> 国際関係の翻訳はどこまで翻訳会社に依頼できるのか
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

国際関係の翻訳はどこまで翻訳会社に依頼できるのか

国同士の交流が昔よりも盛んに行われるようになった昨今では、言語を訳する翻訳は重要な役割を担っている存在です。会話だけでなく、書類など重要な部分にはより繊細で慎重な翻訳が必要となってきます。翻訳会社に国際間に関連する翻訳を行なう場合、どこまでの範囲の翻訳を行なってくれるのでしょうか?重要書類でも翻訳を行えない物が存在しているのでしょうか?国際関係の翻訳を行なう際に気を付けておくべきことを確認していきましょう。

国際関係の範囲はどこまで?

国際関係と一口に言っても、どのような範囲までを指すのでしょうか?基本的に国同士の取り決めによって成り立つ関係性を指しますが、近年ではインターネットの普及もあって日常的に国際間の繋がりを強く感じるようになりました。

翻訳業では特に、外国語を日本語に変換したり、日本の文化を発信することに役立たれており、需要がさらに高まっている傾向にあります。文化的な交流も盛んになりましたが、これらの関係性は国際関係には分類されません。

国際的な関係とは国同士の社会的な関係性を指し、政治面での事柄が強いのが特徴です。貿易や物流も国同士の関係が良くなければ成り立たないので、言語の翻訳で誤解や誤認が起きないように努めなければなりません。

言葉だけでなく、国の文化や社会的な関係、それ以外にもその土地特有の環境も国際関係では大きく関わってきます。また、その土地の情勢、戦争や紛争状況も国際関係の範囲とされます。これに伴い医療や人材派遣などの要素も含まれ、これらの関連文書の翻訳にはより多くの知識は必要になります。

あらゆる方面の知識が必要不可欠に

人類の歴史から考えると、言語によるコミュケーションは古くから行われていました。翻訳を行なうことで国同士で交流を図ることを目的とされていましたが、最近の国際間のやり取りは地球規模に変化しています。

温暖化をはじめとした地球の環境問題をすべての国で考えることが求められているのが現在の国際関係の状況です。文化や物、情報も国境を越えて共有することが意識され始めています。そのため、言葉の壁をより排除できるように翻訳は大きな役割を担っています。

地球規模で何が起きているか、それをどの国と協力してしいるかなど把握していることも重要となります。日本は京都議定書など、地球環境に関わる活動も多く行なっています。これらの活動を世界に広めるために翻訳は必要不可欠です。

発展途上国への支援も他国と協力して行なっているの、日本の国際的な活動の一つです。農業や医療、人材育成など広範囲で活動を行なっているので、翻訳にはそれらの知識も必要になります。

また、翻訳を行う際に重要となるのが国内のみならず、多くの国の知識を持っていることであります。国際関連で依頼される文書は国ごとに表現も異なり、その国にのみ存在している事柄なども翻訳しなければなりません。そのため、翻訳者は多くの国に精通し、知識が豊富にあることが求められます。

それに加え、リアルタイムの情勢にも詳しくなければなりません。国との関係は日々少しのことで一気に変わってしまう場合が多々あります。国際関連の翻訳を行なう際は歴史や文化的なことだけでなく、日々何が起こっているか入念にチェックが必要です。

翻訳には細心の注意を

政治など国際的に関わるような翻訳を行なう場合、細心の注意を払うことが重要となります。国同士の関係は些細なことで変わってしまう繊細なものであり、言語の違いが誤解を生むことも少なくありません。

国ごとに言葉の表現や文法も異なり、それに伴って伝わり方や受け取り方が違ってきます。世界共通語の英語であっても、アメリカ英語とイギリス英語では用法と綴りが異なります。

日本ではアメリカ英語が主流ですが、他の国ではイギリス英語を主流としていることがあります。そのため、英語で翻訳を行なう際にも国ごとにどちらの英語が主流であるか把握していることが大切です。用法と綴りが少し異なるだけでも、まったく別の言葉となることがあり、大きな誤解を生み出すことにもなります。

また、同じ言語でも地域が異なると方言もあるため、より翻訳が難しくなります。その国で使われている言語の特徴と方言の違いを把握して、適切にその国の人々に伝えることが翻訳の役割であります。

用法や方言の違い以外にも、国際関連ではカジュアル表現とフォーマル表現にも注意が必要です。国際間では仕事や学術論文のように口語表現は適していないとされています。略語ではなく、緻密な表現を行なうことがより求められます。

しかし、その土地のネイティブな表現を行なうことが必ずしも正解とは言えません。翻訳を行なう上ではその国の人に分かりやすい表現が重要です。シンプルかつ適切な表現で伝えれるような翻訳会社に依頼することが求められます。

信頼と実績がある会社を選択しよう

通常でも翻訳会社を選ぶ際は信頼と実績が重要です。しかし、国際関連の翻訳にはよりこの点を重点的にして依頼先を決定しなければなりません。

国際関連での翻訳を行ったことがあるか、しっかり確認しましょう。翻訳会社にとって企業などの依頼者への信頼はとても重要です。実績はその信頼を得るために必ず提示されている要素であり、隠しておくメリットはありません。

つまり、実績が提示されていない翻訳会社は信頼性が薄いと考えられます。多くの実績が表示されている翻訳会社に依頼を行なうようにしましょう。

しかし、注意するべきことは国際関係の翻訳では実績が明確に表示されていないケースも多くあるという点です。国同士の重大な事も関わることであり、ホームページなどのWebに表示していないこともあります。電話確認など行なうことで詳細を知ることが可能としている会社も少なくありません。

また、信頼のある翻訳会社であるかの判断基準として、多くの政府関係や企業と提携していることも挙げられます。定期的な翻訳依頼を受けられるということは、その会社の翻訳の品質が良いという証です。

さらに一度の依頼だけでないかなども確認する点として挙げられます。一度の依頼以降、実績がない場合は信頼性が高いとは言えません。多くの実績を持った信頼ある会社への依頼が、国際関係の翻訳では重要となるのです。

企業だけでなく、政府関連からの依頼は信頼が高くなければ受けることは容易ではありません。国際的な発信を行なう場合、政府関係からの翻訳実績を提示している会社を選択すると良いでしょう。

まとめ

国際関係は些細なことで変化するものであり、より言葉の壁を取り払うことが求められます。国内だけでなく、それぞれの国の情勢や内情を知り、適切で正確な翻訳を行なうことが、国同士のより良い関係に繋がっていきます。

また、地球環境も大きく変化している現在では国境関係なく、多くのことを知り共有することが重要です。別の国で起こる災害や自然現象にも着目して、知識を豊富に持っている翻訳者を探しましょう。適切な翻訳会社に依頼し、より良い国際関係を築けるように努めましょう。