> 翻訳会社の在宅ワーク!押さえておきたい応募条件
中国語の翻訳会社に関するお役立ちコラム

翻訳会社の在宅ワーク!押さえておきたい応募条件

翻訳会社の在宅ワークの希望者が増加している背景には、専業だけでなく副業として働きたいと考える方が増えている点が考えられます。また、クラウドソーシングサービスの充実によって、翻訳に関する仕事がより身近になりつつあるのも一因としてあるでしょう。では在宅ワークで採用されるために必要な能力とは具体的にどういったものが挙げられるのでしょうか。実際にある応募条件をふまえて、解説していきます。

語学力とその他の能力

当然必要なのは語学力です。もし中国語の翻訳者としての実績がないのであれば、中国語検定・TECC・BCT・HSKといった語学系の資格を取得してアピールできようにしておきましょう。実績が重視されるため、様々な翻訳会社のトライアルに応募して経験を積むのも大切です。たとえそれが希望する分野の翻訳でなくとも、実績を得るためと思えば無駄ではありません。

また語学力以外には、専門分野を身に付けておくのが良いでしょう。一定の分野に特化した翻訳者の方が、安定して仕事を続けられます。これは在宅ワークでも然りで、専門性の高さをアピールすることで、他の翻訳家たちとの差別化しておくと採用の決め手となることもありますよ。

在宅ならではの条件

在宅だからこそ、基本的な条件が求められます。納期を厳守できること、目的や意図を汲み取リサーチしたうえで翻訳に取り組めることなどが必須条件と言えるでしょう。そのため、基本的なビジネスマナーは押さえておきましょう。会社の担当者と基本的に対面することがないからこそ、メールの文面に気を使ったり、早めに返信したりといった配慮は欠かせません。期日を守る、質を落とさずなるべく早く仕事を仕上げるといったことまでできれば、次の仕事へとつながりやすくなるでしょう。

対面する機会がない、もしくは少ないからこそ信頼を得るのが難しいので、日頃の些細なやり取りや仕事への取り組み方がその先の仕事につながっておくと心得ておきましょう。

優遇される条件

優遇される条件と言えば、やはり経験や実績です。翻訳会社のトライアルに積極的に応募してみたり、クラウドソーシングで単発の仕事をたくさん経験してみたりと、未経験者でもできることはあるはずです。すでに経験がある方ならば、これから専門としていきたい分野での翻訳に絞って応募するなど、現状に応じて少しずつ経験を重ねていきましょう。

さらに優遇される条件としては、専門性です。たとえば医学・薬学、化学・工学、IT、マーケティングなど、専門分野を持ち合わせている方が安定した仕事に直結しやすくなります。まだ実績や経験が浅い方の場合でも、こういった強みがあればトライアルで採用されやすかったりします。語学力を磨くことは必須ですが、併せて自分の専門性についても考えておきましょう。

まとめ

在宅で中国語の翻訳家になるには、中国語・日本語の語学力だけでなく、その経験や実績が重要です。ネット環境さえあれば仕事はいくらでで探せる時代です。少しぐらい応募条件から外れていても、思い切って応募してみると良いですよ!あなたなりの強みを構築しておけば、条件を満たしていない部分もカバーできることがあります。語学系の資格、留学経験、専門知識など、現状に応じて伸ばせるスキルをしっかり磨いておきましょう。特に在宅ワークは競争率が高いこともあるので、数回不採用になっただけで諦めず、スキルアップしながら積極的に応募していきましょう。