> 美術翻訳には歴史の知識も!翻訳会社なら専門分野も幅広く対応できる
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

美術翻訳には歴史の知識も!翻訳会社なら専門分野も幅広く対応できる

翻訳は様々な分野を担当することもありますが、美術分野は特に難解なものが多いのが特徴です。専門的な用語も多く、その分野に長けている人物でなければ翻訳作業も困難を極めます。

また、古代から現代まで続く文化であり、近年までに多くのジャンルに枝分かれしていることも特徴的な分野となります。そのため、一口に翻訳といってもジャンル別に特色が異なるので、専門的に扱う翻訳会社に適切に依頼することが重要となるのです。

美術分野で翻訳依頼する場合はどのようなことに注意するのが良いのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

専門知識と歴史的な知識が必要な美術翻訳

専門色が強い芸術的分野は、その分野を学んだことのある人物でなければなかなか翻訳を担当できないことが難点です。実際に経験しないと専門用語などを把握することは難しく、その分野に強い人材が必要不可欠です。

しかし、長い歴史のある分野であるからこそ、作家や芸術に関わった人物、専門用語などの数は数えきれない程あります。芸術に欠かせない色の名前や情報も膨大にありますが、芸術関連の翻訳を行なう際には必ず必要となるため、翻訳者には豊富な知識と経験が求められます。色の名前も日本と外国では異なる名前が付いているため、どの色を指しているのか判断ができなければなりません。

また、絵画は昔から人々のコミュニケーションや情報共有、文化として溶け込んでおり、歴史的にも価値のあるものが現代でも数多く残っています。多くの展示物を飾る美術館や展示施設もただの建造物ではなく、その時代の歴史を持った芸術作品として扱われています。

芸術を紐解いていくと必ず辿り着くのが、人々が築いてきた歴史です。人と密接に関わってきた分、芸術関連の文章を的確に翻訳するには、歴史的観点から言語を置き換えなければならない場面も必ず出てきます。

ただ言葉を置き換えるだけでなく、専門的な言葉と歴史的な言葉を扱って翻訳することが求められる特殊な分野となるのです。

美術の中でもさらに分野が分かれる

美術とはアートとも呼ばれ、造形芸術の総称となります。太古から存在している分野ですが、今現在でも新たな分野が生まれていることもこの分野の特徴です。絵画や彫刻、工芸から建築、写真までが芸術という分野に位置付けされていますが、時代やデジタル技術の進化と共に大きく変化しています。

芸術分野が得意な人物がいても、とある分野のみが得意であり、芸術全般が得意という人は滅多にいません。先生と呼ばれる人でも、ある分野に関しては全く知識がないことも珍しくないですが、これらは芸術分野の多様性故です。

絵画の中でも、洋画や日本画と分かれているように、細かく分ければ水彩画、油画、点描画など多くの種類が存在しています。メジャーではない画材を使う手法や、特殊な方法で描く作品も多くあります。

彫刻や版画、陶芸や切り絵などもすべて芸術として分類され、その中でも同様に細分化されています。さらに現代で新しく生まれたコミックイラストやアニメーションも含めると分野だけでも膨大な数になります。これらすべての分野を網羅して翻訳できる人材はほとんどいないといって良いでしょう。

画材や手法も分野の数だけ多くなり、技術の進化によってさらにその幅は広がりつつあります。デジタル技術の進歩によって新たな表現が生み出され、ネットを通じてそれらが一般化していることも特徴です。

昔の手法や表現はなくなることはなく、そこに新しい分野を追加していくため、翻訳者も多くの知識を身に付ける必要があります。

美術の翻訳依頼する際に確認すること

美術の翻訳を依頼する際に注意することは、依頼する文章がどの分野に該当するのか把握することです。

分野がさらに細分化されているため、その道に特化したプロに依頼しなければ、適切な翻訳は難しくなります。そのため、依頼する内容と翻訳会社が得意とするジャンルが合致しているか判断しなければなりません。

芸術の翻訳を行なっている会社でも、すべての分野を得意としているわけではありません。細分化されたジャンルまで把握して、より得意とする翻訳者に担当してもらうようにしましょう。依頼する翻訳内容の分野を担当できる翻訳会社を見つけることが重要です。

さらに、依頼する際に確認すべきことは、その翻訳会社の作業環境です。芸術関連の翻訳では、画像を見ながら翻訳を行なうこともあり、画像データのやり取りも頻繁に行なうことになります。そのため、大きな容量のデータでも受け取れる環境であるか確認しておく必要があります。様々なソフトを持ち、多種多様なデータでやり取りできる会社であることが芸術部門の翻訳では重要となります。

その分野を長い年数に渡り翻訳を担当しているという実績があるか、その確認も必要です。専門的な分野は多くの知識を持っていなければなりませんが、それ以上に翻訳への信頼性も重要です。翻訳のニュアンスの違いで芸術や作品自体の品質が損なわれるような事態は避けなければなりません。そのため、翻訳の実力だけではなく、分野への理解がある会社を選ぶことが大切なのです。

近代アートの翻訳も高いスキルが必要

多くの歴史を辿ってきた美術という分野は、時代の変化に呼応するように形を変えてきています。昔からある表現方法や画法などはそのままに、新たなジャンルが増え始めているのもこの分野の特徴です。翻訳を行なう際にも、それに合わせて知識を増やしておかなければなりません。

デザインやイラスト、アニメーション、グラフィック、3Dモデリングなども美術として認められつつある現代では、こうした分野の知識を持って翻訳を行なう場面も増えてきます。

現代の状況と過去の芸術と照らし合わせるような翻訳を行なう際にも、歴史的な部分だけではなくトレンドを追って、把握しておかなければなりません。

芸術部門の翻訳者には最新の情報の取得までも求められ、高いスキルが必要となってきます。これから世に出る芸術作品や作家の詳細をすぐに把握できる会社に依頼することが望ましいです。

また、時代が変化し、マーケティングの在り方も変わっています。歴史的な美術館であっても、宣伝にはWebサイトやSNSを活用しなければなりません。翻訳を依頼する際にはこういった情報発信もまとめて行なってもらえる会社を選ぶようにしましょう。

まとめ

美術という部門は時代によっても変化しています。翻訳もその変化に対応できることが望ましく、翻訳会社選びも慎重に行なわなければなりません。

依頼する会社が幅広い分野に特化していることも重要ですが、翻訳する内容と分野が合っていることが最も大切です。その分野のプロが在籍しているか確認し、適切な翻訳を行なってもらいましょう。

その分野の知識だけではなく、その時の時代背景や現代のアートも把握した翻訳を行なえることが望ましく、インターネットのサイトやSNSを利用した宣伝作業も適切に行なえる翻訳会社を見つけることが大切です。

実績があり、美術への理解が深い翻訳会社を選び、適切な翻訳を行なってもらいましょう。