> ナレーターの原稿を伝わる内容にするなら翻訳会社に依頼しよう!
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

ナレーターの原稿を伝わる内容にするなら翻訳会社に依頼しよう!

昨今はグローバル化が推進され、会社内などでも公用語を英語にしたり、外国との取引が始まったりしています。その際、問題になってくることはやはり源五では無いでしょうか。英語ならともかく、それ以外の言語に対応することは難しいと諦めてしまってはもったいないです。

最近では、発表会などで外国語に精通したナレーターを派遣してもらったり、発表内容をその言語で作成してくれる会社があります。今回は、そんな外国語のナレーターについてご説明していきます。

ナレーター原稿の翻訳ポイント

ナレーター原稿とはどんなものかご存じでしょうか。例えば、会社の説明や宣伝ビデオなどを作成する際に、海外向けとして様々な外国語で作成したり、会社ごとの打ち合わせで、プレゼン資料として作成したりと、幅は広がっているようです。

そんなナレーター原稿を依頼する際には、知っておきたいポイントがいくつかあります。まず、翻訳会社のクオリティを確認するという点です。翻訳の需要が以前よりも増したことで、ネットで翻訳会社やナレーター原稿作成をしてくれる会社を検索してみると、かなり多くの数の会社がピックアップされてきます。

しかし、会社の中には翻訳をしてもらったけれど、満足のいく翻訳では無かったということが起きてしまうこともあります。特に、安価な会社では、そのような傾向が多いようです。また、最安値の会社に翻訳を依頼したが、機械翻訳のようなものが納品され、結局別の会社に翻訳を依頼することになってしまって、出費が増えてしまったというケースも報告されています。

ですので、皆さんが翻訳を依頼する際には会社のクオリティについてしっかり理解してからでないと失敗してしまいます。翻訳会社の選び方のコツとしては、長年やっているかどうか、依頼者に寄り添う翻訳をするような体制ができている会社か、見積もりは正確にやってくれるのかどうかなどを把握しておかなければなりません。

そこで、重要となってくるのがネットでのサーチです。検索すると、たくさんの会社が出てきますので、いくつか目標にあうサイトを見てみましょう。サイトにしっかりとした説明が掲載されているかどうか、確認してみましょう。

ある程度、候補が絞れたら見積もりを依頼したり、メールや電話で疑問点を聞いてみることが重要です。メールや電話での疑問に対して誠実に答えているかもチェックしてくださいね。会社として社員の教育をしているのかどうかを見ることができます。

依頼者の要望を聞こうとしているかも大切です。意外と、安価でいい加減な仕事をしている会社もあり、一方通行的な対話しかできないこともありますので、信頼できる会社かどうかまずは疑ってかかりましょう。

ナレーター原稿を依頼する際には、著作権や秘密保持の体制が整っているかどうか確認することも必須項目です。通常の翻訳会社であれば、説明内容に記載がされているはずですので、チェックしておきましょう。長い歴史のある会社では、品質管理も確実におこなうので、依頼したいと考えている会社が導入しているかどうかも忘れずに見ておくとベストですよ。

また、皆さんが気になるであろう料金についてもこっそりお話ししていきます。ナレーター原稿の翻訳は、基本的に文字数に指定金額をかけ算して、見積もりが出されます。文字数が多ければ多いほど価格はアップしていきますし、高度な内容を扱う文章であれば、さらに別料金が課されることもあります。会社ごとに設定金額は異なりますので、確認を忘れずにしましょう。

おおよその予算としては、日本語が二千字程度で二万円から三万円位をみておきましょう。依頼する言語によって変化することもありますので、会社に問い合わせてみてください。

対応している言語はさまざま

会社ごとに対応している言語は異なりますが、何十年も翻訳を行っている老舗の翻訳会社であれば、かなりの言語に対応してくれます。例えば、アジアでは重要の高まりが感じられる中国語や韓国語、マレー語やタイ語などもあります。ヨーロッパ圏の言語も対応しており、どこのどんな国でも大丈夫ですね。

サイトに対応言語として記載が無い場合でも、相談をしてみると、対応できるかどうかを教えてくれる会社もありますので、もし自分の依頼したい言語がサイトなどに記載されていない場合、問い合わせてみることをおすすめします。

多彩な言語だけでは無く、ナレーター原稿を依頼する際にはどの専門分野に精通した翻訳会社なのかも確認しておかなければなりません。会社ごとに専門分野があり、得意・不得意があるケースが多いので、自分のニーズに合ったところかどうかも忘れずにチェックしておきましょう。

やはりここでも、会社に問い合わせることでニーズをかなえられる場合がありますので、些細な疑問点でも希望でも、一度メールや電話などで聞いてみると、良い方向に話が進むかもしれませんよ。

納品はどうされているの?

では、翻訳して欲しい内容がある場合、どのように依頼をして、どのように納品がされるのでしょうか。ここでは全体の流れをご説明していきます。一例ですので、依頼したい会社に確認してくださいね。

まずは、翻訳を依頼する原稿を準備しておきましょう。多くの翻訳会社はサイトなどから見積もりを依頼することができますので、メールや電話、サイトの見積もりフォームで問い合わせてみることになります。メールであれば、必須の要項に記載していき、原稿をファイルなどに添付して送ることになります。

電話は、日中に問い合わせることになります。どんな原稿なのか、何字なのかを正確に伝えることができるようにしておくと、スムーズに見積もりを出してもらうことができますよ。電話だと、はっきりと言葉にできていなくとも、「こんな感じをイメージしています」と伝えられる点がメリットですね。

サイトの見積もりフォームに送る場合は、必須項目を埋めていき、ファイルを添付すると早めに見積もりを出してくれるようです。会社によってはすぐに見積もりを出してくれるところも多く、便利な見積もり算出の方法です。

見積もりを確認し、その他の細かな打ち合わせをおこない、正式に依頼することが決まったら、翻訳会社から連絡が来るまで待ちましょう。おおよその作成期間を聞いておくと、目安になるのでおすすめです。

会社ごとに異なりますが、クオリティがしっかりしているかどうかのチェックが施されたあと、納品されます。メールで添付、印刷して紙媒体に、など希望に合わせて納品してくれるところが多いので、一番使い勝手の良い形態にしてもらえば、完了です。

まとめ

ナレーター原稿を翻訳会社に依頼する際に知っておいて欲しいポイントを確認して頂けたでしょうか?普段から利用している方はもちろん、これから使ってみる機会があるという方も、ぜひナレーター原稿を翻訳してもらうことのメリットを感じてくださいね。

最近では、安価ながらも高品質な会社も続々と出現していますので、様々確認してみることをおすすめしています。安心できる会社に依頼して、会社の宣伝などをバッチリおこなってしまいましょう!