> フリーランスでも翻訳会社の仕事をすることは可能なのか?
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

フリーランスでも翻訳会社の仕事をすることは可能なのか?

どこでもネットの繋がる今の時代、フリーランスで働いている人も多くなりました。時間や場所に縛られずに、自由に仕事ができるスタイルはとても魅力的です。

語学に自信のある人は文章関係の仕事を独自に行なっていることもあり、近年の海外との距離の近さから翻訳の仕事を始めようと考える人も多くなりました。

しかし、外国の言葉と日本語を繋ぐ翻訳という大事な仕事は、フリーランスで務まるのでしょうか?翻訳会社に勤めなくてもできる翻訳の仕事について見ていきましょう。

翻訳業務を担うのに必要なスキル

文章の制作や、様々な国の語学を学ぶことが好きな人は、それを活かして翻訳家を目指そうと考える人も多いです。翻訳という仕事は言葉で海外と日本を繋ぐ重要なものなので、在宅ワークでも年収が良く、それも相まって人気も高いことが特徴です。ただ、翻訳業務には高いスキルが必要不可欠になり、外国語が好きというだけで務まるほど甘くはありません。

翻訳と一口に言っても様々な分野があります。ファッション系や美術系、ITや経済など様々な分野で翻訳という仕事は求められています。海外へのマーケティングも盛んに行われるようになった時代では、外国へのアプローチとして取り入れられています。

人材も多ければ多いほど良いと、企業も未経験者の求人を出していることはありますが、基本的に翻訳の経験を積んでいる人と契約を行ないます。

未経験者の場合でも特定の分野の専門的な知識を持っている人材を優先させる傾向にあるため、得意な分野を決めておく必要があります。フリーランスはネットで申し込むのが基本なのでどのような人が翻訳を担当するか分かりません。そのため、自分はこの分野に特化した人材であると明確に提示しなければなりません。

また、翻訳作業はただ外国語と日本語を変換すれば良いというわけではありません。専門的な分野を説明するにも、様々な視点や観点で言葉を紡げることが求められるのです。そのため、その得意分野の知識だけではなく、探求心や好奇心を持ち、様々な情報を得ていることも翻訳業務を担うのに重要なスキルと言えるでしょう。

最新のトレンド情報などが得られる環境作りもフリーで活動するには大きく関わってくる要素になります。翻訳は意外にも流行りの言葉なども活用することが多いため、流行の情報を取得できることも重要なスキルと言えるでしょう。

フリーランス翻訳の需要

インターネットを通じて海外の人とのやり取りを行なうのは、そう珍しいことではなくなってきました。そのため、情報の発信やマーケティングには翻訳が必要不可欠となってきました。

企業も自社では翻訳作業を賄えないため、外注するしかないのですが、できるだけコストを下げたいと考えています。そこでフリーランスで翻訳作業を行なっている人に依頼することで、経費を削減しようという狙いもあるのです。こうした理由からフリーで活動している人の需要も年々高くなっていますが、その分活動し始める人も多くなりました。

元々その企業に就職していた人が、退職後にフリーで翻訳を始め、そこに依頼を行なっているという話もよくあります。企業としても、信頼性の薄い人物に依頼するより、見知った人物に依頼することが多いのも現状です。活動している人も多い中では、フリーでの活動にも色を付けなければ、依頼を継続的に貰うことは不可能となります。

また、企業の中にはそもそもフリーランスとは取引を行なわないとするところも少なくありません。個人のフリーランスは信頼性が薄いというイメージは、働く人が増えてもまだ根強いため、需要と供給のバランスが釣り合わないことがあります。

ただ、翻訳の仕事の需要が高いことは事実であるため、フリーでも仕事を貰えるように努めることが重要です。

フリーランスで上手く仕事を得るためには

フリーの翻訳家として働くにしても、翻訳会社や企業から仕事を貰わなければ安定した収入は得られません。個人の人から依頼されることもありますが、継続した契約はほとんどないのが現状です。

フリーランスでも継続して安定した収入を得るためには、様々な仕事サイトに登録しておくことがオススメです。どこでもできるフリーの仕事だからこそインターネット上でどこでも仕事が探せるサイトを活用するのが良いでしょう。

フリーの仕事で企業や翻訳会社からの信頼を得るためには経験が必要不可欠になります。未経験の状態では良い仕事を受けることはできないため、小さな仕事から積み重ねていくことが重要になってきます。こういったサイトは仕事の出来で評価を付けるシステムになっているため、評価が高くなればなるほど、様々な案件を受けられるようになります。

ただし、企業や翻訳会社が直に提供している案件よりもサイトを経由した案件は安価である場合が多いです。サイトの仲介料なども差し引かれるため、報酬額としては少なく感じるかもしれません。しかし、経験を数多く積むにはメリットが多いため、フリーで活動していく際には上手く活用していきましょう。

また、十分に経験を積むことができたら、翻訳会社が実施しているトライアルに挑戦していきましょう。報酬の高い仕事を上手く得るためにはまずスキルがあることを会社側に示すことが重要になります。

トライアルは会社から課題が送られてくるので、その課題をこなし、合格することでその翻訳会社と契約することができます。契約ができれば継続して仕事が貰えるので、自分に合った分野の翻訳トライアルであれば積極的に受けていきましょう。

翻訳会社はクライアントとの間に入ってやり取りを行なってくれるので、直接的な営業を行なわなくても仕事を貰えるのが最大のメリットです。ただし、トライアルに合格しても、しばらくは必ず仕事が貰える状況とはならないことがほとんどです。トライアルも基本的に一度しか受けられないので、複数の会社のトライアルに挑戦し、契約を行なっておくことが良いでしょう。

また、仕事を得る方法にはクライアントと直接取引する方法もありますが、フリーではなかなか仕事を得るのは厳しいのが現状です。ただ仲介料などが引かれないため、高収入が望めるのが利点です。

近年ではSNSの普及率が高いため、Webサイトを持たなくても翻訳家としての宣伝を行なうことが可能です。企業だけでなく、個人からも依頼が来るので自身でしっかり営業していくことになります。

まとめ

フリーランスで翻訳の仕事を受けるためには、主に3つの方法があります。直接取引、サイト経由、翻訳会社とトライアルによる契約の3つあり、これらの方法にはそれぞれメリットもデメリットもあります。それぞれの方法を見比べて、自分に合った方法で仕事を獲得していきましょう。

どの方法で仕事を得ても、スキルは重要であり、特に専門分野で発揮できるスキルを持って積極的にアピールしていきましょう。いつでもどこでも仕事ができるフリーランスだからこそ、積極的に仕事を取っていく姿勢が大切なのです。翻訳の仕事の需要度も考えると他の人に仕事を取られる可能性も多いのでしっかりスキルを磨いていきましょう。