> b-cause
中国語の翻訳会社ランキング

b-cause

5
b-cause
| b-cause 5点満点中 2.5

POINT

・圧倒的な翻訳可能の言語数
・母語話者による適切な翻訳
・幅広いジャンルについても翻訳可能
・文章のレイアウトも最適なものに
・完成品データは様々な形態で対応可能

 

圧倒的な約160言語対応可能!

翻訳会社の中でも断トツの160言語の対応が可能である点がビーコスの大きな特徴です。ヨーロッパでは、イタリア語やフランス語、スペイン語などの主要な言語をすべてカバーしていますし、アジアでは中国語や韓国語、タイ語なども対応可能となっています。

ここで注目したいのが、中国語の翻訳についてです。中国語は中国国内であっても、複数の表記と方言があることで知られています。まずは、繁体字と簡体字という表記があります。繁体字は主に台湾などで用いられており、簡体字は中国本土で用いられることが多い表記です。b-causeではこれらに完全に対応して翻訳を行ってくれます。

中国語の方言は様々あり、多くの翻訳会社では北京語や上海語には対応できていますが、他の方言は要検討という会社が多いです。そんな中で、b-causeは貴州語、湖南語、広東語、四川語、上海語、台湾語、福建語、北京語といった中国で用いられている方言をほぼすべてカバーできていることが魅力の1つといえるでしょう。

さらに、この中国語を翻訳する際には、ネイティブ話者が担当し、専門のコーディネーターがチェックをすることで、さらに精度の高い翻訳を可能にしています。もっと確認をしてほしいという場合は、別料金でさらに第三者のネイティブが確認をしてくれます。

 

ジャンルも幅広く、専門の者が担当

b-causeは幅広いジャンルの翻訳を請け負っています。例えば、ビジネスでの文書や機械などのマニュアル、説明書やカタログ、会社の案内などです。これらは、昨今海外での需要が高く、様々な言語で翻訳されています。特に、中国での発展や会社の進出では、契約を結ぶ場合があります。b-causeは契約書の翻訳も請け負っており、専門の翻訳者が担当してくれます。

また、学術分野でも翻訳は必須です。日本よりも海外の方が技術や研究が進んでいる分野では、研究者は積極的に海外の論文を取り入れなければなりません。そこで、b-causeでは専門的な内容でも翻訳をしてくれます。

b-causeは実績が確かな点も安心して依頼できるポイントの1つです。公式ホームページには、b-causeが取り扱った翻訳が随時更新されており、有名な企業や官公庁からの依頼が掲載されています。研究分野でも、どの大学からどんな論文を依頼されたのかが記載されていますので、参考にしてみてください。

 

精度の高い翻訳はネイティブのチェックが必須

翻訳をする上で、1番気になるポイントがクオリティの高さではないでしょうか。重要なビジネスの文書や、契約書、専門的な語彙が必須となる論文などを翻訳しても、意味が通らなければ問題になってしまいます。

そこで、b-causeでは原則ネイティブが言語の翻訳をすることになっています。外国語訳は、その外国語が母語であり、精通した人物が担当します。言語を翻訳する際には、言葉の意味だけではなく、文化的な背景を知っていなければ意味を取り違えてしまうこともあります。そこで、ネイティブである翻訳者が担当することで、文化的にも配慮された文章が作成され、コーディネーターによるチェックが入ることでさらに高品質へと押し上げています。

b-causeは登録型の翻訳サイトであり、約160国の50000人が登録をしています。幅広い言語数とジャンルをカバーしながら、良質な翻訳者を選定することで、クオリティの維持に努めています。また、複数の専門的な知識を持つ翻訳者も登録されているので、論文や契約書の作成を充実したものにできているのです。

 

完成品データは様々な中から選べる

翻訳をした後、それをどのように使うかによってデータを上手く変更しなければなりません。自分で翻訳データを変更することは難しく、手間のかかる行為ですが、b-causeはたくさんのチェックサービスを設け、ニーズに合った翻訳をしてくれます。

例えば、ビジネスにおいて企業の広告や文書を翻訳する際には、決まったレイアウトなどが設定されていることが多いです。b-causeはそれまでの前例に合わせたレイアウトのまま、翻訳を可能にしてくれます。また、言語に対応した表作成や画像作成、その挿入など、レイアウトをネイティブによる言語の文化的背景に合わせて行ってくれます。

また、多言語DTP制作も請け負っています。DTPとは、デスクトップパブリッシングのことで、冊子体の文章で文字を割り付けする作業のことを指します。様々なフォントを使い分けることで、効果的な文章を作成することができます。b-causeはこれらも請け負っていますので、ニーズに合わせたものを作成してくれることも魅力の1つです。

 

まとめ

b-causeは他の追随を許さない対応言語数の多さと、ジャンルの幅広さで実績を培っています。やはりなんといっても、160言語を超える言語に対応している翻訳会社は他に有りません。その中でも、中国語は国内の方言をほぼすべて網羅しており、どんなニーズにもこたえられる体制が出来上がっています。

作成された翻訳文書も、ニーズに合わせたファイル形式で送付してくれます。企業等であれば、既定のレイアウトへの対応や、効果的な多言語DTP制作も請け負うことで、色々な場面での翻訳利用をすることができます。