> ミエトランスレーションサービスの特徴と評判
中国語の翻訳会社ランキング

ミエトランスレーションサービスの特徴と評判

8.3
ミエトランスレーションサービスのHP
| ミエトランスレーションサービスの特徴と評判 5点満点中 4.15

POINT

そもそも中国語には主に「簡体字」と「繁体字」があり、すごく簡単に言えば簡体字は新字体で、日本語の略字にあたるそうです。片や繁体字は旧字体で画数が多い伝統的な文字だと言います。簡体字は中国本土で使用される他にシンガポールやマレーシアで使用され、繁体字は台湾や中国の特別行政区である香港、マカオで使用されています。 ミエトランスレーションサービスは後者の繁体字専門の翻訳会社ですので、主に台湾を視野に置いたビジネス翻訳、インバウンド(訪日客)翻訳、契約書・法規翻訳、技術翻訳等に優れた会社です。また、日本の人気ドラマやゲーム等を台湾で配信する事にも一役買う、信頼と技術力のある会社でもあります。

繁体字に強い企業

日本語や英語を繁体字に翻訳する事はもちろん、簡体字を繁体字に翻訳する事も必要な場面があるでしょう。その違いは日本に於ける関東の標準語と関西の方言よりも大きいそうですので、翻訳する場合、文字を変換するに留まらず用語や表現(言い回し)等の全てを書き直さなければ詳細、且つ繊細には伝わらないそうです。

ミエトランスレーションサービスは台湾、香港、中国の「中国語」を使い分ける能力に長けていますので、中国簡体字や香港繁体字を翻訳する場合に於いても力を発揮できると言います。またトライアルサービスとして、1万字以上の翻訳や継続的な契約の場合、300字程度の無料テスト翻訳が用意されていますので、納品前にイメージを試す事が可能です。

 

個人向けの翻訳は依頼しにくい?

ビジネス翻訳にしても、その他インバウンド、契約書・法規、技術翻訳にしても法人向けの翻訳会社という感はあります。3つの選べる翻訳タイプの中で一番コストが低いカジュアルタイプに於いてはメール翻訳が謳われていますが、社内資料等と並立して例が挙げられて居る為、企業内でまとめて依頼するタイプのものの可能性は高そうです。ただ個人的であるとしても1万字以上の大量翻訳や継続的申し込みであれば、トライアルサービスも翻訳依頼発注もできると思いますので、そう云う案件を抱えておられる方は相談する事をお勧めしたいと思います。

尚、ミエトランスレーションサービスは日本円での支払いが可能ですので、とても使い勝手の良い翻訳会社だと言えるでしょう。

 

ミエトランスレーションサービスの総評

信頼の実績としてJTF日本翻訳連盟に加盟しており、また同時にTAAT台北市翻訳商業同業公会にも加盟しています。品質についてもネイティブスタッフ(台湾語・簡体字中国語・台湾繁体字中国語等)と日本人スタッフが合同チームで最終確認を行いますので、言葉の微妙なニュアンスなどを細かくチェックできる体制になっている様です。

特に台湾語は話し言葉ですので、ネイティブならではの理解が不可欠な要素となっています。前述しました通り支払いは日本円が使用できるので気軽ですし、また料金設定も3つのタイプから選択できます。直訳的ですが納品が早く低コストのカジュアルコースと、表現が自然で読みやすさに重点を置いたスタンダードコース、それに使用目的・地域の言語習慣に合わせて書き直した翻訳創作品とも言えるクオリティのプレミアムコースがあります。

対応するスタッフは全て日本語能力試験1級、TOEIC900点、資格専門分野の経験が5年以上と云うプロ集団ですので、安心と信頼の翻訳会社であると考えて良いと思います。

  • ホームページ作成の為に依頼しました。色々な翻訳会社を探したのですが、こちらは料金設定も大変分かりやすく、依頼しやすかったです。
  • 中国語(簡体字と繁体字)に特化しているので、仕事上中国語をよく利用する私にはとても便利な翻訳会社です。台湾に支社を出そうかと思っているので、今後も利用する予定です。
  • 中国語は繊細な言語だということですので、翻訳会社選びは慎重にと聞いていました。こちらの会社は事前に確認してくれるなど、信頼感が違うと感じられます。
  • 中国語の翻訳会社に依頼して、レポート作成をしています。翻訳内容を見て復習もできるため、中国語の勉強にもなります。レポート作成と語学の一石二鳥の学びができています。