> ビザの申請に役立つ翻訳会社!気になる料金は
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

ビザの申請に役立つ翻訳会社!気になる料金は

国に入国を認められるには、様々な手続きが必要になります。その国に入るために必要なビザですが、国の事情によっては取得が難しいことがあります。翻訳はそのビザを取得するためにも重要な役割を担ってくれます。翻訳会社への依頼の流れとどのくらいの金額がかかるのか見ていきましょう。

ビザ取得について

ビザとは、入国のために必要な事前審査証のことを指します。旅行先の国の在日大使館や総領事館、各国の政府が許可を出すことで取得できるものです。ビザが必要な国に入国する際は、入国ができるかどうか到着時に入国審査官が申請書類を元に決定します。

日本からであればパスポートを取得するだけで多くの国への短期滞在が免除されています。ビザを取得していなくても入国できる国も多いため、取得する機会は多くはありません。

しかし、免除には観光目的、報酬が発生しない仕事、その国に住んでいる家族や友人への訪問という条件に限定されています。留学や金銭の発生する商用ビジネス、90日を超える滞在には免除国でもビザが必要になるので注意しましょう。また、外国人と結婚を行う際はその土地に永住するために配偶者ビザが必要にもなります。

ビザが必要かどうかは国同士の関係や国内の状態にも左右されるため、今現在必要なくても、旅行前に急に変更になる可能性もゼロではありません。そのため旅行前に必ず確認を行なうことが重要になります。

旅行目的の場合であれば、手数料を払うことで旅行会社が取得の手続きを行なってくれます。留学、報酬の発生する仕事、旅行でも一定期間を超える滞在の場合はビザを取得する必要があります。

基本的な申請場所は日本にある各国の大使館や総領事館の領事部で行なうので、申請に必要なものは大使館や総領事館に問い合わせて確認を行ないましょう。一部の国では入国してから空港内でビザを発行することができますが、万が一のためにも事前に申請を行なっておくと安全です。

取得に必要なものは申請書、パスポート、パスポート用写真1枚、手数料なので事前に用意しておきましょう。手数料は国によって異なるのでしっかり確認しておきましょう。国や入国目的によっては必要書類が多くなるので注意が必要です。

発行されるまでの期間も国によって異なり、早ければ3日程で取得できます。長い場合は1ヶ月程かかるので、申請には余裕を持って行ないましょう。

ビザ申請に役立つ翻訳

ビザ申請の際に関連する書類には戸籍謄本、住民票、受理証明書、在留カード、預金通帳などあります。該当国の言葉で申請を行わなければならないのですが、一人で適切に翻訳を行なうことは難しいです。重要書類を担当してくれる翻訳会社であれば、これらの書類の翻訳を行なってもらえます。翻訳証明書も発行してもらえるので、申請の際に大いに役立ち、信頼性も高いのが特徴です。

証明書は査証申請でも有効であり、依頼者に無料発行したり、料金に含まれていることがあります。翻訳にかかる料金は翻訳会社や書類の種類にも左右されますが、書類1枚に付き5千円から1万円であることが多いです。

依頼から納期までの流れと注意点

翻訳会社に依頼を行なう際に、まずは見積もりを行ないます。インターネットから依頼フォームとメールで依頼できるので相談して具体的な料金を知っていきましょう。依頼が確定した場合、翻訳したい書類をスキャンしてデータ添付で送ることになります。郵送で依頼できる翻訳会社もあるので、適した方法で送りましょう。

郵送する場合には、原本ではなく必ずコピーを送付する点に注意しましょう。郵送の際には、名前、住所、電話番号、メールアドレス、希望納期日、受取方法をしっかり記載しましょう。コピーでも重要な書類なので郵送事故のないようにして依頼しましょう。

届いた書類を元に料金を設定していき、確認できたら翻訳料金が翻訳会社から提示されます。メールで見積もりの受取を希望した場合はデータのみ送られます。書類の種類や時期によって納期日は異なるので余裕を持って依頼を行ないましょう。急いでいる場合は、特急料金で依頼ができる翻訳会社もあるので利用してみると良いでしょう。

見積り共に記載した翻訳会社が設定した支払い方法で料金を払い、入金確認ができたら正式依頼とする会社がほとんどです。稀に翻訳された書類の状態を見た後で支払うこともあり、またクレジットカード決済できる所も多いです。支払いの手続き後に、書類の翻訳作業を開始していきます。一般的に3日から5日で納品されることが多いですが、書類の種類や数によっても異なります。

翻訳後の書類もメールはデータで送られますので、書面で受け取りたい場合は依頼時に申告しておきましょう。納品されれば完了となり、ここまでが依頼の具体的な流れになります。ビザのような重要な書類には翻訳証明書の受け取りも重要です。翻訳を依頼すれば自動的に発行されることが多いですが、申請しておく場合もあるので注意しましょう。

この証明書はメールでは発行されず、必ず書類として送られます。メールで受け取りを選択すると、翻訳データのみ送られるので注意しておきましょう。

翻訳を活用して効率的に取得していこう

入国の際にビザと異なり特殊なケースもあります。アメリカとオーストラリアへの観光旅行には、90日以内でも電子渡航証明書というものが必要になってきます。電子渡航書とは、ビザに代わる入国許可証のことでインターネットで申請できることが特徴です。

アメリカで必要となるのが「ESTAエスタ」という渡航書です。米国大使館公式サイトに入力フォームがあるので、そこから申請します。

名前、生年月日、性別、パスポート番号、メールアドレスなどの情報を英語で入力していきます。入国目的や滞在期間など、いくつかの質問に回答して許可が下りれば渡航書が発行されます。アメリカ政府公式サイトから申請する場合、承認まで3日程かかるので余裕を持って申請しましょう。

オーストラリアでは必要となるのが「ETASイータス」という渡航書です。アメリカと同様に必要事項を記入して、質問に英語で答えていきます。稀に12時間程かかりますが、すぐに可否が分かります。これらの渡航書の申請にも翻訳は活用できます。適切な返答ができれば信頼性も高くなり、許可が下りる可能性も高くなります。

また、どちらの電子渡航証明書もデータのみであり、許可が下りると同時に各国のホストコンピューターに情報が登録されます。そのため、翻訳を利用してしっかりした返答を行なうことが重要です。

まとめ

自分が入国したい国がビザを取得しなければ入れない国であるか、その入国に必要な書類は何かなどしっかり確認しておくことが重要です。翻訳会社を利用することで高品質な翻訳を行なってもらえ、翻訳証明書もあれば信頼度も高くなります。ビザ取得だけでなく翻訳にもお金がかかるので、様々な会社で料金を比較し、適した会社に依頼しましょう。消費税や翻訳証明書代も込みの値段であるかなど、細かい点も確認しながら比較していきましょう。