> 翻訳会社の起業を成功させる必見の成功プラン
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社の起業を成功させる必見の成功プラン

高いスキルが要求される翻訳業ですが、需要が高くなり独立起業したいと考える人も多くなりました。海外との繋がりも強くなっている現在では、多くの翻訳会社が存在し、顧客の取り合いともなっています。そんな中でどのように翻訳業の独立を成功させることができるのか?翻訳業の現在の状況と会社を設立するためのノウハウから成功プランを学んでいきましょう。

需要の増えた翻訳業

インターネットが盛んになり、海外との繋がりも色濃くなった現代では、海外の企業と取引する企業が増えたり、海外留学する人たちも多くなりました。それに伴って翻訳業務に対するニーズが高まっている傾向が強くなっています。

しかし、すでに多くの翻訳会社が存在し、アルバイトでも人気の高い翻訳業で成功するのはとても大変です。これから独立起業し、新たに翻訳会社を設立して成功を収めるためには、しっかり計画を立てることが重要です。起業する前に、改めて翻訳の役割を見ておきましょう。

世界共通語を英語においても、未だに日本人の半数が英語を十分に扱うことができません。しかし、外国人観光客の増加、インターネットのSNSによる繋がりで、外国語を扱わなければならない機会が増えました。

急激に外国語を扱うことができない人のために、翻訳という存在は必要不可欠です。意識していない日常でも、翻訳は活躍しており、映画の字幕も翻訳業の一つです。日本語の吹き替えも翻訳で成り立っており、外国の映画を楽しめるのは翻訳家が存在しているからこそです。

また、外国語を日本語に直すことだけが翻訳ではなく、逆に外国へ日本の商品や作品を展開する際にも必要不可欠な存在です。近年では外国の日本の認知度も高くなり、日本の製品が海を渡る機会も多くなりました。外国の人に適切に日本の製品を知ってもらうためには、適切な翻訳が重要な役割を担うことになります。

AIの登場で自動翻訳も性能が上がってきましたが、正確な翻訳は未だ実現できていません。そのため、まだ人の手による翻訳は必要不可欠であり、今後もさらに需要が高まっていくことが予想されます。

翻訳会社を設立するためのノウハウ

まず、翻訳業を行なう上で重要なのが言語の選択です。世界には英語、中国語、韓国語、インドネシア語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語など、多くの言語が存在しています。どの言語を扱うかによって顧客の特色も異なってきますので、起業する上で重要な選択となります。

複数の言語を扱うことで多くの顧客が獲得できるように感じますが、専門的に扱う言語を決めることでリピーターが増えていきます。リピーターを会得できることで安定した翻訳業を行なうことができるため、1つの言語に特化することが望ましいです。

英語は世界共通言語であるため、翻訳会社も多く競争も激しいのが特徴です。市場規模が大きく、需要も高いですが、設立したての会社では顧客の獲得は難しいのが現状です。

すでに有名な大手の英語翻訳会社では、能力の高い翻訳家が揃っていることで翻訳料金も高く設定することができます。設立初めの企業では信頼度も低く、高い料金設定を行なうことができません。しかし、最初に低い料金設定にすると後々料金を上げることが難しくなるので、現在の相場料金で設定を行なうことになります。

そのため、これから起業するのであれば、今後のニーズが増える言語を選択することが求められます。市場規模が拡大している中国語など、日本にも密接に関わる国であるのでおすすめの言語でもあります。

また、友好国として名高いフランスも翻訳言語として選択するのもおすすめです。日本のアニメや漫画のファンも多く、映像や書籍の翻訳の需要が今後も拡大していくことになるでしょう。

特定の業界に強い翻訳会社が好まれる

1つの言語に特化すると共に、扱うジャンルも1つに絞ることが会社設立の成功のポイントとなります。翻訳会社を設立する際に重要なのが「何を翻訳するのか?」という点を決めておくことで、会社の色がはっきりと浮かび上がってきます。

その言語が得意でも、知識のない文章を的確に翻訳し説明することは難しくなります。医学やコンピューター関連など、専門用語も多い分野では知識を持っていることが依頼を受けるために最も重要となります。翻訳を行なうのは誤解なく伝えるためであり、専門的に扱っていることは依頼者に安心感を与えることとなります。

しかし、言語選択と同様にすでに特定の専門的な翻訳業は多く存在しており、新しく会社を設立して成功するのは困難です。ここから考え、会社を設立する際は、今後ニーズが高まるジャンルを新たに開拓することが良いでしょう。今後市場規模が拡大する事業を見つけ、それを専門に扱っていくのが成功のポイントとなります。

現在の市場を徹底的にリサーチすることも会社を立ち上げる上ではとても重要です。今どのようなことが起こっているのか?どういったものが望まれているのか?などしっかり調べていきましょう。

成功させるためのプラン

会社を立ち上げる他にフリーランスとして独立する手もあります。フリーランスは自分自身が商品であり、自分自身が会社でもあります。

在宅でできるため、会社のように株式投資せずに、その日から仕事を行なうことも可能です。会社よりも信頼性がより重要になりますが、企業との信頼関係を勝ち取ることができれば、長く働いていくことができるのです。

会社経営でもフリーランスでも、成功するために必要なのは企業にアピールし売り込んでいくことです。翻訳業界の競争に打ち勝つためには、より専門性を高めることも重要です。翻訳業界で成功を収めるためには常に勉学を忘れないことも重要です。世界の変化と共に言葉も同時に変化するため、知識を身に付けることを怠らないことが企業との信頼を結ぶことにも繋がります。

また、企業との信頼は人助けからも育まれます。翻訳業を始めて、最初から仕事は舞い込んできません。地道な活動とPRだけでなく、人の助けになる翻訳を行なっていくことで、無理な営業を行わなくても仕事を貰えるようになっていきます。知識や語学力だけでなく、人との信頼や絆が成功の鍵となり、それが成功プランとなるのです。

翻訳業の在り方は原文をただ直訳することではなく、人に分かりやすく適切に伝えることにあります。誰に、どのように伝えるのか、その観点を忘れず、企業や依頼者に寄り添った翻訳を行なうことができれば、自ずと成功に導かれていくはずです。

まとめ

翻訳業で成功するために重要なのは専門言語と専門分野を作ることです。競争の激しい業界ですが、世界の変化の影響も強いので、起業する際はその変化を逃さないことも重要です。

会社でもフリーランスでも、企業との信頼はとても大事です。フォーカスを絞ることで、プロフェッショナルがいることをアピールでき、それが信頼に繋がっていきます。今後の世界の状況を意識して、専門言語と分野を作り、人に分かりやすく伝えることで信頼を築き上げながら顧客を獲得していきましょう。