> 翻訳会社からネイティブのナレーターを派遣してもらえる
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社からネイティブのナレーターを派遣してもらえる

翻訳会社を利用したことはありますか?最近ではニーズの多様化により、様々な用途で利用されています。企業であれば、企業紹介や契約者や申請書などで翻訳が使われますし、研究者などは自信の研究内容を国外で発表する際に翻訳を依頼することもあります。

また、ナレーターという点も重要になってきています。専門が話すことで、どんなメリットがあるのでしょうか?ここでは、一緒に翻訳ナレーターのサービスや価格をチェックしていきましょう!

派遣ナレーターのサービス内容は?

では、派遣ナレーターはどんな仕事してくれるのでしょうか。ここでは様々な仕事内容についてたっぷり解説していきますので、皆さんの気になるお仕事があったらチェックしてくださいね。

ナレーターは翻訳会社によって取り扱いが異なりますが、派遣業者のように働くことが基本となっています。派遣された後から、翻訳業で働いてもらうことになり、就業時間に応じて必要な料金が算出されるようになっています。

サービスとしては、企業の紹介ムービーなどの海外向け版を作る際に来てもらったり、発表会やビデオテープ作成の際に依頼することが多いようです。用途は皆さんによってそれぞれ異なり、ほとんどの翻訳会社がそのニーズに合うように派遣してくれます。見積もりなどの際に、どんな風にやってもらいたいかを具体的に伝えましょう。

派遣ナレーターのメリット

派遣ナレーターはどんな点にメリットがあると思いますか?メリットについて知っておくと、ぐぐっと翻訳の精度も上がってきますので、ご説明していきます。

まず、翻訳した原稿を読み上げる必要がある際に、ナレーターを雇うという流れが通常のようです。企業での発表会や、説明会などで利用されたケースがあります。社内にいる人間に読ませれば良いのでは?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、ここが第一のメリットです。

英語や中国語は、最近需要が高まり、社内の方でも流ちょうに読むことができるかもしれません。しかし、取引先などによっては、それら以外の会社もあると思います。そんなときに派遣してもらうと、クオリティの高い文章を正確に読んでくれるので安心できます。特に、ネイティヴスピーカーの方の派遣も依頼できるので、発音が難しい言語などであれば、是非依頼してみることをおすすめします。ネイティヴスピーカーも、英語圏であればアメリカ式、イギリス式、オーストラリア式など様々な英語があります。ほとんどの企業がこれら様々な言語を翻訳できるようにナレーターを取りそろえているので、安心して依頼できます。

もし、マイナーな言語を依頼しなければならず、会社のサイトなどにその言語が対応していると記載が無い場合でも、なんとか対応をしてくれる場合があります。一度、問い合わせてみることをおすすめします。最近では北欧の言葉なども需要があり、翻訳会社もネイティヴをたくさん雇っているようですよ。

第二のメリットは、緊張せずに済むと言うことです。もし、社内の誰かに読んでもらうことにしていると、その人はその発表内容を確認することに時間を取られてしまい、通常の業務に差し障りが出てきてしまいかねません。専門に依頼しておけば、文章内容が正確に翻訳されていれば、当日に来てもらうだけで済みます。当日についてもしっかり打ち合わせをしておくことが重要ですよ。

専門家ですので、訓練も積んであり、場慣れしているので自然に読んでくれる点もメリットですね。文章内容や、発表する会場の雰囲気に合わせて、ナレーターの声質や国籍、イメージを取りそろえている会社もありますので、事前の打ち合わせなどでも求めている雰囲気を伝えておくとベストです。

気になる料金は?

気になるナレーターを雇うときのお値段について見ていきたいと思います。原稿の翻訳については、多くの翻訳会社は文字数に指定の金額をかけ算して見積もりを出しており、二千字程度で二万円から三万円程度が相場であるようです。もっと安価な会社もあるようですが、やはりクオリティは微妙な場合が多いので、今回はこちらを基本として考えていきたいと思います。

まず、ナレーターの場合は何時間その場に居てもらわなければならないのかを考える必要があります。三時間の発表であれば三時間など、ある程度の時間を見積もりの際に伝えられるとスムーズに料金を算出してくれますよ。

ではここで、ある翻訳会社の一例を確認してみましょう。PVなどで翻訳をしてもらう時、一時間居てもらう場合は四万円以上、かつ原稿翻訳は翻訳してもらう言語の文字数もカウントして算出されます。二時間居てもらう場合は、七万円以上、これより一時間ずつ増えるにつれて、金額は三万円ずつ上乗せされていきます。

外国語でナレーションをしてもらう場合は、ナレーション料金と、スタジオ使用料、編集データ作成料金、録音アテンド料金を全てプラスした料金が必要になります。この会社で一番安くやろうとした場合は、十万円程度を見ておく必要があります。

もちろん、スタジオ使用料は場所によって料金が異なりますし、編集時間がどれくらいかかるのかによっても変動してきますので、詳しい料金は見積もりの際に算出してもらうようにしてくださいね。

さらに、「今すぐ必要なんです!」といった案件について対応してくれる会社がありますが、こちらは今まで説明してきた料金にさらにプラスしていきますので、かなり価格がかかって来ることがあります。

しかし、ここで知っておいて欲しい点が、安く済まそうとした際のデメリットです。翻訳会社を検索してみると、驚くほど安価で引き受けてくれる会社があります。ですが、その会社の口コミなどを確認してみると、ネイティヴチェックが雑なために文章自体に問題が発生してしまっていたり、ナレーターもプロではなくアマチュアなため、満足のいくナレーションをしてくれないこともあったそうです。

企業などで依頼をする場合は、安価にすませたい気持ちは分かりますが、見積もりを見比べながら、サービス内容についても忘れずにチェックしてくださいね。ある方は、安価な会社に依頼したけれど、結局訂正点が多すぎて別の会社に依頼したため、時間もお金ももったいないことになってしまったそうです。価格にもサービスにも敏感で居ましょう!

まとめ

ここまで、翻訳会社からナレーターを派遣してもらうために知っておきたいステップや注意点、メリットや料金などについて網羅的に説明してきました。情報がたっぷりでしたので、分からない点があればまた戻って読んでみてくださいね。

外国語を自分が話せることが理想ですが、社会人は時間を守ることも大切ですよね。派遣のナレーターさんはプロですし、経験を積まれた方が多いので、皆さんの要望にあった声質、話し方、スピードで仕事をこなしてくれますよ。

企業の方も、研究者の方も、海外に情報を発信する機会を手にした際には、ぜひ派遣翻訳ナレーターの存在を思い出してくださいね。きっと、彼らは良い発表のお手伝いをしてくれますよ。