> 国際関係分野を翻訳してもらうなら専門の翻訳会社にしよう!
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

国際関係分野を翻訳してもらうなら専門の翻訳会社にしよう!

専門的な論文はなぜ翻訳会社に頼むべきなのでしょうか。「どこの会社でも同じでしょ?」と思っていませんか?

実は、翻訳会社の専門性はかなり重要になってくるんです。適当に選んでしまうと、論文を翻訳してもらって後で公開してしまうことがあるかもしれません。

そこで、今回は国際関係分野を専門とする翻訳会社について、情報をわかりやすくまとめました。選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

国際関係分野の翻訳の例

では、国際関係分野ではどんな翻訳がされているのでしょうか。一例をご紹介していきます。まず、人道支援などに関する論文です。これらについては、世界各国でどんな支援がなされ、その支援を受けた土地がどのように成長しているかを報告しているものです。

日本が行った支援を海外に発信することで、海外の方が新たな知見を得ることができます。逆に、海外の支援について学ぶことで、支援についても改善点や問題点を客観的に把握することもできます。

また、NPOなどの活動についての北国書なども翻訳された実績を持つ会社があります。日本で成果を伝えるだけでは無く、国外にも現状を伝えることで、問題意識を高めたり、様々な申請などにも耐えうるクオリティの高さを誇るものもあります。

国際関係といっても範囲は広く、皆さんの分野に対応する翻訳会社があるかどうか不安になるかもしれませんが、最近では翻訳会社も増え、様々なニーズに対応していますので、一度相談してみることをおすすめします。

なぜ専門の翻訳会社が良いのか

専門の翻訳会社に依頼するメリットや魅力は何でしょうか。それはもちろん、専門的な会社の方が翻訳の仕上がりが他と異なるからなのです。

専門的な会社は、長年その専門を取り扱っているので、様々なノウハウや知識を集約しています。翻訳者も元研究者で、国際分野に詳しいという人材がそろえられており、移り変わっていく研究の流れを把握している人たちが翻訳を担当します。

そのおかげで、国際関係分野の素人が翻訳するよりも、専門の方々にやってもらった方が、断然クオリティが高くなります。論文は自分の考えや意図を論理的に、時に専門用語を使いながらやっていく作業になります。

せっかく様々な研究結果を調べ、自分の考察を書き上げた力作を翻訳のせいで残念なことには誰もしたくありません。海外の雑誌やジャーナルに投稿する予定なのであれば、なおさらのことです。

分野について把握している方に依頼することをおすすめします。検索する際は、国際関係の翻訳会社と入力すれば、何件かの会社がヒットしますので、自分と合う会社を選んでいきましょう。

きちんとした翻訳会社でアレナヒアリングなどで論文の所々の意図を翻訳者が質問し、正しくより良い論文にするために努力してくれますよ。もし、ヒアリングや翻訳の方法で分からないことがあれば、お問い合わせをするようにしてくださいね。

知っておきたいポイントをピックアップ!

ここでは、国際関係分野の翻訳を依頼する際に知っておいて欲しい情報をまとめました。皆さんは翻訳会社を選ぶとき、どんな点に一番を気を遣っていますか?

クオリティを気にするという方が一番多いと思います。そこで、まずクオリティはどのように確認すると良いのかについてご説明していきます。まず、翻訳におけるクオリティとはどんなもののことを指すと思いますか。

翻訳におけるクオリティとは、自分が論文で書いた内容を翻訳者にその言語でも意図がしっかりとれるようになされているかどうか、またその言語において自然な訳になっているかどうかということを指します。

また、国際関係における専門用語などを、その言語ではどう表すのかについても翻訳者は把握しておかなければなりません。これらをしっかりこなし、全文を体裁の整った翻訳にしてこそ、その会社のクオリティが高いと言えます。

クオリティチェックの面では「トライアル翻訳」があるかどうかも忘れずにチェックするようにしてください。このトライアルチェックは、依頼したい論文の一部を無料で翻訳してくれるというサービスです。

一部ではあるものの、この会社の翻訳が自分に合うかどうか、また国際的に通用するかどうかも確認できるお得なサービスですので、ぜひ積極的に活用していきましょう。ほとんどの会社で取り扱っているサービスですので、サイトなどで確認してみてくださいね。

他にも、担当者がどんな人なのかを気にするという方も多いでしょう。会社によって異なりますが、基本的には依頼から完了まで大まかな流れが会社内で規定されていることが多いです。このことをフローといい、会社のホームページなどに「翻訳の流れ」のように全体の流れについて記載されていたら、そちらを確認するようにしてください。

見積もりがどんな風にされるのかも気にしておきましょう。見積もりをしてもらってから、どの会社にするのかを選択していく方が多いです。見積もりは価格はもちろんのこと、どうしてその価格になったのか、というサービス面もチェックしておかなければいけません。

このサービスも、会社ごとに大きく異なるのですが、割増や割引サービスがあります。割増は、特急で翻訳をしてもらう際などに課されます。計画的に翻訳ができれば良いのですが、現実的にはそうもうまくいかないものです。

もし、特急でやってもらわなければならない状況になってしまったら、そのようなサービスがある会社を検索してみてくださいね。

また、皆さんの中には翻訳した論文を海外のジャーナルに投稿しようと考えていらっしゃる方も多いでしょう。ヒアリングの際に、その旨を伝えておくと、ジャーナルの既定に合うように翻訳をしてくれる会社があります。しかし、要相談で割増料金が課されることが多いので、いくらになるのかを見積もりで確認して置いてください。

逆に、割引は初回の利用などで適用されます。会社によって割引率は異なりますが5パーセントから10パーセントほどが多いようです。全体の翻訳で数千円から数万円かかることが多いので、このように少しでも安くなることは嬉しいですね。

また、文字数が五千字を超えたらこれだけ、一万字を超えたらこれだけ、と会社ごとに決められた文字数の割引なども適用されるケースがあります。少しでも安く済ませることを考えているのであれば、このようなサービスがそろっている会社を探してみましょう。

まとめ

国際関係分野の論文は、なぜ専門としている翻訳会社に依頼すべき七日について説明をしてきました。やはり、専門的な会社ほど、実力や培ってきたノウハウのおかげで他よりも良い翻訳をしてくれることが多いです。

しかし、知っておかなければならない点も多くありました。例えば、料金設定について、割引や割増についてなど、お金に関する点や、クオリティや担当者の対応についてなどです。ついチェックをし忘れてしまいがちですが、事前にこれらを確認しておけば、スムーズに事を運ぶことができます。

皆さんも、ここで確認したノウハウを使って、より良い翻訳会社を探してみてくださいね。分からない点があれば、会社に問い合わせてみましょう。