> 医学の翻訳は料金が高い?翻訳会社の価格を徹底調査!
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

医学の翻訳は料金が高い?翻訳会社の価格を徹底調査!

医学論文は、国内のみならず国外の病気で苦しんでいる人を救うヒントをたくさん含んでいます。そこで、英語などに翻訳することで多くの人が詠み、学ぶことができるようになります。

しかし、自分で論文を英語にしていくのはとても大変ですよね。最近では、翻訳会社も多くありますので、翻訳は依頼してしまいましょう!医学論文の料金はどのように設定されているのか、また安心して任せることのできる翻訳会社はどういうところなのか、という見分け方のチェックポイントもご紹介していきます。

専門の会社に翻訳を依頼した際の料金体系は?

医学専門の翻訳会社に依頼する際に、どのように料金が出されてくるのでしょうか。ここでは、そんな料金設定の方法についてご説明していきます。

多くの翻訳会社は一字につきいくらという風に設定されています。サービスによって料金が異なりますが、多くは一字十円から二十円などです。他にも四百字につきいくら、というように会社ごとに設定のやり方は異なっていますので、依頼する候補の会社ごとに確認してくださいね。

会社によって変化しますが、割引や割増が設定されていることもあります。初回利用であったり、学生の依頼、ある一定の文字数を超えたりしたら割引がされるところもあります。割増は、論文投稿規定に合わせて翻訳をしてもらう必要があったりすると、追加料金がなされることもあります。

医学は難度が高いから高額って本当?

医学論文は専門分野に特化しており、難度が高いから高額になるという話を聞いたことはありませんか?では、どんな風に高額なのか、そもそも高額って本当なのかどうかをチェックしていきましょう。

まず、翻訳するための料金は、一字につき何円という設定されている会社が多いです。目安としてですが、一字につき十円から二十円程度が良くみられる料金設定です。全体で算出してみると、下限は数千円から、上限は数十万円までいくことがあるようです。

数千戦だと、それほど高額ではありませんし、数十万円にまでなってしまうのは通常のコースにプラスしてオプションを付けているためですので、自分で必要なサービスを選択するようにすればコストは抑えることができるようになります。

そのオプションを少しご紹介しましょう。まず、翻訳した論文を雑誌やジャーナルに投稿する場合は、その規定に合うようにフォーマットを合わせてもらわなければなりません。通常の一字いくらにプラスされた料金を算出されます。

他には、今すぐ翻訳をしてもらわなければ困る、というケースに対応するために割増をするというケースも存在しています。たいていの会社は、分量にもよりますが一週間程度で翻訳を追えますが、それを半分くらいの納期にしてくれることもあるんです。

逆に、割引などもあります。初回利用であれば、多くの会社で数パーセントの割引がついてきます。また、文字数が一定以上を超えると割引がつけられる、という会社もありました。

皆さんの用途に合わせてうまく利用すれば、割増になることがあっても割引などを使って安く済ませることもできます。ぜひ、それぞれの翻訳会社のサイトでチェックしてみてください。

安心できる料金設定の業者を見つけるために

では、安心して任せることのできる翻訳会社には、どんな条件が求められているのでしょうか。安価な翻訳会社はたくさんありますし、他にも魅力的なサービスをうたっている会社もありますが、やはり医学論文は難度が高く、長年の実績のある会社である必要があります。

医学論文は、内容もかなり専門的で、その分野のことをしっかり理解している方でないと正しく文脈を理解し、相手に伝わるような論文にすることは不可能です。医学分野に造詣がある翻訳者でも、医学分野の進歩は急速であり、しっかり理解しながら翻訳できる人はごく少数です。

また、分野の難解さと共に、どういうことを主題にしているのか、専門用語の訳は本当にそれで良いのかをチェックしなければなりません。翻訳したものを雑誌投稿やジャーナル投稿をする際には、その要綱も確認しながら、適切に訳出できる翻訳者が必要になってきます。

皆さんの長年の成果であったり、時間をかけて練り上げた論文ですので、正しく訳出をしてもらわなければ困りますよね。しかし、技術的にはイマイチな会社があることも事実です。さらに、医療分野の論文は料金が他よりも高い場合があるので、もしイマイチな訳であり、別会社に依頼するとなると、さらにお金がかかってしまいます。

イマイチな会社なのか、素晴らしい会社なのか、どうやって見分けるべきなのでしょうか。そこで、「サンプル翻訳」というサービスをご紹介したいと思います。何度も利用されている方はご存知かもしれませんし、初めて聞いたという方も知っておくと便利です。

「サンプル翻訳」とは、無料で論文の一部を翻訳してくれることです。その一部を見れば、翻訳会社の技量をすぐに確認することができます。実は、会社のよしあしはこのように一度依頼して見なければ分からない部分が多いので、「お試し」をしなければならないんです。

もちろん、一社のみではいけません。何社か候補を作っておいて、複数の会社に「サンプル翻訳」を依頼してみてください。安価な会社では、「サンプル翻訳」をしていないところもあるので、そのようなところは候補から除外する方が良いでしょう。

また、良い会社を見つけるには、その会社がコミュニケーションを重要としているかどうかも確認しなければなりません。「大事にしていない会社があるの?」と思われるかもしれませんが、意外と密な連携をとってくれない会社もあるんです。こちらの意向を伝えたのに全く反映されていなかったら、その会社への信頼は失ってしまいます。

見積もりを出してもらう時や、「サンプル翻訳」を依頼した際に、まじめに誠実に対応してくれているかどうかを確実にチェックしましょう。質問などへの回答が適切か、詳しくなされているかも見ておくと、信頼できるかどうかが分かります。

できれば、依頼しようと考えている会社の実績なども確認しておくと良いでしょう。自分の分野と同じ研究者、研究所が利用している場合なら、安心して任せることができます。多くの会社で実績を紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

まとめ

ここまで、医学論文の翻訳会社でかかる料金についてお話してきました。学術論文の翻訳は未知かもしれませんが、ここで少しでも知って頂けたでしょうか。

料金はやはり他の分野よりも少しかかることもありますが、安価過ぎる会社はやめておいた方が無難です。割引など、理由があって安いのであれば良いのですが、サービスも価格に比例することがあります。

安心できる会社かどうかをチェックするためには、「サンプル翻訳」という論文の一部のみを無料で翻訳してもらうサービスを利用してみると良いのでした。老舗会社では必ずあるサービスですので、利用してみてくださいね。もしサービスが無い会社であれば、利用は避けた方がベストです。