> マーケティングに強い翻訳会社に依頼して成功を収めよう
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

マーケティングに強い翻訳会社に依頼して成功を収めよう

スマホの普及によって誰もが容易にインターネットを利用できるようになりました。そのため、マーケティングは国内に留まらず、海外も視野に入れて展開するようになりました。それに伴って翻訳業務も盛んになり、重要な役割を担うようになりましたが、その分翻訳会社の選び方には注意が必要になってきます。マーケティングに特化した翻訳会社の選び方のポイントを押さえていきましょう。

翻訳はマーケティングに欠かせない要素

マニュアルや書類は常套句や定形表現があり、一定の表現があるのが特徴です。パターン化されているので翻訳を行なうのも比較的容易に行なうことができます。

しかし、マーケティングは常に状況が異なります。流行っているものや注目を浴びている事柄がその年によって違えば、表現や使用する単語にも変化が要求されます。それに加えて、購買意欲を高めるための表現や言い回しが必要不可欠であり、伝えるだけでなく消費者である読み手の感情を揺さぶることが翻訳でも求められます。

マニュアルのように堅苦しい文章ではなく、しかし稚拙な文章ではなく、商品やサービスの良さを伝えることがマーケティングの翻訳には欠かせない要素となるのです。これらを伝えるためには、翻訳者には適切に翻訳する能力以上に、表現力や文章構成力が重要となってきます。

外国語から日本語への翻訳、日本語から外国語への翻訳の仕方によって商品やサービスのイメージは大きく左右されます。文章に少しでも違和感があるとその商品に対して疑問を出だしてしまいます。その疑問は信用から遠ざけてしまうため、翻訳ではこのような違和感を徹底して排除することが望ましいです。

AIの登場で機械翻訳も多くなりましたが、マーケティングにおいての表現では人の紡ぐ言葉が現代でも必要とされています。機械が高性能になっても、未だに適切な翻訳を行なうことには至っていないことから、機械翻訳はマーケティング翻訳と相性が良くありません。

国内外問わず、企業が作り上げたキャッチコピーや文章を適切に伝えるために人が行なう翻訳はとても重要となります。読んだ際の音の響きから句読点の使い方までを考えたバランスの良い翻訳は人にのみ行えるため、プロの翻訳者はマーケティングに欠かせない存在となるのです。

マーケティング成功のポイントをチェック

マーケティングを成功させるための最初のポイントは「読み手」または「ターゲット」です。商品やサービスが誰に向けてのものか、誰がその文章を読むのかなど把握しておかなければ適切な翻訳は行えません。

カタログや会社案内などは予想が容易にできますが、マーケティングではその予想が難しくなります。展開する媒体がWebサイトかSNSでもターゲット層が異なり、加えて商品やサービスによっても伝えたいターゲットが変わってきます。依頼文章からターゲットを適切に把握し、それに合った文章に翻訳することが成功のポイントでもあります。

不特定多数の人の目にとりあえず留まれば良いと思っているものは、文章からすぐに読み取れてしまいます。そういった誰に向けて放っているか分からない曖昧な表現は効果は薄く、マーケティング成功とは程遠くなってしまいます。

また、翻訳をあえてしない部分を残すこともポイントの一つです。キャッチコピーの場合は原文の言葉をそのまま利用した方が良いケースも多く、その判断も重要な要素になってきます。

必要のない範囲まで翻訳することは、本来の商品やサービスのイメージを損なう可能性もあります。そのため、どこまでの範囲を翻訳するのか明確にしておくことが重要です。DTPなどのデザイン部分も翻訳が必要なのか、依頼前に細かい範囲を決めておきましょう。

また、コスト面のことも考えて翻訳依頼を行なうのが成功のポイントでもあります。翻訳会社に依頼する部分と自社で行なう部分をはっきりさせておくことも重要です。

翻訳会社には翻訳作業だけでなく、その後のDTPやレイアウト、印刷まで行なってくれる会社もあります。ITに強い会社であれば、WebサイトやSNSへのアップロードも行なってくれます。

これらの作業をすべて翻訳会社に任せず、自社で賄えるところは賄い、予算のバランスを取ることでコストを抑えます。近年ではSNSが普及しているため、アップロードは容易に行なえるようになったため、自社でも行なうことができるようになりました。これによりコストを抑え、自社独自の宣伝も行なえます。

また、デザインを行なうには専用のソフトと使用できる人材が必要です。それらを揃えるよりも、翻訳会社に依頼する方がコストが掛からない場合は作業を一任してみても良いでしょう。

デザインも再利用できるデータがあれば、新しく作るよりもコストがかかりません。できるだけ元のデザインデータを使用することでコストを抑え、デザインに統一性を生み出すことができます。デザインの統一性は、商品を手に取る消費者にとって安心を与えるので、成功のポイントにもなるのです。

翻訳も統一性が重要であるため、提供する資料の準備も成功にとても重要となります。過去の翻訳に使用した単語やフォントデザインなど、翻訳会社にしっかり伝えておきましょう。しっかり準備をすることで、翻訳作業開始後のコストや作業時間を大幅に削減することができるのです。スムーズに作業ができることで翻訳の品質も向上に繋がっていきます。

マーケティングに強い翻訳会社の特徴

品質、コスト、納品スピードのバランスが整っているというポイントは翻訳会社を選ぶ際の基本的な部分です。しかし、この基本的な要素こそ最も重視する点でもあります。

品質、価格、納期、対応のバランスが優れている翻訳会社であれば、的確なターゲット層を把握でき、適切な表現も行なえます。それに加え、実績の豊富な会社であることや、ITやDTPなどのデザインに特化していれば、様々な状況に対応も可能になります。それはマーケティングに強い会社の特徴とも言えるのです。

マーケティング翻訳を失敗しないためには

成功するポイントをしっかり抑えることが失敗しない秘訣であり、そのポイントを重視できる会社選びが重要です。自然な文章で尚且つ人々の印象に残る翻訳が求められます。

そういった文章を作り上げるには翻訳会社に作業を一任するだけでなく、適切な資料を集めたり、情報提供を行なうことも大切なのです。翻訳会社との連携を上手く行なうことで失敗しないマーケティング翻訳を行なうことができるようになるのです。

まとめ

マーケティング翻訳における最大のポイントは、読み手の心に響く文章を作れるか否かです。機械翻訳では生み出せない自然な文章で、わかりやすく伝えることが重要です。

具体的なイメージを読み手に伝え、印象の残る翻訳を行なうことでマーケティングに大きく貢献できるようになります。商品やサービスのイメージを鮮明に伝えられることで、成功への道を築くことができるのです。これらのポイントを押さえて、マーケティングに強い翻訳会社を選んでいきましょう。