> ジェスコーポレーション
中国語の翻訳会社ランキング

ジェスコーポレーション

5
ジェスコーポレーション
| ジェスコーポレーション 5点満点中 2.5

POINT

・満足と安心を与える会社
・一目でわかる料金体系
・法律に強い翻訳スタッフが多数在籍
・ビジネス用語もおまかせ!
・各種証明書の発行
・可能な限りミスを排除する体制

 

明朗会計でトラブル0

翻訳を依頼するときに見積書を参考にする人は多いですが、この見積書の書き方で後々トラブルになるということは少なくありません。それは、見積書に記載されている単位が、1枚いくらとなっている場合、この1枚が何を指すのかが曖昧で後々トラブルになるケースです。

1枚の数え方が依頼者と翻訳会社で異なるため、依頼者が予想していた金額よりも高くなってしまいます。ジェスコーポレーションでは、このような曖昧な記載はせずに、原文の1文字の料金で設定しています。

文字数カウントで料金を設定する方法は2通りあり、原稿の翻訳前の文字数でカウントする場合と、翻訳語の文字数でカウントされる場合です。英語訳など日本語よりも短くなる場合は、その方が安くなる場合もありますが、この場合だと翻訳者によってばらつきがでます。そのため事前に予算を知りたい場合には適した方法とはいえません。

ジェスコーポレーションでは、要望がない限り、原稿の文字数でカウントしています。この方法だと仕上がりに関係なく料金はいつも同じです。

 

法律関係ならばおまかせ

ジェスコーポレーションでは、契約書をはじめ訴訟や裁判に関する文書の翻訳に対応するスタッフが在籍しています。中国語翻訳だけでなく、アジア各国、英語圏、ヨーロッパなど世界各国の翻訳の実績があります。

在籍している翻訳者は、元海外商社勤務者や留学経験者や、言語だけでなくその分野に特化した知識がある人が多数います。

製造委託契約書、秘密保持契約書、取引基本契約書、労働契約書などの各種契約書をはじめ、訴訟、陳述書、供述書、答弁書などの裁判に関係する文書なども対応可能です。

他にも買収監査資料や海外法規に関する書類、法人登記簿謄本や不動産登記簿謄本などの公文書に強いのが特徴です。

契約書や裁判に関する資料は、なるべく多くの人の目に触れない方がよいですが、1人の人間の手によるものだけでは、ミスを防ぐことはできません。数人の目に触れることは余儀なくされますが、翻訳スタッフ1人1人と秘密保持に関する契約書を結んでいるので、情報漏洩の心配はありません。

 

品質管理で心がけていること

翻訳者以外のダブルチェックは翻訳会社でどこも実施していることだと思いますが、ジェスコーポレーションでは、厳しいチェック基準を設けてそれに則ったチェックを行っています。特に数値や記号の間違い、用語統一、スタイルチェックを重点的に行っています。

単位を異訳してしまうと後々とんでもないトラブルに発展することになりかねません。時に翻訳は慎重を期さねばならない時があります。特に命に関わるようなことではミスは許されません。

すべての納品物の納期が守られており、進捗状況もプロジェクトマネージャーによって管理されています。それにより遅れがでている案件に関しては、納期が守られるように翻訳者を増やしたり、チェッカーにその分野に特化した人を選んだりと高品質で納品できるように試行されています。

また予算によって、工程を減らすこともできます。顧客の要望を反映させたフローチャートを作成し、各パートがミスのないように、無理なく仕事ができるようにしています。

 

専門スタッフの採用

ジェスコーポレーションが翻訳者の採用の際に心がけていることは、高レベルの言語能力と専門知識性の高さです。実際にその分野での経験がある人は特に重宝されます。

例えば契約書の翻訳の際、ただ契約書を翻訳するだけではなく、その国の法律を知っていれば、その契約書が違法でないことが分かります。万が一違法やその企業にとって不利になる契約書だったとしても、知識がなければそのまま訳して終わりですが、知識があれば、その企業にアドバイスすることができます。その企業が後々見舞われるであろうトラブルを事前に防ぐことができます。

書かれている言語をそのまま訳すだけでなく、その先を見据えた翻訳ができる翻訳者をジェスコーポレーションでは積極的に採用しています。

初めて依頼する企業がジェスコーポレーションにトライアルを希望することも可能です。トライアルを行い実際のレベルを見て判断して依頼するかを決めることも可能です。

 

まとめ

顧客の満足と安心をモットーにジェスコーポレーションでは、正確で納期を守った翻訳を心がけています。高品質での翻訳サービスを提供するために、高いスキルを持った翻訳者を採用しています。

言語能力の高さだけでなく、実際に企業で活躍していた人や現地の法律に詳しい人が特に求められます。それは、法律関係の依頼や契約書などの翻訳の依頼が多いからなのです。

そして翻訳者1人1人のセキュリティーに関する意識の高さがジェスコーポレーションの誇りです。