> マーケティングにメリットあり!ローカライズが可能な翻訳会社の重要性
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

マーケティングにメリットあり!ローカライズが可能な翻訳会社の重要性

グローバル化が進んだ世界でも、言葉の壁はまだまだ厚く海外でマーケティングを成功させるためには翻訳が必要不可欠です。ただ翻訳するだけでなく、ローカライズと呼ばれる現地にあった表現で伝えることが成功の鍵となります。

しかし、翻訳と同じ意味で捉えている人も多くおり、その重要性への理解が乏しいのが現状です。マーケティングにメリットもあるとされる現地に合ったローカライズの意味と重要性についてしっかり把握していきましょう。

 

ローカライズとは現地の言葉で伝えること

海外でのビジネスは言葉が通じることで初めて成り立つため、グローバル化した現代では翻訳はマーケティングに大きなメリットを与えてくれる存在となります。

似た意味で捉えられるローカライズも翻訳と同様言葉を別の言語にすることは変わりません。しかし、翻訳はただ別の言語に変えることも指しますが、ローカライズとは翻訳を含めた広い意味を持ちます。現地の文化を学んで適切に伝え対応することを意味しており、その重要性が異なります。

海外から日本へと製品が入ってきた時に、別の国では言葉のニュアンスが異なったり、適切に変換できる言葉がなかったりするケースがあります。似たような言葉はあるのに完全に合致する言葉が存在しない場合、翻訳作業は困難を極めます。海外へ発信を行なう際にも同様で、表現が適切にその国の人たちに伝わるように翻訳しなければなりません。その際に、現地の言葉で適切に言い換えるこの作業には経験とスキルが重要となり、国内のみで行なうことは難しい場合がほとんどです。

適切に翻訳できる経験やスキルは実際に文化や歴史に触れ、その国独特の表現から学んでいく必要があります。ネイティブな言葉を学ぶことだけでなく、現地でその国の文化や歴史も知らなければ現地に住む人が納得できる翻訳は不可能になります。

翻訳ができていたとしても、現地の人から見れば、疑問に思うような表現や文章では企業として信頼は得られません。納得できる翻訳が行なわれなければ、マーケティングを成功へと導くことは難しくなってしまいます。翻訳するだけではなく、その国自体に真摯に向き合い信頼を得ることも目的としているのです。

翻訳は手段であって目的ではないことも理解しておきましょう。重要なのは現地の人に展開するコンテンツが誤解のないように適切に伝わることが本来の目的だということです。

 

現代マーケティングに必要不可欠なローカライズ

海外から日本に製品が入ってきた時、翻訳を行なうにはひらがな、カタカナ、漢字の3つの言語に置き換えなければなりません。海外に日本製品を売り出す際にも同様に、異なる言語をその土地の適切な言語に翻訳する作業が必要不可欠になります。

また、ローカライズはただ翻訳するだけでなく、その国に合ったシステムや機能、要素を付け加えることも指します。特にデジタル製品では、言葉の入力システムも構築しなければなりません。日本語のように3つの文字があれば、入力システムもそれに合わせたものが必要になります。ひらがなから漢字への変換機能など、日本独自のシステムを構築してから、世の中に出回っていきます。

こういったシステムの構築も作業に組み込まれており、ただ翻訳するだけの仕事はほとんどありません。必ず翻訳とシステム構築をセットとして作業しなければなりません。海外でマーケティングを行なうには製品へのこの作業が重要となってくるため、翻訳と共にITのスキルも必要となってきます。

近年ではスマートフォンの普及も相まって、この作業の需要はさらに増加傾向にあります。日本のアプリやゲームは海外でも人気であり、その際にも必ずその国の言語に合わせた翻訳が行われています。文字のフォントデザインなど、その国の言語に合う字体を選ぶなどの作業も行なう場合もあり、デザインに関わることもあるのがローカライズの特徴です。

その国の人たちに受け入れてもらえるかどうか、翻訳を通しながら考えていくことになります。特定のものに特化しているだけでは適切な翻訳は行なえないため、その国への理解を深めていくことが重要となります。インターネット環境で海外と繋がる今の時代、適切にその国の事情を把握していけば、自ずとマーケティングを成功に導くことができるのです。

 

ローカライズする時の考えるべき注意点

マーケティングにメリットを与えるローカライズですが、翻訳会社に依頼する際には注意するべきことがいくつかあります。

まずはじめにローカライズできる翻訳会社を探すことです。翻訳会社は数多くあり、フリーランスなどの個人事業で展開していることも増えました。しかし、こういったローカライズの作業は経験と高いスキルが必要なため、すぐには求めているような会社は見つからない場合も多いです。

デジタルマーケティングにはシステム構築は避けては通れないため、翻訳だけでなくITにも強い翻訳会社を見つけましょう。

また、それ以外にもその土地の知識を豊富に持ち合わせている人材が社員としているのか確認を行なうことも大切です。その国で流行っているものや話題になっているものを表現に組み込んで翻訳ができるような人材を探しましょう。

作業を行なう場合は日本国内ではなく、その現地に社員がいるかその国出身者の翻訳家がいる翻訳会社を選ぶことも重要です。実際に住んでいなければ把握できないことも多く、その国で翻訳できる環境にあることはマーケティングに大きく影響します。また、どの国の言語で翻訳を行なったことがあるか実績なども確認しておきましょう。

マーケティングを成功させるには発信するコンテンツがその国に合っているかも判断しなければなりません。流行っている、人気のあるコンテンツでも狙うターゲット層に合った表現を行なわなければ、ローカライズとは言えません。幅広い層に対応した翻訳ができる翻訳家に依頼できるように努めることも大切です。

国や現地のターゲットによってはコンテンツ自体を大幅に変えなければならない場合があります。コンテンツが現地に合っていないと翻訳家が判断した場合、その意見にしっかり耳を傾けるように注意しておきましょう。

また、翻訳者には語学能力と共に、マーケティングへの理解があることが望ましいです。トレンドを取捨選択できるような柔軟性も持ち合わせていることを確認して依頼していきましょう。

まとめ

製品がその国に対応できるように翻訳していくことは、ただ言葉を置き換えるだけでは成り立ちません。その国の事情を学び、理解を深めていくことが適切な翻訳に繋がっていきます。

また、その国に対応したコンテンツの発信には、コンテンツに手を加える場合もあります。そのため、翻訳会社や翻訳者には、システム構築やソフトウェアの理解も必要となり、依頼する際はその見極めも重要となります。

海外へのマーケティングを成功させるためには、多くの知識や経験を必要とし、翻訳者だけでなく依頼者の理解も成功に繋がっていきます。スマートフォンが世界的に普及している今だからこそ、現地に対応できる翻訳に力を入れることが求められます。