彙力・語学力・表現力が必須です。どの程度の語学力が必要かを定義づけすることは難しいのですが、どんなケースにおいても大切なのは、原文に書かれた内容を「理解」することです。

どんな文章でも、間違いがないとは限りません。案件によっては、原文自体がスムーズな文章でないこともあります。そのため文意や意図をしっかりと読み取って、必要であれば翻訳する際に言葉を補うことも求められます。そのためやはり、2つの言語を翻訳者として適切に使いこなせることが欠かせません。

言語以外に必要なスキル

言語能力に問題がなくても、必要なスキルが他にもあります。ここでは2つ、一般的なビジネススキルとリサーチ力を取り上げておきたいと思います。まずビジネススキルについて。翻訳という仕事には、高い語学力と実績が重視されます。そのため学生でも採用されたりアルバイトでもきちんと仕事を与えられたりするのですが、その分社会人と同じくビジネススキルは身につけておきたいものです。決して難しく考える必要はないので、ビジネスメールの書き方を知っておく、期日を守るなど、基本的なことを押さえておきましょう。

そしてもう一つは、リサーチ力です。同じ言葉でも、ある分野では別の意味として使わていることもあります。ニュアンスの違いが内容に大きく影響してくることもあります。依頼を受けた仕事に関する知識や情報をしっかりと調査したうえで翻訳に挑む、リサーチ力が欠かせないのです。

他人との差別化を意識しよう

翻訳会社のアルバイトとして仕事を手に入れたい、活躍したいと考えるならば、他の翻訳家たちとの差別化を図ることです。もちろん、まずは依頼された仕事をきちんとこなして経験を積んでいくことが最優先です。その中で何か興味のある分野や得意な分野が見つかったら、それを究めていくことをおすすめします。専門性の高さが、きっとあなたの強みとなっていくはずです。

将来正社員として働きたい、もしくはフリーランスとして活躍したいなどの目標を実現させるためには、アピールできる強みを持っておくのが得策です。その分、積極的に学ぶ姿勢や情報収集を怠らず、専門性を磨いていきましょう。

まとめ

翻訳会社でアルバイトをする際に必要なスキルは主に3つ、語学力、ビジネススキル、リサーチ力です。それらを活かして仕事をこなしていくうちに、さらに専門性を磨けば、翻訳家としてのさらなる飛躍につながることでしょう。アルバイトとしてとにかくたくさんの経験をして、より専門的なスキルを習得していくのが成功への第一歩です。それは将来正社員として翻訳会社で働く際にも、フリーランスとして稼ぐ際にも役立つことでしょう。