> 翻訳会社の応募条件は?未経験からプロになるためには
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社の応募条件は?未経験からプロになるためには

海外との関係が密接になってきた近年では、翻訳という仕事の需要が増加傾向にあります。それに伴い、翻訳の仕事をしてみたいと考える人が多くなり、翻訳会社に勤めず、在宅でも始める人も多いです。

しかし、在宅でも安定した収入を得るためにはプロの翻訳者として認められる必要があります。未経験の状態から、プロの翻訳家になるためにはどのような方法があるのでしょうか?

翻訳の仕事とプロになるための勉強法についてご紹介していきます。

翻訳は未経験でもできるのか?

インターネットが一般化した現代では、海外との距離がさらに近くなりました。SNSの普及もあり、海外の人とコミュニケーションを行なう人も多くなり、翻訳の仕事も需要が高まっている傾向にあります。

在宅ワークなども展開されている翻訳の仕事は、主婦の人でも始められ、外国語のスキル向上にも役立ちます。しかし、会社の応募条件に「未経験可」の文字はそもそも少なく、翻訳の仕事を始めてみようと思う人には悩みの種となります。

翻訳会社が提示している応募条件に、「実務経験必須」との記載がなければ未経験者でも応募することが可能です。しかし、経験がなくても可能な案件は簡単なものが多く、報酬も少ないものばかりです。

より安定した収入が得られる高額な案件を任せてもらえるようになるにはトライアルという試験に合格して、翻訳会社や企業と契約を行なって経験を積んでいくしかありません。

しかし、このトライアルという試験も実務経験が数年あるというのが条件となっていることがほとんどであり、経験のない人が翻訳の仕事を始めるのは意外にハードルが高いものとなっているのが現状です。

未経験者が経験を積むには?

トライアルに合格し、経験を積まなければならないのに、そのトライアル自体が未経験者不可となっていたらどうすれば良いのでしょうか?不可と書かれていなくても、実務経験何年以上と記載されていれば、今から翻訳の仕事を始めようと思う人は戸惑ってしまいます。最初から経験のある人はいませんが、経験がなければトライアルさえ受けられず仕事にできないとあっては八方塞がりです。

しかし、経験のない人が翻訳の経験を積む方法はいくつかあります。それは地道な作業となりますが、経験を積むためにはとても重要な作業となるためしっかり把握しておきましょう。

まず一つ目の方法は、申し込み条件に実務経験を記載していないトライアルを探して応募する方法です。経験がない状態で始めるには実務経験など関係なくできる仕事から地道に経験を積んでいく必要があります。

翻訳会社によってはトライアルの応募条件を特に記載していない場合があります。これは人手不足で未経験者でも契約したい、下手でも料金が安い人に簡単な依頼を回したいといった理由があるためです。もしくは、新しい翻訳者を未経験から育てようと考えている余裕のある会社である場合もあります。

実務経験がない人が経験を積むには、こういった条件の会社を探し、積極的に応募していくことが重要になります。

また、在宅ワークなどの仕事探しサイトに登録して翻訳の仕事を徐々に経験する方法もあります。仕事を探している人と、仕事を受けてくれる人を探している企業をマッチングしてくれるサービスは、インターネットが普及した今の時代では仕事探しの方法として主流となってきました。

こういったサイトでは、翻訳会社ではなく企業が翻訳者を募っている場合が多く、厳しいトライアルの試験もなく仕事を任せてもらえる場合もあります。経験がなくても仕事ができるため、経験を積んでいくには最適と言えるでしょう。

しかし、こういったサイトでは仕事の後に評価を付けるシステムとなっていることが多く、仕事をきっちり行わないと悪い評価を付けられ、仕事が回ってこなくなる場合もあるので注意しましょう。

トライアルに応募した後の流れ

仕事登録サイトで仕事を受けた際には簡単なテストだけで済みますが、翻訳会社が行なうトライアルは未経験者を募っていても厳しいものである可能性があります。

翻訳会社によってもトライアルの内容は異なりますが、翻訳を担う会社が実施しているため、どれも甘いものではありません。経験のない人を募集していても、しっかりルールを守り、節度のある人間でなければ仕事は任せてもらえません。

トライアルはWebサイトから申し込み、作業はすべてインターネットを通じて行われるため、メールのやり取りなど基本的なことをきっちり行なった上で、トライアルに挑戦することが重要です。

申し込みを行なった後、書類による一次審査が実施されます。申し込みの際に記入した仕事の経歴、現在の状況、応募理由などから審査を行なっていきます。

その書類審査に通れば、トライアルの課題が送られてきます。自宅でその課題を行なって会社に送り返し、その出来栄えで契約を結ぶかが判断されます。

しかし、いくら未経験者を募集しているトライアルでも経験のない人がいきなり挑戦して合格できるのでしょうか?

実質、トライアルに挑戦した経験のない人たちは不合格通知ばかりで心が折れているという話も多いと聞きます。トライアルを突破する良い方法はあるのでしょうか?

トライアルは翻訳会社によって内容も異なり、さらに一度しか受けられないという厳しいものであるため、対策と呼べるものがありません。ただ、未経験者を募っている場合は基本的な部分を徹底しておけば比較的受かり易くなるので、その点に注意しておきましょう。

まず、文脈に合った訳語を選び、訳語を統一することを徹底しましょう。数字や英字を全角か半角のどちらかで統一し、漢字とカタカナの使い分けも統一するようにしましょう。適切な言葉選びと言葉の統一性はとても重要で、使い分けがバラバラであると文章への姿勢に問題があると判断されます。こういった部分も審査されるため、翻訳が下手でも統一性を重視して制作しましょう。

次に大切なのは文法や原文を尊重することです。原文にないことを追加したり、無理やり訳したりする行為は、元の文章を蔑ろにしていることになります。経験がなくても、元の文章を大切にする気持ちをしっかり持って課題に取り組みましょう。

また、自然な文章で訳しているかも重要です。訳した日本語が自然な流れで読めるか、しっかり確認しておきましょう。

これらの注意点を徹底して、トライアルの課題に挑戦していきましょう。

まとめ

翻訳の仕事を行なう際は簡単な仕事から徐々に経験を積んでいくことが重要です。未経験でもできる翻訳の仕事は少ないですが、探せば必ずあるため、見つけたら積極的に応募していきましょう。

翻訳会社が実施するトライアルは未経験者を募っていても厳しい審査があるので、基本的なルールをしっかり守って臨みましょう。翻訳する原文を大事にしながら翻訳を行なって、統一性を重視しておけば受かる可能性も高くなります。

トライアルに合格できれば定期的に仕事をもらえるので、そこで多くの経験をすることが大切です。その経験が積み重なることで、今後のプロの翻訳家としての活動へと繋がっていくのです。